アイコン イケメンセフレとの出会い方と関係を続けるためのルールとは

2019.06.04

イケメンセフレとの出会い方と関係を続けるためのルールとは

性的欲求だけを満たすためにセックスだけの関係=セックスフレンド。恋愛の煩わしさやめんどくささがないので、恋人を作る気がないときは、つい欲しくなりますよね。でも、せっかく割り切りでエッチするのならイケメンのほうがいいと思う女性は多いはず。

イケメンのセフレを作るためには、どうすればいいのでしょうか? イケメンセフレの作り方やメリットをご紹介します。

セフレをつくるメリットとは?

①セックスによってキレイになる
良いセックスは女性をキレイにする効果があります。これはセックスの絶頂時(オーガズム)に脳から「オキシトシン」と呼ばれるホルモンが分泌するためだといわれています。

また、セックス中に満たされると「セロトニン」と呼ばれるホルモンが分泌されます。セロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれている脳内物質です。

大好きな相手やイケメンとセックスをすることで心と体が満たされ、さらに身体が喜ぶことで分泌される快楽物質「エンドルフィン」によって若返りの効果も期待されます。

②満たされる
良いセックスをするとセロトニンが分泌されて心が満たされるだけでなく、女性としての自信にもつながります。モテる男性やイケメンとセックスすることは「私はこんなイケメンとセックスできるんだ」という高い自己評価にもなるでしょう。

逆に好きではない男性やタイプではない男性とセックスをすると、「なんでしてしまったのだろう……」と自己嫌悪に陥ることも。良いセフレと満たされたセックスをすることは、心の安定にも深く関わってくるのです。

③本命との関係が安定する
大好きな彼や本命の人がいるとき、その男性ばかりに愛情を注ぎ過ぎてしまい失敗してしまった経験はないでしょうか? 本命の彼との関係を良好にするためには適度な距離感が大切です。セフレに性欲を満たしてもらい、本命の人には「余裕のある女」というところを見せるのも良いかもしれませんね。

イケメンセフレの見つけ方とは?

では、実際にイケメンのセフレを作るためにはどうしたら良いのでしょうか。めんどくさくならないセフレを探すための場所をご紹介します。

①自分の生活範囲外のバーや飲み屋
セフレを探すために最も簡単なのは、バーや飲み屋です。後腐れないようにするためには、自分の生活範囲外の場所を選んでくださいね。

お酒の勢いで他のお客さんと仲良くなってそのまま……というのも良いですが、ナンパや逆ナンはハードルが高いという方は店員やバーテンと仲良くなるのがオススメです。

店員と仲良くなると他のお客さんを紹介してもらえることもあるし、タイプの店員だったら何度か通ううちに仲良くなってセフレ関係になるのもアリ!

とくにバーテンはイケメンが多いので、お気に入りのバーを一軒見つけておくとセフレが見つけやすくなると思います。

②匿名アプリ
セックスに持ち込むまでの会話が苦手……という方は匿名で登録できるアプリもオススメです。一見、怪しそうと思いがちですが、時々ビックリするほどのイケメンが見つかることも。しかし、写真だけではわからないので顔写真を何枚か交換したり、会ってから判断するようにしましょう。

くれぐれも顔が分からないうちに、エロ写メなどを送らないようにしましょう。セフレ募集専用のアプリもあるので、気になる方は探してみてくださいね!

【関連記事】

③めんどくさくなさそうな元カレ
知らない人とセックスするのはやっぱり少し怖い……という人は、めんどくさくなさそうな元カレもオススメです。筆者はその昔、元カレと別れたときにしばらく遊びたかったので、特定のセフレを作りませんでした。

元カレは別れたあと地元に帰っていたので、その土地に遊びに行ったときに元カレにホテル代を出してもらう代わりにセックスをしていました(笑)。

知らない人と泊まるよりも安心だし、何より気持ちいいツボを知り尽くしている! 家が遠いので会うとき以外連絡を取ることがないので、めんどくさいことも一切ありませんでした。

④近隣県へのプチ旅行
③でも少し書きましたが、家が遠い男性をセフレをするにはメリットしかありません(笑)。周囲に関係がバレたり、誰かに見られることが少ないというのもありますし、家の遠いセフレと会うときはプチ旅行気分を味わうこともできます。

ただし1つだけデメリットを挙げるとしたら、遠方まで会いに行ったのにドタキャンされたときの痛手が大きすぎること! まわりに知り合いもいなければ知っている店もナイ……。

