アイコン 「ノンスリニットがたまらない!」 男のフェチ心をくすぐる冬の装い

2020.01.15

「ノンスリニットがたまらない!」 男のフェチ心をくすぐる冬の装い

先日、友人の僧侶と“結局脱がすのに、なぜ男は女の衣服にフェチ心を抱いてしまうのか”という話を、本当に冗談抜きで2時間ぐらいしてみました。

答えの見えない問題は、僧侶といっしょに考えることは大事ですからね。

結局このとき出た答えは「俺らがたとえここで間違いのない答えにたどり着いても、どうせ世間のコスプレ系AVは最終的に全裸にさせちゃうダメな作品も多いし、それらは決してなくならない」というものでした。

着衣に燃える男性はこんなに多いのに、行きつく先は普通の裸同士のセックス。
人というものは本来、どこまでも無個性な動物なのかもしれませんね……。

しかしながら過程は大事です。どんなに最終的には全裸になるとしても、そこに至るまでのフェチズムを無視するのもまた、人間らしくないわけなのです。

そろそろ本格的な冬の到来。デパートでは冬物衣料も出揃いつつありますが、そうなると男性の中には「ああいう冬のファッションってエロいよなぁ」みたいな目を、女性に向ける連中も現れる時期となります。

今回の趣旨はシンプルです。男性がエロいと考える冬のファッションについて、代表例を挙げてみたいというわけですね。

彼氏を冬ならではのファッションで誘惑したいという方には、ぜひ一読願いたいコラムになっています。
冬物衣料って、保温性がまず必要とされますよね。

ただし、男性にとっては、その保温性に隙がある衣服を着ている女性に燃えるみたいなところはあります。

たとえばニットのノンスリーブなんてのは、まさにそのものです。あったかくしたいのか、肩を冷やしたいのか、男性からすると判然としないけどもなんかエロい。

肩がむき出しになっていて、しかもニットが体のラインをくっきり浮かせているとなおエロい、と。

そういう魅力がノンスリニットにはあると理解しておくべきでしょう。

実際冬物のニット衣類って、それ専門のフェチAVというものが過去に何枚もリリースされていますので、おそらくそれなりの需要があるんだと思われます。

筆者の友人にも「巨乳の女の子にノンスリニットを着せて、それをつまみにお酒を飲むだけの1日がほしい」みたいなことを言う輩もおりますし……。

男性を服装で注目させて落としたいという場合は、この冬こそノンスリニットを身にまとうというのも、悪くないかもしれませんね。
ちょっと前に、ゾゾスーツって妙に流行りましたよね。

あれは体形を採寸してくれるボディスーツでしたが、筆者の周囲だけでしょうか。やけに「あれはエロい」という意見を耳にしたもんです。

男性というのは体のラインがくっきり分かるような衣服を着用した女性に、やっぱりどうしても欲情する部分があるのでしょう。

それで言うと冬場の定番にもなりつつあるヒートテック。あれも保温性の割には生地が薄く、体のラインがわりかしくっきり出る衣服ですよね。

で、やっぱりヒートテックを着用してる女性にグッとくる男性っているんです。

下手すると筆者もちょっとあれは「エロくないっすか?」って思っちゃいます。まあEDなので、だからってなにをどうすることもできんわけですが……。

この、案外エロいと男性が認識しているヒートテックの可能性を、是非とも頭の片隅に入れておいていただけると、もっと効果的に相手をベッドに誘うことが可能になるでしょう。

話は変わりますが、ヒートテックって本当にあったかいんですねえ。試しにこないだ冷え防止のために1つ買いましたが、着用した瞬間に体が熱くなって汗が出てしまい、そのせいで風邪をひいてしまいました。

基礎体温が高めの人にとっては、あれはダイエットスーツみたいな用法で使えたりするのかも。

あ、脱線してすみません。
とにかく冬のファッションで男性を欲情させたいのであれば、上記の2つを活用することで、なにかと捗るというわけです。

ノンスリニット、ヒートテック。どちらも入手には手間がかかるものでもありませんので、どちらも買い揃えておくのもいいのかもしれませんね。

他になんかこう、冬のファッションという括りで他に男性を欲情させるようなものがないかと考えてもみたのですが、イマイチ「これもだ!」ってのは思いつきませんでした。

ですのできっと、もう他にはないのでしょう!

この冬は、ノースリニットとヒートテックで彼氏の精液を枯渇させて枯れ井戸みたいにしちゃいましょう!(松本ミゾレ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事