アイコン イケメンのセフレを作る方法って? 出会い方、リピートされる方法を解説

2019.07.01

イケメンのセフレを作る方法って? 出会い方、リピートされる方法を解説

セフレがいる人にとって、セフレはセックスという共通の趣味を持つ友達です。

セックスをするための友達を作るなんて人としてどうなの!? と思う人もいるでしょう。でも実際にセフレがいる(いたことがある)という人は意外と多く、セフレが欲しいと望んでいる女性も少なくありません。

今回は、彼氏を作るのは面倒だけど定期的にセックスしたい! 恋愛感情抜きでセックスするなら自分のタイプの顔面を持つイケメンをセフレにしたい! という女性のために、イケメンのセフレを作る方法を紹介します。

イケメン彼氏を作るより、イケメンセフレを作る方が簡単

イケメンのセフレを作るのは、実はイケメンの彼氏を作るよりもずっと簡単です。こちらがイケメンのセフレが欲しいと思うのと同じく、イケメンの方もできれば美人とセフレになりたいというのが本音でしょう。

しかし付き合わずにセックスだけしたいという女性の人口が少なく、イケメンであっても気軽にセックスできる女性と出会うのは簡単ではないんです。だから美人でなくてもイケメンとセフレになれるチャンスは十分にあります。

セフレに選ぶならイケメンのヤリチンを!

どんなイケメンならセフレにしやすいのか。それはヤリチンに限ります。イケメンのヤリチンはとにかく話が早いです。セックスできる対象の女性に対しては話す時に目つきがわかりやすく変わるので、自分がその対象に入っているのかをすぐに判断できます。

それに女性から向けられる好意の視線や言葉を確実にキャッチしてくれるため、「この人とセックスしたいな」と思っているうちに簡単に誘い出してくれます。

頭を使って駆け引きする必要もなく、清楚ぶる必要もないので楽チンですね! 本来の自分よりも少し大胆な言動を心がければ、最短コースでセフレになれるかもしれません。

イケメンヤリチンとの出会い方

イケメンのヤリチンと出逢えそうな場所を考えてみましょう。出会い系アプリ、クラブ、バー、合コン、ホストクラブなどが思い浮かぶかもしれませんね。

出会いの場所を選ぶ上で大事なのは、馴染みのある場所を選ぶことです。不慣れな場所では冷静な判断ができない可能性がある。例えば慣れない出会い系アプリを使ってタイプの顔面をした男性とマッチングしたとしましょう。

いざ会ってみれば写真とは違って好みのイケメンではなく、セックスしたい要素が1つもなかった場合、ネット上でやりとりしていた時間や会って食事している時間などは完全に無駄になってしまうわけです。

ホストクラブなどでは雰囲気にのまれてイケメンだか何だかわからないまま舞い上がり、気が付いたらホスト通いしてしまうかもしれません。

友達と行ったカフェでイケメン店員を見つけたら次は1人で行ってみる、イケメンのいる美容室に通う、通りすがりのバーにイケメン客がいるのを発見したら店に入るなど、イケメンとの出会いは意外とゴロゴロ転がっています。

▼「どうせならイケメンと出会いたい!」そんなあなたに…

リピートしてセフレになる

せっかくイケメンとセックスできても、リピートできなければセフレではありません。また会いたいと思われるためには、「セックスではこってり、終わったらあっさり」がポイントです。

セックスでは好きな人には見せられないような、ちょっと大胆な一面を見せて思いっきりエロいセックスを堪能し、終わったらダラダラとイチャイチャタイムを続けずにあっさりと帰ります。

そのギャップがセフレとのセックスでの面白いところですよね。あまり長居しすぎたり、共通の趣味で盛り上がったりすると、どちらかが恋愛感情を抱いてしまうこともあるので気をつけてください。

ヤリチンと出会うのが難しいなら

セフレを作るためだけに出会いを求めるのは性格上難しいという人もいるかもしれません。そんな時はイケメンの元彼をセフレにするのもいいですね。

好きでセックスしていた元彼と恋愛感情抜きでセックスするのは不思議な感じがしますが、何度もセックスしてお互いの体のことを熟知しているため、新たに知り合った人とセックスするより簡単に気持ちよくなれます。

セフレのいる女性に聞くと、元彼が今のセフレだという確率はかなり高いんですよ。身元も性格もわかっているので安全のためにはそういう身近な人がセフレには向いているかもしれません。

セフレを作るなら、性病予防・避妊はしっかりと!

セフレがいる生活はとても楽しいですが、それには性感染症予防や避妊の知識を自分がしっかりと持っていること、相手に流されず自分の意思で行動することが大前提です! それができない人は残念ながらセフレを作ることは向いていません。

安全で楽しいセックスライフを!(Betsy/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)


関連記事