アイコン 男の性感帯ってどこ? 彼が「もっと触ってほしいのに…」と思っている7つの部位

2019.03.07

男の性感帯ってどこ? 彼が「もっと触ってほしいのに…」と思っている7つの部位


イチャイチャしているときや前戯のとき、あなたは男性の身体の中で、どの部分を触っていますか? おそらく、「なんとなくその場の空気に合わせているだけ」とか、「特に意識してココを触っている、というのではなく、相手に合わせてなんとなく触っている」という人が多いのでは?

しかし、それって少しもったいないかも。男性が好む部分を触ってあげることで、もっと喜ばせることができちゃうんですよ!

この記事では、男性が「もっと触ってほしい……」と思っている意外な性感帯をご紹介します!

男性が「もっと触ってほしい……」と思っている意外な性感帯

■背中
あまり馴染みがない部分ですが、前戯で気持ちを盛り上げるのに、背中に撫でるのはとっても効果的。ハグをしたときは背中を撫でるチャンス。ぜひ触ってみてください。

下から上にゆっくりと、もしくは、相手の背中に手を当てて、円を描くように撫でてみましょう。

■手
キスをしているとき、ハグをしているとき、あるいはセックスの最中に、相手の手を握りたい気持ちになることって、ありませんか? 手をつなぐと、“パートナーとつながっている感”がますます強くなって、幸せな気持ちになれますよね。手をつないで得られる幸福感は、男性もまったく同じです。

多くの場合、男性がリードして手をつなぐことが多いでしょう。しかし、時には女性から手をつないであげてください。同じ“手をつなぐ”という行為でも、女性からやってもらうことに、喜びを感じる男性って、たくさんいますよ。

■お尻
意外と思う人も多いかもしれませんが、「お尻を触ってもらうのが好き!」という男性は少なくありません。表面を撫でたり、両手で揉みほぐすように触ってみましょう。お尻を触られることで下半身に意識が集中するので、エッチな気分にさせることができます。

■お腹
性感帯とは言えませんが、心地よいという意味で気持ちいいのが、お腹です。お腹周りを撫でてあげることで、女性の手のぬくもりを感じることができます。身体もあたたまり、男性は幸福感を得ることができるのです。

■わき腹のくすぐったさも、実は気持ちいい
わき腹は、くすぐったさを感じる場所として定番ですが、わき腹のくすぐったさって、実は性的な気持ちよさに変わるポテンシャルを秘めています。普段は触られてもくすぐったいと感じるだけですが、エッチな気持ちになっているときは、とっても敏感な性感帯に変貌します。

指先で優しく撫でるのが正攻法ですが、大胆に舌をはわせるのもよいでしょう。おすすめなのが、ふたりとも立った状態で、下から上に向かってわき腹を舐めること。見下ろすように見ている男性に、視覚的に強烈な興奮を与える効果に期待できます。

■内もも
内ももは、優しく撫でてあげるのもいのですが、撫でずにただ手を内ももにくっつけているだけでもOK。触り方がとっても簡単なのに、男性を喜ばせることができる場所です。

また、すぐ近くにペニスがあるので、じらすときにも役に立ちます。男性から手コキやフェラを頼まれたとき、まずは内ももをさすったり、内ももにキスをして、たくさんじらしてみましょう。

■頭
男性向け恋愛ハウツー本や、“モテたい男必見! 女性を落とすにはコレだ!”といった特集記事で、「女性の頭を撫でる」ということが書かれているのをよく目にします。また、頭を撫でられるのが好きな女性が多いのも確かです。

そのせいか、頭を撫でる=男性が女性に対してすること、というイメージが定着しているような気がします。しかし、頭を撫でてもらうのは、男性だって嬉しいんですよ。

女性に比べて、男性が誰かに頭を撫でてもらう機会って、ほとんどありません。彼氏がいれば女性は撫でてもらえますが、男性は彼女がいても、撫でてもらうことは少ないです。中には、「子どものころ親に撫でてもらって以降、一度も頭を撫でてもらっていない」なんて男性もいるかもしれません(笑)。

男性にも甘えたいときはあります。たくさんハグをしてきたり、くっついてなかなか離れていかないときには、ぜひ頭を撫でてあげてください。

「なんとなく」で済まさない

スキンシップのとき、特別な意識を持たず、なんとなく相手の身体に触れている人は多いでしょう。しかし、できることなら相手が喜ぶ場所を触ってあげたいですよね。相手が好きな部位を見つけて、たくさん触ってあげてください。(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事