アイコン 男をメロメロにする♡官能キステクニック

2019.02.14

男をメロメロにする♡官能キステクニック


キスってとっても気持ち良いですよね。自分からするのもよし、相手にしてもらうのもよし、愛し合うふたりの素敵なコミュニケーションのひとつです。

セックスにおいてもキスは非常に重要で、前戯から挿入中、また、男性がイッたあとの後戯の時間にも欠かせません。

ただ、多くの女性が、男性に委ねて受け身になっていたり、何も考えずに、なんとなくキスをしているのではないでしょうか? 実は、キスって、もっと官能的にできる方法があるんですよ! この記事では、男を落とす官能的なキステクニックをご紹介します!

唇をうまく使う

「エッチな気分を盛り上げるキスといえばディープキス」と考える人は多いですが、官能的なキスには、唇を上手く使うことも重要。

お互いの唇を重ねるだけでなく、唇同士をこすり合わせるように左右に振ってみましょう。濃厚な強い刺激ではありませんが、触れ合う心地よさと、程よいエッチな気分を楽しむことができます。

前戯がはじまったとき、もしくは後戯のリラックスタイムがおすすめのタイミングです。

唇を吸ったり、噛むのも有効

唇のキステクニックはまだあります。それは、唇を吸うことと、甘噛みをすること。相手の唇を優しく包み込んで、ソフトに吸ったり噛んでみましょう。

力が強すぎると、痛みを感じさせてしまい、萎えてしまうこともあるので要注意。まずはほとんど力をいれずに、優しく刺激してみましょう。

上唇の裏に舌を入れる

舌を使ったキスのテクニックは、ディープキスだけではありません。相手の上唇の裏側に舌を入れて、歯の根元あたりを舌でゆっくりこするように動かしてみましょう。

キス好きであれば、「知っているし、よくやっているよ!」という人も多いテクニックですが、知らない人も大勢いるでしょう。このテクニックを知っている男性には「お! よく知っているな! いいね~!」と喜ばれ、知らない男性には「な、なんだこのキスは……!」と新しいキスの気持ち良さを感じさせることができます。

見つめる時間を長くとる

気持ち良いキスをするのに大切なのは、唇を重ねている最中のテクニックだけではありません。唇が触れる前から、すでに勝負は始まっています。

キスをする前に、たっぷり時間をかけて相手を見つめてみましょう。至近距離でのアイコンタクトは、ムード溢れる甘美な時間です。たっぷり見つめることで気持ちが高まるので、その後にするキスはとっても官能的。

舌をフェラするように舐める

相手の舌を、フェラをするように口で出し入れして舐めてあげるテクニックで、かなり官能的です。

前戯の盛り上がりがピークに達しているとき、もしくは挿入中にするのがおすすめ。かなり刺激が強いので、できるだけ弱めにやるのがポイントです。

相手の耳を塞ぐ

キスの最中、相手の耳を塞ぐだけで、とても官能的なキスになります。五感のいずれかを塞がれると、人間は感覚が鋭敏になると言われており、聴覚を塞ぐことでキスの心地よさがグッと高まります。

とくに効果的なタイミングが、ディープキスのとき。舌が触れ合う音が、耳を伝わってではなく、頭にダイレクトに響くので、普段のディープキスよりも刺激的になりますよ。

唾液を相手の口の中にいれる

ひょっとしたら、「気持ち悪……」と引いてしまう人もいるかもしれませんね(笑)。しかし、キスのときに唇を重ねるだけではなく、唾液の交換することに興奮する男性もいます。

ディープキスでも十分唾液の交換はされているのですが、もっと分かりやすく、唾液を相手の口内にだしてあげると良いでしょう。

まずキスの前に、口の中に唾液を溜めておきます。そしてキスをしたとき、舌を使って相手の口の中に唾液を送ってください。

官能的なキスは、セックスの起爆剤

キスは、普通の軽いキスでも気持ち良いですが、官能的な刺激を与えることもできる、とっても奥が深いものです。さまざまなテクニックを身につけることで、男性はますます興奮して、もっと燃えるようなセックスができるかもしれません。

受け身で男性に合わせるだけのキスは、ちょっともったいないです。ぜひ、官能的なテクニックを身につけて、キス名人になりましょう!(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

▼唇も体もすべて求められる、キス専用美容液 

関連記事