アイコン セフレと長続きしない女性の特徴3つ 遊びの関係で注意すべきポイントとは?

2018.12.10

セフレと長続きしない女性の特徴3つ 遊びの関係で注意すべきポイントとは?

みなさんはセフレを作ったことがありますか? ひょっとすると現在進行形でセフレがいる方も、今このコラムをご覧になっているかもしれません。

女性の中にはしばしば、これまで色んな男性とセフレになってきて、その遍歴だけは凄い数ですが、個々の関係にクローズアップしてみると、毎回表面をなぞったような質素な関係ばかりというケースもしばしば見受けられます。

男性から、「セックスはしたかったけど、別に長く続けたいというほどでもない相手」扱いされている女性っているものなんですよね。

もっと言えば、きっとこういう女性はセフレとして付き合うには物足りなかったり、何か言動に引っかかるところのある存在と認識されているわけです。

今回はこういった男性が飽きやすいセフレの特徴を、過去に筆者が見てきたセフレや、同性の友人の声を参考に、3つほど紹介してみたいと思います。

「こういうのがいいんでしょ」みたいなセックスを押し付ける

セフレを作りたがる男性の思惑は、果たしてどこにあるのでしょう。これはもう単純に、セックスがしたいときにすぐにアポが取れるような相手がほしいという一念に尽きます。

ですのでセフレを作る以上、ある程度は自分の求める理想のセックス像に合致した女性を探す必要があるわけですが、その理想についてあらかじめいちいち説明する男性って、なかなかいませんよね。女性も女性で、男性側の求めるセックスに対して、とくに聞き及ぶこともほとんどありません。

身勝手な話なのですが、いざセフレを作ってみたものの、相手の女性のセックス観に「ん~。ちょっと違うなぁ」と思ってしまう男性というのがいます。

彼らはみな口を揃えて「『ほらほら、こういうのがいいんでしょ?』みたいなノリで的外れなセックスを押し付けてこられても、ちょっと困るんだよなぁ」と勝手を言うのです。

自分の考えるセックスの理想。それだけを追い求めるなら相手にその趣旨を説明すればいいのに、それもせず、不満をもらすわけですね。

こういう男性はいずれ「やっぱ違うなぁ」と、結局最後まで相手に自分の理想のセックス像を伝えることなく、なんとなく関係を終わらせにかかります。

擬似恋愛をさせてくれない女性はすぐ飽きられる傾向が高い

セフレの本質は肉体関係のみの男女のお付き合いにあります。そこには一般的な恋愛関係のような強い情愛や結びつきはあまり必要とされません。

男性たちも、それをわかった上でセフレを作っているのですが、いざセフレができてそういう関係になったらなったで、ほどなくすると不満の種が芽吹くことが珍しくないんですよね。

たとえばセフレに対して、恋愛の真似事がしたいと思うようになるわけです。実際筆者の周囲にも「もともとセフレだった相手と付き合った」という話をする者がいますが、こういう男性が存在することからもわかるように、男性はセフレに対して、擬似恋愛を求めることって、よくあるんですよね。

いきなりホテルに行くよりも、ちょっと飲み屋でデートの真似事をしてからホテルに行きたいというような、要はわがままです。

その「擬似恋愛がしたい」というわがままに応えてくれないセフレには、身勝手なことに「なんかマンネリだなぁ。飽きたわ」みたいなことを思うようになるわけですね。

セックスの内容ではなく、別の部分でマンネリをおぼえて関係を終わらせようとする。こういう男性もそこそこいるんですよね。

依存心の強い女性は飽きる以前に男性が引く

それから最後に、これは本当に男性側も対処に困る事例として紹介したいのですが、ぶっちゃけセフレに依存する女性って多いです。

みなさんの周りにも、そんな女性の話って転がってると思いますが、この手の女性って正直男性としてもかなり手に余る物件になってしまうんですよね。

頻繁にLINEが来たり、通話を要求されたり、「競馬の中継じゃないんだから」と言いたくなるほど、こういうアクションが激しい女性をセフレにしてしまい、後悔した男性ってそこら中にいるんです。

でも、こんなのはまだかわいいもので、セフレの男性のことを猛烈に独占しようとして家に押しかけたり、みんなが閲覧できるSNSで肉体関係を示唆したりと、まさしくやりたい放題。

果てはがっつりと相手に依存してしまうような女性も過去に数人見てきました。ここまでされると、セフレに飽きる・飽きないの話でもなくなり、男性は確実に引きます。

恐ろしいことに、こういうことをする女性に「行き過ぎてる」という自覚症状はありません。多分該当する方が今これを読んでいても「そんな酷い人いるんだ~」ぐらいにしか思っていないはずです。それが怖いのです。

「この関係を続けたい」と思われるセフレになるには

今回紹介したような、男性が飽きるセフレの特徴といったものは、身に覚えがなくても意識しておくことが大事です。

せっかく体の相性が良い男性とそういう関係になったなら、お互い心行くまでセックスを楽しまないと損ですからね。

男性側に長く「この関係を続けたい」と思われるセフレになるには、この3点に該当しない女性になることが大事というわけです。

逆に「そろそろ彼とのセックスにも飽きたな」という場合には、意図的に今回挙げたポイントをなぞることで、関係解消に大いに役立つことでしょう。(松本ミゾレ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事