アイコン 早漏彼氏、遅漏彼氏と、悩みのつきないわたしたち

2018.08.27

早漏彼氏、遅漏彼氏と、悩みのつきないわたしたち

みなさんは、「早漏」「遅漏」という言葉をご存知でしょうか。ある調査によると、日本人男性の約43%が早漏、または早漏気味の悩みを抱え、反対に約16%の男性が遅漏に関して悩んでいるそうです。今回はさまざまな早漏・遅漏エピソードをご紹介して参ります。
あなたの彼はもしかして、早漏?遅漏…?

そもそも、早漏と遅漏の定義は?

それぞれ定義は難しいのですが、医学的には早漏とは膣内に挿入後、1分以内に射精してしまうこと、遅漏は本人の意思に反して射精が過度に遅れること、だそうです。ある調査によると、挿入から射精までの平均は7~12分だそうなので、それを基準に早漏気味、遅漏気味を大まかに判断することもできるでしょう。
また別の調査によると、女性は平均15分以上の挿入で、膣の渇きや痛みを覚えはじめるそうです。早漏と遅漏の差というのは、分数で定義するとこのような形になるのですね。では実際、早漏、遅漏で悩んでいるカップルはどのような点で困っているのでしょうか?

私の彼は早漏


ではまずは、早漏傾向のある男性たちをパートナーに持つ女性のエピソードを見てみましょう。
 
「私の彼は早漏だと思います。セックスのとき、前戯はきちんとしてくれるのですが、実際挿入してからは、挿れて30秒もつかもたないか…挿れた途端に出してしまうこともよくあります。当然それでは私は満足できませんし、さすがにそんなに早くイクこともできません。私は膣内でイッたことはないですね。本当はどんな感じなのか、経験してみたいのですが…」(24歳/接客業)
 
早漏なセックスパートナーをお持ちの方が共通して口にするのが、「挿入すると、特に一度目はすぐ射精してしまう」ということ。確かに毎回30秒では、こちらはオーガズムに達することが非常に困難ですよね…。
 
「私の彼も早い方です。最初に挿入してからは、まず3分はもちません。ウルトラマンか!と内心一人ツッコミです(笑)そこからしばらく休憩すると、次は5分くらいもつこともあるんですけど、それでも5分…私はなかなかイけないです。ちょうど気持ちよくなりはじめた頃に彼が先にイってしまうので。彼は回数をこなすことはできるので、3回くらい頑張ってくれるときもあるんですけど、一度抜いてしまうと私の方がトーンダウンしてしまって、最後まで不完全燃焼ということも多いですね。」(27歳/受付業)
 
回数をこなすことができるのは頼もしいですね!男性にとっては、セックスで何度もイケるというのはどんな気分なのでしょうか。毎回同じくらい気持ちいいのか、それとも一度目程の気持ちよさは無いのか、気になるところではあります。
 
「私の夫も、そのまま挿入すると1分くらいでイッてしまうので、私たちはまず最初に、私が手や口で一度抜いてから挿れるようにしています。それでも2回目以降ももって2~3分かなぁ…セックスが細切れになってしまうので、なかなか気持ちよくなれません。挿入の段階になると、あ、そろそろ終わりだなというかんじで、私も少し冷めてしまいます。前は前戯をきちんとしてくれたのですが、最近疲れている時は一方的に夫が気持ちよくなって終わっているようなかんじで、私はあまりやる気が出ないことも多いです。」 (28歳/銀行)
 
パートナーを一度射精させてから挿入するのはいいアイディアですね!でも、挿入時間が短い分、前戯はきっちり時間をかけてほしいところ。女性側に不満がつのるのもよく分かります。

私の彼は遅漏


次に、遅漏傾向のパートナーを持つ女性たちの話を聞いてみましょう。
 
「私の夫は遅漏の傾向があります。私たちが最初にセックスしたとき、なんと7時間かかっても彼はイケなかったんですよ!もうびっくりしました…。
何度か抜いて休憩したりしながら再挑戦したんですが、ずっと勃起してイかないまま。なにか薬でも飲んでるのかと思ったけど、それも違う。口や手で出そうと頑張ってみたんですけど、無理でした。
実際彼が射精できるようになるまで、一週間かかりました。そのあとは、1回1時間くらいでイケるようになったので、最初は緊張してたのかな…でも1時間でも正直きついです。気持ちよくなれるのはいいけど、セックスが終わった後は疲れてしまって、私はもう動けません!」(30歳/公務員)
 
7時間のセックスとは!その間何度も挿入されたらと考えると、大変ですね。遅漏傾向のパートナーを持つ女性には、この方面の体力が必要とされるようです…。
 
「私の彼は遅漏だと思います。セックスで、特に膣内でなかなか射精できません。私も頑張って、口や手で気持ちよくしてあげようとするんですが、正直私は楽しくありません。挿入しているときも、時間がかかりすぎると乾いてきて痛いので、ローションは必須です。
それにだんだんシラけてきちゃって…セックスには平均4時間以上かかるので、終わるころには汗びっしょりだし、時間がかかるので頻繁にはできません。彼はそれ以外のとき、自分で抜いてるみたいです。
こうやって徐々にセックスが面倒になっていって、セックスレスになってしまうんじゃないかと心配です。」(25歳/教育)
 
