アイコン やり逃げされた! そんなときに落ち込まないための心得とは?

2018.11.13

やり逃げされた! そんなときに落ち込まないための心得とは?

ライターの大久保 舞です。生きていく中で「やり逃げされた!」という経験は、誰にでもある……というわけではないかもしれないですが、そんな悲しい経験をしたことがある方もいらっしゃると思います。

ワンナイトラブのように、お互いが割り切っているのであればともかく、真剣に付き合いたいと思っていた相手にやり逃げされた形になってしまったら、とてもショックですよね。

そこで今回は、やり逃げされたときに落ち込まないための心得をお伝えします。

そもそも、本当にやり逃げされたのか?

筆者が恋愛コラムニストになってから、いろいろなところで主張していることなのですが、そもそも、それは本当にやり逃げされたのでしょうか?

筆者の身近に、ずっと片思いをしていた男性と勢いでセックスしてしまい「付き合おうという話は出なかったから、やり逃げされたんだ!」のように悲しんでいる女友達がいました。

ところが、男性側は男性側で「体の関係を持ってから、あの子がよそよそしいんだけど、俺って遊ばれたのかな?」と言い出したのです。

2人の共通の友人だった筆者は、急いで2人が直接会う機会を設けたところ、お互いが相手に対して「やり逃げしてきた」と思い込んでいたということがわかりました。

誤解が解けた2人は交際をスタート。今では結婚して、幸せそうに暮らしています。このように、セックスをして、それからすぐに付き合うといった話にならなかったとしても、やり逃げされたとは限らないケースもあります。

セックスをしてから気まずい関係になってしまった、でも相手とはどうしても真剣に付き合いたい。そんなときは、勇気を出して、女性側から素直な気持ちを伝えてみるのも1つの手段でしょう。

自分の好意を利用されて、セフレにされるよりマシ!

とはいえ、セックスをした途端にLINEをブロックされたり、連絡先自体を変えられてしまったり、といった、明らかにやり逃げされたということがわかる場合もありますよね。

実は、筆者自身も好きだった男性にやり逃げされたことがあります。された当時は悲しいやらくやしいやら、とにかく苦しい思いをしました。

さんざん泣いたあとで、筆者が出した結論は「でも、自分の好意を利用されて、セフレにされるよりはよかったのでは?」といったものです。

女性側は真剣に付き合いたいと伝えているのにもかかわらず、明確な答えを出さずに、セフレという関係に持ち込んでしまう男性も、中にはいます。筆者個人は、セフレという関係は、双方が納得しているのであれば、なんの問題もないと思います。

ただ、問題なのは、男性側がセックス「だけ」をしたい場合に、女性側の自分に対する好意を利用して、いわゆる都合のいい女にしてしまうこと。

こうなってしまうともう泥沼で、相手の男性のことは好きだから会いたい、でも会ってセックスをしたら即帰宅させられる……そんな不毛な関係になってしまいかねません。

「セフレから恋人になるにはどうすればいいのか」というのは、恋愛コラムサイトでは鉄板のテーマです。

つまり、それだけ望まない形でセフレになっている人が多いということなのでしょう。苦しい関係を延々と続けることになるぐらいなら、やり逃げされたほうが、まだ潔いといえるのではないでしょうか。

そんな男性と付き合わなくてよかったと思えたら勝ち!

やり逃げするような男性は、一言で言うと最低です。とくに、セックスをしたあとは調子よく「またこっちから連絡するね!」などと言っていたのに、すぐにブロックをするような男性は、人間としての最低限のモラルにも欠けているといえるでしょう。

最低限のモラルも欠けているような男性とお付き合いしていたら、もっとつらい思いをしていたのではないでしょうか?

勝ち負けで表現することも変かもしれないですが、そんな最低の男性と付き合わなくてよかったと思うことができたら、勝ちです!

自分のようないい女と、1回セックスしただけで満足してしまうなんて、もったいない男だ……。大げさに感じるかもしれませんが、これぐらいに考えてしまっていいと思います。

「どうしてもセックスしたい!」と思える人とだけしよう

根本的に、セックスをするときは「この人と、どうしても今セックスしたい!」ぐらい、熱烈に思える男性とだけ、セックスをすることが理想ではあります。

間違っても、好きでもない相手の押しに負けたり、その反対に、好きだからという理由で、安易にセックスを許したりすることはオススメしません。

筆者がとても心配なのは、女性がやり逃げされた際に「私ってそれぐらいの価値しかないんだ……」と思い込み、自信を失ってしまうことです。

当たり前のことですが、1人の男性にやり逃げされたからといって、その女性の全てが決まるわけではありません。

やり逃げされたときに、一番必要な「落ち込まない心得」とは、自己嫌悪に陥らず、自分自身を大切にしてあげることなのかもしれないですね。(大久保 舞/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事