アイコン ひとりHで開発! セックスで感じる体になるためのオナニー方法

2019.02.05

ひとりHで開発! セックスで感じる体になるためのオナニー方法

大好きな彼とのセックス。しかし「あんまり気持ち良くないな……」「良さがよくわからない……」って思ったこと、ありませんか? 彼のセックスがヘタクソという場合もありますが、それでも、彼の気持ちを盛り下げないために、演技をしたことがある人も多いでしょう。

せっかく大好きな人とセックスをするのだから、気持ち良くなりたいですよね。この記事では、セックスでイマイチ気持ち良くなれない人に向けて、セックスに備えた開発ができるオナニーをご紹介します!

乳首は縦方向に触る

乳首は、膣に次ぐ定番の性感帯なので、とくに開発しなくても、気持ち良さを感じられるかもしれません。しかし、中には「乳首はくすぐったいだけで、あんまり気持ち良くない……」という人もいるでしょう。

くすぐったいと感じる人にして欲しいのが、縦方向のタッチです。リンパや血液の流れに沿った縦のタッチは、身体にとって自然で、気持ち良さを感じやすいのでおすすめですよ。まずは、指先で触れるか触れないか程度の力加減で、だんだん刺激を強くしてください。

膣はまず下着の上から

膣を痛めないために、十分に愛液がでてくるまでは、時間をかけてください。濡れにくい人もいますが、オナニーをたくさんすることで、濡れやすくなる効果も期待できます。

しかし、中には「どうしても濡れない……」「濡れるまでに時間がかかり過ぎて、濡れるころには気持ちが冷めちゃう……」という悩みを持っている人もいるでしょう。そんなときは、無理をぜず、潤滑ゼリーを使ってください。

愛液の分泌は個人差がありますが、体調や精神状態によっても大きく左右されます。普段、愛液が分泌されやすい人でも、ときには「今日はあんまり濡れないな……」ということがあるので、念のため、ひとつ持っておくと頼りになりますよ!

▼【潤滑ゼリー】リューブゼリーうるおい

Amazonでみる

気持ち良いけど、足ピンはやめよう

「脚を延ばした状態でオナニーをすると、感度が上がって気持ち良い!」という人もいます。“足ピン”なんて言い方もありますね。しかし、この足ピン、セックスの感度を大幅に落としてしまうおそれがあります。

セックスの最中は、女性は脚を曲げている状態が多いので、足ピンの快感に身体が慣れてしまうと、セックスで得られる快感では物足りなくなってしまうのです。

クリトリスの刺激は、絶対に爪をたてない

クリトリスを触るとき、まずは指のお腹で優しくこすってください。中には「爪で鋭い刺激を与えたほうが気持ち良い!」という人もいますが、慣れないうちはNGです。

オナニーに不慣れな初心者の場合、力加減が分からず、傷をつけてしまうかも。効果的に刺激を与えて気持ち良くなって、なおかつ開発をするには、セルフプレジャー用のアイテムに頼ってみましょう。

おすすめなのが、株式会社TENGAからリリースされているirohaというアイテムです。ぱっと見では、オナニーに使うものだと思えないほど、可愛らしくおしゃれなデザインです。

▼iroha+ よるくじら


Amazonでみる

膣内の開発にも、専用のアイテムを使おう

セルフプレジャー用のアイテムは、自分で触るよりも、正しく効果的に刺激することができます。膣の中はとくに敏感なので、不慣れなまま指で触るよりも、できれば専用のアイテムを準備したいところです。

おすすめしたいのが、「TOKYO DESIGN MARO Kawaii No.11」です。膣の中をくまなく動き回るので、「膣の中でどのあたりが気持ち良いのか分からない……」という人は、きっとお気に入りの場所をみつけることができるでしょう。

▼TOKYO DESIGN MARO Kawaii No.11

Amazonでみる

また、Gスポットとクリトリスを同時に攻めることもできる、「TOKYO DESIGN G&C」もおすすめです。2カ所を同時に攻めて得られる快感は、一度ハマると抜け出せないほど強力です。

▼TOKYO DESIGN G&C
Amazonでみる

道具に頼った開発は効果的かつ気持ち良い!

あまりオナニーをしたことがない人の不慣れな指使いでは、刺激を上手く与えることができない、もしくは、強すぎる刺激で傷つけてしまうおそれがあります。セックスに備えて開発するには、道具を使ったオナニーが一番の近道でしょう。彼とのセックスに備えて、ぜひ開発しておきましょう!(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)
♡感度を磨ける♡
バイブランキング

関連記事