平均4時間では、確かにローション必須ですよね。時間がかかることで、頻繁なセックスを諦めざるを得ないというのは悲しい問題です。セックスレスのことも、不安になりますよね。
 
「私の夫の問題は、セックスではいけないということです。前戯は気持ちいいし、しっかり時間をとってくれるのはいいんですが、挿入の段階になると、どれだけ頑張っても中ではイケないんです。しかも、疲れてくると硬さが保てなくなってくるし…毎回いろいろ努力していますが、結局最後は膣から抜いて、私が口か手で出すしかありません。もしかしてなにか精神的なことに原因があるのかも?とも思うんですが、夫はそんなことで病院に行くのはイヤだと言うし。夫にとっては、膣内でイケるかイケないかは、大した問題ではないのかもしれませんが、私は子どもが欲しいので、膣内で射精してもらえないのは困ります。このままでは体外受精などで子どもを作るしかないんじゃないかと不安です。」(29歳/医療関係)
 
これはなかなか深刻な悩みですね…。医療の分野でも、特に重大な問題になるのは早漏ではなく遅漏の方だそうです。これはここでも述べられているように、膣内で射精できない場合は自然生殖が難しくなってくるためです。体外受精となるとお金もかかるので、悩むのもよく分かります。

前戯で抜いて!早漏の彼への対策

早漏・遅漏、それぞれの悩みをご紹介しました。では、どうすれば早漏な彼と素晴らしいセックスをすることができるのでしょうか?

彼が早漏傾向で悩んでいる女性におすすめなのは、挿入1回あたりで考えるのではなく、全着から全てひっくるめて1回と考えることです。まず挿入前に、前戯の一部として一度口や手で抜くか、一度目から膣内の場合は、最初は彼のペースで好きにイかせてあげましょう。
そして、挿入前に前戯で一度こちらをイかせてもらうのも非常に有効です。彼だって、自分が早漏傾向があるということに負い目を感じていたり、気にしていることが多いのです。体を変えようがないのなら、行動を工夫してもらいましょう。

前戯でしっかり気持ちよくしてもらい、あなたがイくギリギリで挿入してもらうと、うまくいけば一緒にオーガズムに達することが出来るかもしれません。彼も、自分がちゃんとセックスが出来るという自信がついていくことで、セックスライフはより良いものになっていくことでしょう。

痛みは伝えて!遅漏の彼への対策

次に、遅漏傾向のある彼とのセックスへの対策を考えてみましょう。まず、遅漏気味な彼とのセックスの際は、あなたの体をサポートすることを第一に考えましょう。潤いが足りなくなりそうなときは、遠慮なくローションを使いましょう。プレイの一環として最初から使うようにしておけば、途中で彼を心配させたりすることもないでしょう。
bda ORGANIC オーガニックジェリーローションソフト ユズ&グリーンティ ¥2,592
Amazonでみる

そして、疲れた時や痛みが伴うときには、遠慮せず彼に伝えて一度休憩したり、一旦性器を抜いて前戯に戻ったりしてみましょう。セックスは2人が気持ちよくなるための行為なのです。あなただけが痛みや不快感を我慢することはありません。

遅漏傾向の彼とのセックスでは、とにかくあなたを前戯で気持ちよくさせてもらうことも重要です。前戯でしっかりイかせてもらい、しっかり濡らしてから挿入することで、痛みをはるかに軽減することができます。もう一つの有効な方法は、あなたが一度オーガズムに達したあと、彼にお返しとして、彼がイク直前になるまで、口や手で愛撫してあげるというもの。遅漏の男性に話を聞くと、口や手の愛撫ではイケるという人が多く(これは精神的なもの、またはオナニーのしすぎや、手荒なオナニーの癖がついてしまっている人に多いようです。)ギリギリまで興奮を高めてから挿入することで、膣内で射精できたという例もあります。
まずこの方法を試してみて、それでも挿入すると萎えてしまう…といった場合は、どうすれば状態を改善することができるのか、彼と話し合う時間を設けるか、彼に専門家と相談してもらうのがいいでしょう。

早漏・遅漏、それぞれの悩みがある

早漏・遅漏と、冗談めかして話されることも多いですが、当事者たちの悩みは真剣そのもの。それぞれに深い悩みがあることが分かります。

大まかな攻略テクニックとしては、早漏の彼には、一度目の射精は前戯の一部と捉えることと、とにかく自分が先に興奮しておくこと。遅漏の彼には、痛みの軽減に努めることと、とにかく彼を先に興奮させておくこと。しかし両方のケースで言えるのは、どちらにせよ、自分自身のオーガズムに集中し、しっかり1回はイク機会を設けることで、不満が減るのではないでしょうか。女性の性は男性に比べて軽視される傾向があり、女性が自身のオーガズムの重要性を考える機会も少ないものです。男性が一度のセックスでイケるかイケないかを悩むのに対して、女性の中には一生かかって自分は何回セックスでイケただろう?と考える人も多いのですから!



あなたのオーガズムは、とても大切です。そして彼にとっても、それ以上に大切なのです。男性のプライドを何より満足させるのは、女性を喜ばせることができたということ。つまり、あなたが心底満足できるセックスを追及することが、ひいては彼の満足にも繋がるのです。女性のみなさん、ぜひとことん、気持ちよくなれるセックスを追及していきましょう!(恵理世/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事