夜に会いに行ったのならば終電もない……。遠方にセフレを作るときは、ドタキャンされたときのことを想定して、ある程度周辺を知っておくと良いでしょう。

イケメンとセックスへの持ち込み方&セフレになる方法

いざイケメンと知り合えても、そこからセックスに持ち込むためには様々なテクニックが必要となります。今回は筆者が実際に行って成功した例をご紹介します。

①お酒の勢いで
シラフでセックスに誘うのは多少なりとも勇気がいるもの。そこはお酒の力を借りちゃいましょうということでとにかく飲む、と同時に相手にも飲ませる! とはいえ、自分が泥酔してしまっては何の意味もないのでほろ酔い程度にしておきましょう。

オススメのお酒は焼酎のウーロン割りやレモンサワー。どの店にも必ず置いてあり、甘くないので気持ち悪くなったり翌日にお酒が残る心配もナシ! 濃さも調節できるので、体調によって変えることもできちゃいます。

男性に無理なく飲ませるためには、まずは自分が飲むこと! たとえ薄いお酒でも女性が飲んでいる姿を見ると男性も負けじと飲む傾向にあります。乾杯して一気するなど、お互い効率よく酔っぱらってセックスに持ち込んでくださいね。

②きわどいボディータッチで攻める
お酒が入れば、きわどいボディータッチをしても引かれることはありません。とはいえ、いきなり股間を触るなど過度なボディータッチはNG! 隣に座っているのなら相手の肩を触る、太ももに手を置くなど。

正面に座っているのであれば相手の飲んでいるお酒を一口もらう、顔に何かついているといって顔を触るなど、さりげないセックスアピールをしてくださいね。

③ストレートに誘う
ストレートに誘うといのは、単純に「セックスしよう」と言うのではなく、セックスをほのめかすということです。たとえば店を出たあとに「この後どこか行く?」と言ったり、手を握ったりしてください。

男性は初対面の女性にガッつかれると、引いてしまうことがあります。言葉ではなく態度で「セックスしたい」と意思表示することで、男性も「自分が口説いた」という自信になり2回目以降も誘われやすくなります。

セフレ関係を持続させるためのルールとは?

無事にイケメンとセックスをすることに成功したら、その関係を持続することが大切です。では、一晩限りで終わらないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。ポイントは「深入りせず、めんどくさくない女ということをさりげなくアピールする」ことです。

①自分の個人情報を出しすぎない
お互いのことを深く知りすぎると、どうしても相手に対して情や「恋人として扱ってほしいのかな?」という感情が芽生えてきてしまいます。めんどくさくないセフレ関係を保つには自分の個人情報を出しすぎないことです。

筆者はセフレに対して、セックスの前後だけは自分の話を多少しますが、それ以外は基本連絡をとりません。会っていないときは電話やLINEも一切せずにしっかりと線引きをして、相手にもセフレということを認識させるのがポイントです。

②恋人の話はしない
恋人がいるときはめんどくさくならないようにセフレには伝えますが、恋人の話は基本しません。もちろん相手にも同様で、恋人の有無は聞いてもそれ以上の詮索はしないようにしています。理由は……恋人の話をするとお互い罪悪感が芽生えてしまうからです。

セフレ関係を続けたいのであれば恋人の話はしない! これがお約束です。しかし、セフレが恋人の相談をしてきたときだけは聞いてあげるようにしています。アドバイスするとややこしくなるので話を聞くだけでOKです。
 
③相手にセックス以外を求めない
割り切りの関係を続けたいのであれば、相手にセックス以外の要求をしないようにしましょう。とはいえ、いきなりホテルへ行ってやるだけではさすがにムードもへったくれもナイ……。一緒にお酒を飲む、少し食事をするぐらいの関係がちょうどよいと思います。

もちろん、セックスが終わったあとのイチャイチャもピロートークもナシ! これは筆者の考えですが、セックスが終わったらすぐにシャワーを浴びて爆睡! もしくは酒を飲む! そのくらいサッパリした関係がセフレとしては良いと思っています(笑)。

割り切りのセフレは、イケメンほど気持ちも体も満たされる

イケメンのセフレは何度でもおかわりしたくなるものですよね。個人的には遊び人のイケメンのほうが同じベクトルで遊べるので、セフレには最適のような気がします。

いろいろ書きましたが、セフレの定義に対して同じ考えを持っている相手のほうが長くセフレ関係が続けられると思います。身も心も満たされるイケメンセフレ、アナタもぜひ見つけてみてはいかがでしょうか?(結城/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

【関連記事】

関連記事