アイコン 「セフレはどこまでいってもセフレ」オトナの関係で苦しくなる女性の特徴

2020.01.31

「セフレはどこまでいってもセフレ」オトナの関係で苦しくなる女性の特徴


どうも、ヤリチンです。

今回は「セフレを楽しめる人と苦しくなる人の違い」についてお話したいと思います。

セフレって、人によって「気楽な友達」「友達以上恋人未満」「性欲処理機」「都合のいい女」「肉便器」など、色んな捉え方があるんですよね。

セフレという関係をラフに楽しめる人と、ヘビーに捉えて楽しめない人にはどんな違いがあるのでしょうか?

セフレで悩んでいる人は、ぜひ最後までお付き合いください。

セフレが苦しくなる人とは?

まずはセフレという関係が苦しくなる人から紹介します。

これから紹介することに当てはまったら、あなたはセフレを作らないほうがいいかもしれません。

1.セフレの延長線上に恋人があると思う人

セフレの延長線上に恋人があると思う人は、セフレという関係が苦しくなりやすいです。

この手のタイプの人は、セフレから本命昇格を狙おうとするので、苦しくなります。

よくセフレと恋人って同列で語られがちなんですけど、実際は全くの別ジャンルです。

セフレの延長線上にあるのは「ちょっと待遇のいいセフレ」なんですよね。

しかしセフレの延長線上に恋人があると思う人は、その事実に気づかず本命になろうとあれこれ無駄な努力をするのですが、ぶっちゃけ思慮が浅すぎるんですよ。

恋人を作るメリットはお互いの関係を育てていくことにありますが、セフレのメリットは会いたい時に会える気軽さと、必要なくなったらすぐ切れる気楽さなので、恋人のメリットとは真逆なんですよね。

そのため、セフレの延長線上に恋人があると思う人は、「恋人のように大事にされたいのにセフレだから雑に扱われるギャップ」に心を痛めるのです。

そのため、セフレの延長線上に恋人があると思う人は、セフレという関係が苦しくなりやすいですよ。

2.セックスを付き合うための手段に使う人

セックスを付き合うための手段に使う人も、セフレという関係が苦しくなりやすいですよ。

なぜならこの手のタイプの人は、「セックスしたのにどうして付き合えないの?」と悩むからです。

「セックス=カップルがするもの」という認知を「セックス=カップルがするもの=つまりセックスしたら付き合える」と勘違いして考えています。

そのため、セックスしてから「セックスしたのに付き合わないのは寂しい」と迫ったり「私付き合わないとセックスしないから」と、セックスを担保に付き合うことを求めてきたりするんですよね。

しかし、男からすれば「なにバカなことを言ってるんだ?」という感じなので、そんな自分ルールに従う必要がありません。

適当に甘いこと言ってセフレにして飽きたらポイで十分なんです。

好きな人とお近づきになるために自分の魅力のなさを補うブースト機能として、セックスを使う女性は、いつまで経っても自分の浅はかさに気づけないので苦しみます。

このように、セックスを付き合うための手段に使う人も、セフレという関係が苦しくなりやすいですよ。

▼セフレがほしい人はこちら

3.寂しさを満たすためにセフレを作る人

寂しさを満たすためにセフレを作る人も、苦しくなりやすいです。なぜなら、セフレでは寂しさは満たせないからです。

寂しさを満たすには、心の触れ合いが大事ですが、セフレはお互いに都合のいい気楽な関係なので、体の触れ合いだけで終わりやすいんですよね。

しかし寂しさを満たしたい人は、セフレという関係に「恋人のような関係」を期待してしまうので、悪い意味でセフレにハマりやすいんです。

Twitterでセフレに対する悩みやのろけを言ったり、セフレに嫉妬したり……と、セフレを恋人のような扱いをして、恋愛ごっこをしようとします。

しかし、セフレはどこまでいってもセフレなんですよね。

セフレと恋愛ごっこするくらいなら、さっさと恋人を作った方が絶対いいですよ。

このように、寂しさを満たすためにセフレを作る人も、苦しくなりやすいです。

セフレを楽しめる人とは?

ここからはセフレを楽しめる人について、お話していきます!

セフレという関係を楽しむにはどうしたらいいかの参考になれば嬉しいです。

1.セックスをストレス発散と思ってる人

セフレを楽しめるのは「セックスはストレス発散のツールだ!」と思ってる人です。

セフレのよさは、セックスしたい時に思う存分セックスできることなので、筋トレや買い物と同じノリでカジュアルにセックスしたい人は、セフレを楽しめます。

「明日セックスしよ?」「いいよ」という軽いノリでセックスできると、お互いに性欲発散できるので最高ですよ。

このように、セフレを楽しめるのは「セックスはストレス発散のツールだ!」と思ってる人です。

▼イケメンと出会いたい人はこちら

2.割り切った距離感に寂しさを感じない人

セフレを楽しめるのは、割り切った距離感に寂しさを感じない人です。

セフレはお互いに都合のいい関係だから成り立つものなので、割り切った距離感を守るのが大切なんですよね。

セフレに苦しむ人は、割り切った距離感に寂しさを感じるのですが、そういう人は結局恋愛したいだけなので、それなら恋人を作ったほうがいいんですよ。

セフレはあくまでセックスをするための関係なので、恋愛感情を持ち込まないようにするのが大切なんです。

そのため、割り切った距離感に寂しさを感じない人は、セフレを楽しめます。

まとめ

以上、ヤリチンが「セフレを楽しめる人と苦しくなる人の違い」についてお伝えしました!

セフレを楽しめる人は、セックスするためにセフレを作る人ですが、セフレが苦しくなる人は、恋愛するためにセフレを作る人です。

セフレはお互いに都合がいいから成り立つ気楽な関係なので、そこに恋愛感情を求める人は、ぶっちゃけ頭おかしいんですよね。

恋愛したいならセフレなんて回り道をせずに、さっさと恋人を作ればいいんですよ。

セフレで苦しむ人は、被害者意識を振りかざして「セフレは悪だ!不毛だ!」と言いますが、実際悪いのはセフレという人間関係を勘違いして自滅している自分自身なんですよね。

セフレを作る時は、自分がセフレという関係を楽しめるかどうかを判断してから、作りましょう。

どうも、ヤリチンでした。(やうゆ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

▼セフレがほしい人はこちら
関連キーワード

関連記事