アイコン 「一緒にイこう?」 彼との同時イキが叶ったセックスエピソード

2019.04.19

「一緒にイこう?」 彼との同時イキが叶ったセックスエピソード

こんばんは。セックス大好きライター、結城です。若いころはそれなりに遊んでいた時期もありましたが、現在は同棲している年下彼氏一筋! 年下彼氏を飽きさせないためには、「オトナのセックスで繋ぎとめるしかない!」とセックスがマンネリ化しないよう、日々奮闘しております。

さて、皆さんはセックスのときに「濡れにくいなぁ……」と思った方はありませんか? 私はあります。決して気持ちよくないというわけではないのですが、認めたくないのですが、多分歳のせい……。

しかも「今夜は久しぶりにエッチするぞ!」と気合いを入れているときに限って、濡れが悪かったりする。お陰で彼氏には丁寧に前戯をしてもらっていますが、「明日早いから時間ないぞ!?」って日もあるじゃないですか⁉ そういう日はなるべく彼に負担をかけたくないので「早く濡れてほしい!」というのが本音なのです。

アソコがどんどん熱くなって……

そんなある日、気になる商品を見つけました。ラブコスメから発売されている「リュイール・ホット」。なんとアソコに少し塗ってマッサージするだけで、潤いケアができてセックス時の濡れの悪さを解消してくれるというもの。

プロのお姉さんが仕込むローションじゃないんだから……と思いながらも見てみると、ローションとはまた違うものらしいのです。半信半疑ながらも「ものは試し!」ということで、気付いたらポチっていました(笑)。「気持ちいいエッチのためなら努力は惜しまない!」というのが、私のモットーであります!


さっそく届いた「リュイール・ホット」。ワクワクしながら開けてみると、まず驚いたのはサイズが超小さいこと。手のひらにすっぽり収まるサイズで、これならポケットやポーチにも入りそう。

エッチ前にトイレでサッと使うこともできそうだな……と関心しながら、さっそく指にとってみました。手触りは滑らかなローションのようで、香りを嗅いでみるとほぼ無香。香りがあるとクンニされたときにバレてしまいそうなので、これはいいかも……。


しかもちょうどよい粘り気で、まるで本物の愛液のような感触。注ぎ口が細くなっているので、直接アソコに注入しても良さそうです。

さっそく「リュイール・ホット」をアソコに塗ってみます。ゆっくりマッサージをするように塗り、しばらくすると……、あれ? なんだかアソコがじんわりアツイ。そして少しずつですが、アソコが濡れてくる感覚が。なんか、だんだんエッチな気分になってきたぞ……。

これは「リュイール・ホット」のせいなのか、それともアソコが濡れてきているせいなのか。でも彼に「エッチしたい」と言うのは恥ずかしいので、ベッドでスマホをいじっている彼にくっついたり……とイチャイチャしてみました。

冗談で彼のアレを触っているとだんだん大きくなってきて……思わず舐めようとすると「明日早いよ~」と言われてしまったので、「どうしてもしたくなっちゃって……ダメ?」と可愛くおねだり! 彼は「しょうがないな……」と言いながらも了承してくれたので、さっそく彼のパンツを脱がしちゃいました!

リュイールホットを詳しくみる

じゃあ一緒にイこう? 2人同時に絶頂に

まずはいつものように彼のアレをじっくり舐めてみます。普段、時間がないときはフェラだけで挿入することもあるのですが、彼氏のアレが擦れてしまい「痛い!」と言われてしまうことも。でも、この日は違った。

フェラをすればするほど、私のアソコがどんどん熱くなってくるのです。もしかしたら、このまま挿入できるかも⁉ 彼もその気になったのか、私のアソコに手を伸ばして「すごい熱くなってるけれど、どうしたの?」と聞きながら私のアソコを指でかき回し始めて……。

それを聞いた私は恥ずかしくなると同時に激しい快感に襲われ、思わず「そんなに掻き回しちゃダメッ……!」と彼の手を抑えてしまいました。でも、彼はそんな私の手をつかみながらさらに激しく掻き回す……。もう、我慢できない……! 思わずイッてしまいました。

あまりにも早い段階でイッってしまったので、彼に「もう挿れてイイ?」とおねだり。彼が「俺ももう我慢できないよ(笑)」と言ったのでそのまま騎乗位でイン! 普段は騎乗位であまり濡れない私ですが、この時はどんどん愛液がこみあげてくるのを感じました。

彼氏に「痛くない?」と聞いてみると「痛くないよ、今日なんか(愛液が)濃くない?」と言うのですごく恥ずかしくなってしまい、気付いたら愛液がお尻の方まで垂れていて布団が濡れているのがわかりました。

すると彼にも異変が。私がゆっくりと動かして5分ほど経った頃に、「なんか、俺もそろそろヤバイかも」と言い出したのです! 普段なら正常位など彼主体の体位でしかイかないのに⁉ でも、私もそろそろ我慢の限界。

「じゃあ一緒にイこう?」と彼に伝えて少し早めに動かすと、彼が私のお尻を手でつかんで激しく動かしてきたのです。「ダメダメッ……! イッちゃう~‼」。部屋が1階で、目の前が道路ということも忘れて思わず絶叫! そのまま2人とも果ててしまいました……。

時間は短かったけれど、いつもより何倍も気持ちよかったセックス。「リュイール・ホット」を使用してみたら、いつもより格段に濡れただけでなく、感度も高くなったような気もしました。今まで味わったことのないセックスを体感できて、まるで新境地を開拓した気分!(笑)

ちなみにエッチ後、彼に「リュイール・ホット」のことを話したら、「そんなにたくさん感じたいの? いやらしい子だね」と言われて、それ以来「リュイール・ホット」を使う度に言葉責めされて、たくさん責められるように……。

もしかしたら「リュイール・ホット」に負けないぐらい、彼も感じさせたいという気持ちなのかも(笑)。ますます濃厚なエッチになり、「ラブコスメ リュイール・ホット」を手放せなくなりそうです!(結城/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

▼イキたい女性必見! 快感の渦に飲まれるラブコスメ

関連記事