アイコン 【女性向け】セックスで潮吹きするコツとテクニック 

2019.09.17

【女性向け】セックスで潮吹きするコツとテクニック 

アダルトビデオではよく見かける潮吹きですが、実際に体験したことがある人って、そう多くはないのでは? この記事では、実際に潮を吹かせた経験をもとに、潮吹きをさせるためのテクニックや、どんな指使いをしたら潮吹きができるのか、そのコツを伝授します!

そもそも潮吹きっていったいなに?

おしっこなのか、愛液なのか。潮吹きって、いったい何者なんでしょうか。「愛液はあんなに勢いよくでないし、おしっこでしょ」という人もいれば、「スキーン腺という器官から分泌液がでて、刺激されることにより、その分泌液があふれる」など、さまざまな解釈があるのですが、実ははっきりしたことはわかっていないのが現状だそうです。

ただ、潮を吹く直前に、女性はおしっこにいきたくなるような感覚になることがしばしばありるので、尿か、あるいは、尿道とつながっている場所からの分泌液である可能性が高いといえるかもしれません。

潮吹きするための下準備とコツ

(1)リラックスする
潮吹きしやすい人もいればそうじゃない人もいて、潮吹きができるかどうかは個人差があります。また、精神状態もけっこう大きく関与していて、いかにリラックスできるかがポイント。

本番でリラックスできるように、まずは自分でオナニーをして、潮吹きの感覚を味わう予行練習をしておくといいかもしれません。とくにGスポットのあたりを刺激するのがポイントです。
(2)水分補給をする
潮吹きをするためには、体内の水分量が重要です。アダルトビデオの撮影においても、AV女優たちは、水分をたくさん摂取して撮影にのぞむそうですよ。

AV男優しみけんさんによると、真水ではなく、ポカリのお湯割りを飲んで水分補給しているみたい。

また、潮吹きはけっこうな量の水分を失うため、夏場の撮影においては、潮吹きは避けているそうです。楽しむのもいいですが、身体に負担をかけないよう注意してくださいね。

(3)道具を使ってみる
潮吹きするためには、パートナーのテクニックもけっこう重要です。なかには、本当にヘタクソでとても潮吹きなんてできそうにない、そんなパートナーを持つ女性もいるでしょう(笑)。

そんなときには、道具に頼るのもひとつの手です。たとえばマリンビーンズのような、潮吹きに重要なGスポットを刺激するのに優れたアイテムもあるので、試してみるといいかも。

こういう、いわゆる大人のおもちゃって、彼氏に見せるのに抵抗があるかもしれませんが、「友達が悪ふざけで私にプレゼントしてくれたんだけど、どうせなら使ってみようよ(笑)」なんて言うと、以外にも男性はノリノリになってくれることも多いですよ。

▼中イキも外イキも自由自在な体に♪
感じる!ラブグッズデビューセット(収納ポーチ付)

公式通販サイトでみる

(4)事前に一度イッておく
潮吹きするためのコツとして、一度イッておくのもおすすめです。イクことで身体が敏感になり、より潮吹きしやすい状態になるのです。

1回戦目の前戯でいきなり潮吹きしようとするのではなく、セックスをひと通り終えて気持ちよくなったあと、2回戦目の前戯で潮吹きに挑戦するといいかもしれません。

潮吹きについて知っておくべきこと

(1)そもそも潮吹き自体は気持ちいいものではない
「気持ちよくなりたい!」という思いで潮吹きをしたがっている人にとっては残念なお知らせですが、潮吹きをしたからといって、頭が真っ白になるような強烈な快感があるわけではありません。

潮吹き経験者の女性によると、潮吹きしたときって、「ヤバい、おしっこと勘違いされたら恥ずかしいな……」とか、「ベッドを汚してしまわないか心配……」というふうに、意外にも超冷静で、現実的なことを考えていることが多いそうですよ(笑)。

気持ちよさよりも、「潮を吹く」という、エンターテインメントのひとつとしてとらえるといいかもしれません。

(2)噴水のような潮吹きは演出
アダルトビデオで潮吹きといえば、膣からピューっと噴水のように、勢いよく水がでているのをイメージしますよね。でも、実際の潮吹きでは、あんなに勢いよくでることはあまり多くありません。

あれは演出であって、実際の潮吹きは、膣から少しだけ水が垂れるとか、そういう程度の潮吹きであることが多いです。

(3)挿入中に潮を吹く場合、手マンで吹く場合がある
潮吹きをするには、2つの方法があります。それは挿入している最中に潮を吹くか、あるいは手マンでGスポットが刺激されて潮を吹くか。手マンのほうが男性の負担が少ないので、おすすめは手マンです。

ただし、「彼はいつも触る力が強くて痛い…」といった手マン下手な男性にやってもらう際には要注意。膣内を傷つけてしまうかもしれません。

(4)潮を吹かせたがる男には注意
先述したとおり潮吹きは、潮吹き自体に気持ちよさは感じませんし、力加減によっては膣を傷つけてしまうおそれがあります。だから、「絶対にしなきゃいけないプレイ」なんてことはありませんし、数あるセックスのプレイのなかでは、オマケのような立ち位置です。

にもかかわらず、自分がテクニシャンであることを誇示したいのか、やたらと潮を吹かせたがる男もいるので、気をつけてください。もしあなたのパートナーが、あなたに執拗に潮吹きを求める人であれば、この記事を読ませてあげてください。(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事