アイコン もっと感じたい! クリトリスの感度アップの方法

2020.01.28

もっと感じたい! クリトリスの感度アップの方法


女性の代表的な性感帯、クリトリス。オナニーをするとき、前戯で彼に触ってもらうとき、セックスのとき、いついかなるシーンでも気持ちよくなるお手伝いをしてくれる、そんな魔法の性感帯です。

でも、中には「クリトリスの気持ちさがイマイチわからない……」という人や、「昔はすごく感じたけど、そういえば最近はそこまで気持ちよくない……」という人もいるでしょう。

そこで今回、クリトリスが感じない原因と、感度をアップする方法をご紹介します!

1. オナニーのし過ぎ

頻繁にオナニーをする人によく見られるのがコチラ。人間の身体って、最初は「すごい気持ちいい!」と感じた刺激でも、繰り返していくうちに慣れてしまい、物足りなくなってしまうんです。

オナニーをし過ぎることで、最初は「気持ちいい!」と感じていたのに次第に物足りなくなり、それでも「気持ちくなりたい!」とさらに刺激を強くしてしまい、その強い刺激に持慣れていき……というふうに、どんどん身体が慣れていき、感じなくなってしまうのです。

対策として、オナニーの頻度を減らしたり、あるいはGスポットやポルチオ性感帯など、クリトリス以外の場所でオナニーをするといいでしょう。

人によっては、Gスポットとポルチオ性感帯を刺激したとき、痛みを感じる人もいます。しかし、それはみんな同じですし、少しずつ気持ちくなっていくので、焦らずじっくり開発して行きましょう。

2. ストレス

ストレスによってホルモンバランスが乱れると、感度がグッと落ちることがあります。

中には、「ストレス解消のためにオナニーをしている」という人もいるでしょう。しかし、感度が落ちている状態のため普段と同じ刺激では物足りず、強い刺激で触ってしまうことも多いです。その結果、先ほどご紹介したように、強い刺激に対して身体が慣れてしまい、どんどん感度が落ちていくのです。

身体を動かしたり、好きなものを食べたり、エステに行ったり、好きなことをしてストレスをため込まないようにしましょう。

3. 緊張

「明日は大事なプレゼンがある」「来週は友達の結婚式で、スピーチをまかされている」など、なにか大きなイベントがあったり、大事な役割を任されている状態って、本人に「緊張している」という自覚がなくても、心と体はけっこう緊張状態になっていて、感度を下げてしまいます。

しかし、これは一時的なものであって、緊張状態を生み出しているイベントを乗り越えたら、普段と同じように気持ちくなれることが多いです。あまり気負い過ぎず、「今は緊張しているから」というふうに割り切ってしまうのがいいかもしれません。

4. 薬を服用している

現在薬を服用している人は、その薬が感度に影響しているかもしれません。女性の身体は非常に繊細なバランスを保っていて、一見関係がなさそうな症状でも、間接的に影響を及ぼすこともあるのです。

5. 潜在的な罪悪感・抵抗

たとえば、「過去に性的な嫌がらせを受けたことがある」とか、「幼少期に、性に関して非常に厳しい教育方針だった」といった体験をしている人は、それが影響しているかもしれません。

そういう経験がある人は、オナニーやセックスで気持ちくなることに対して、「恥ずべき行為だ」「してはいけないことをしている」というふうに、罪悪感や抵抗を抵抗を感じていしまうのです。やっかいなことに、本人に自覚がなくても潜在的にそう感じてしまうこともあります。

これは、自分だけではなかなか克服できないことも多いので、もし「性的な嫌がらせを受けたことがある」「性に関してとりわけ厳しい教育を受けた」といった思い当たりがある人は、セックスレスなどの相談を受け付けているカウンセラーに相談すると解決の糸口が見えるかもしれません。

【関連記事】

1. 触り方を工夫してみる

クリオナ上級者にとっては当たり前のことかもしれませんが、経験の浅い人に向けてご紹介します。

クリトリスを触るとき、こする、揉む、つまむなど、いろいろな指使いで触ってみましょう。オナニーをするときって、ついお気に入りの触り方ばかりしてしまいがちですが、いろいろな刺激を与えることで、「気持ちいい!」と感じられる幅が広がります。

ただし、やり過ぎには十分注意してください。すでにお話しましたが、刺激し過ぎてしまうと身体が慣れてしまい、感度アップどころか不感症になってしまう可能性があります。何日か空けてやってみてください。

2. 身体をあたためる

意外と知らない人も多いのですが、冷えによって感度は大きく変わります。身も心もあったまった状態であればびっくりするほど感度は上がるので、オナニーの前にお風呂にゆっくり浸かるなどしてみましょう。

3. 脚のつけ根から膣のまわりにかけてマッサージをする

血行をよくするのがねらいです。太もも、脚のつけ根、そして膣のまわりを揉むようにマッサージしてください。

また、太ももに関しては、マッサージすることで痩身効果にも期待できるのでおすすめですよ。

4. 彼にお願いする

パートナーと一緒に感度を上げていくのもいい方法です。今までにご紹介した、触り方を工夫してみるのと、脚のつけ根から腰のまわりにかけてのマッサージを彼にお願いしてみましょう。

中には、「パートナーがいると緊張してしまう」という人もいるので、必ずしもすべての人におすすめできるわけではありませんが、感度アップ以外にも、ふたりの愛が深まるのにも期待できるので、挑戦してみてください。

また、身体をじっくり触ってもらうことで、「どのあたりを、どうやって触ったら気持ちよくなれるのか」を彼に知ってもらうことができるので、今後の前戯やセックスの質が高まるのにも期待できます。

【関連記事】
クリトリスは、セックスの経験がない初心者でも「なんとなく気持ちいいかも…」と感じることができたり、経験豊富なセックス上級者さえも愛してやまない、王道の性感帯です。

刺激し過ぎて不感気味にならないよう、また、その反対に放置し過ぎて感覚がぼけてしまわないよう、上手な距離感で付き合っていきましょう。(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事