アイコン 元熟女AV女優が教える、不倫男の本音と彼が溺れるセックステクニック

2018.08.24

元熟女AV女優が教える、不倫男の本音と彼が溺れるセックステクニック

既婚男性との恋愛に苦しむ女性たちを対象に開かれたセミナー、「元セクシー女優が贈る 愛する彼の一番になる禁断のメソッドセミナー 自信マインド・不倫男性の本音・彼が溺れる夜のテクニック編」。

7月14日に、新宿区のとある会議室で行われたこのイベントを取材してきました。講師は、不倫恋愛アドバイザーの松本亜璃沙氏。松本氏は、2004年に松本亜璃沙名義でAVデビューし、熟女系のAV女優として多数の作品に出演。熟した身体と相反する幼い顔立ちから“ロリ熟女”なる言葉が生まれるほどの、元人気セクシー女優。

そんな氏が確立した「彼に振り回されない自信と、不倫男性の本音と、一生彼が溺れる夜のテクニックが手に入る」という、独自のノウハウたっぷりの3時間の一部をレポート、その後編です。

既婚男性が不倫の彼女に求めるものとは


不倫中、失くしがちな自信をどのようにしてキープするかのマインドセットと、妻から彼を略奪するためのメソッドを公開した第1部に引き続き、第2部は、松本氏が不倫経験のある既婚男性を集めて開いた座談会の映像の上映がメイン。

4人の不倫経験者の男性たちが、なぜ不倫をするのか、不倫相手に何を求めているのかを、赤裸々に語ってくれていました。その一部を抜粋してご紹介します。

まず最初のテーマは、「不倫の彼女に求めるものとは」。

「癒しというのか気遣いというのか、そういったところのある女性と出会ってしまったので、そういうことになった」(A氏)

「嫁の気持ちが離れているのがよくわかっていて、他に自分を必要としてくれる女性があったので。お互いに帰る場所はあったもしれないけど、お互いに必要としていたっていう」(B氏)

「人のものだからいいっていうか。たまたま、好きになった人が結婚してたっていうけど、でも、人のものだから燃えるっていうのも必ずあると思うので」(C氏)

「既婚男性は、自分の妻にはないものを、不倫相手の女性に求めているんです」(松本氏)

“人のもの”という背徳感はさておき、“癒し”と“必要とされている実感”……夫婦となって生活を共にすると、相手に対しての気遣いや、優しさが失われがちだということは、よく言われています。しかし、いざ男性の口から聞くと、なかなか重みがありました。

LINE攻撃や妻への嫉妬があると「めんどくさい」

お次の、「不倫の彼女にして欲しくないこと」については、こんな男性のリアルな気持ちを聞くことが出来ました。

「ほっといてくれるのがいいですね。こっちが連絡とりたい時に取りたい。仕事が忙しい時にLINEとかメールとか来ると、もうそこでめんどくさいなって思っちゃったりするんです。その子が好きとか嫌いとかじゃなく。めんどくさいって思うのがひとつついてしまう」(D氏)

「メールの返事をしないって怒られたり、あとは妻との性生活を聞かれたりとか。それはちょっとね。それは全然違うところだろって。『嫁さんとどっちがいい?』とか比較されたりとか」(A氏)

「『早く奥さんと別れて』とか『結婚してくれるの?』とかは辞めて欲しい」(B氏)

“相手の妻”というライバルが見え隠れする不倫の恋愛の中で、どうやって絆を深め、いかにして自分を「一番」の立場に持っていくかは、既婚者の彼と付き合っている女性が一番知りたいこと。そのために、当の男性たちの本音を知ることは、大いに役立ちそうです。

これ以外にも「どうしたら、一番になれるのか」「本気か遊びかの見分け方」「不倫の彼女に対する責任をどう考えているのか」などなど、なかなか切り込んだテーマでの座談会映像と、松本氏の解説が終わったところで、第2部終了。そして休憩を挟んでお待ちかねの第3部は、「彼が溺れる夜のテクニック」の実技です。

あなたと離れられなくなる、彼が溺れる夜のテクニック


ここで、シークレットゲストの超有名AV男優が登場。会場がざわつきに包まれました。そのゲストとともに、これまでの数々の経験から見出したセックスメソッドを展開。

「彼の股間とプライドを勃てれば、彼の心は離れません」(松本氏)

ということで、そのテクニックを極々一部だけ紹介すると、

「先手が男だった場合、男の攻め方はイコール、してもらいたいこと。だから、先手を男子に取らせたら、観察すること」(シークレットゲスト)

「エッチ中、目は口ほどにモノを言う。口で囁いたりするのは、恥ずかしがり屋さんとかはなかなかできないと思うんだけど、目で彼に伝えればいいと思ってるんです。」(松本氏)

という、比較的試しやすそうなテクニックから、「正常位」や「騎乗位」「バック」といった、それぞれの体位を取る時のポイントまで、アダルトビデオの現場で活躍してきたプロフェッショナルの2人だからこその説得力に、会場のボルテージは最高潮に。

エッチの時だけじゃない! バリエーションキス

そして最後は、実践タイム。「エッチの時だけじゃない! バリエーションキス」と題して、キスのテクニックを目の前で披露してくれました。実践タイムでは、後方の席のお客さんが席を立ち前方へ見に来るという白熱ぶり!!

「『大好きをかわいく伝えるキス』や「『予想外のキス』などなど、イチャイチャキステクニックを実演する松本氏。お相手役のシークレットゲストは「これはかわいい。ヤバイ!」とメロメロになっていました。そうか、不倫女性は、こんなに恋人である“既婚の彼”に甘えるんですね……。

どんなに仲がよかったとしても、夫婦になって何年も経つと、ベタベタイチャイチャはなくなりがちです。けれど、不倫男性たちはこうした、付き合いたての恋人同士のような行動にときめき、「癒し」や「自分を必要とされること」を感じるのかもしれない、と思った次第です。

最後に、講師を勤めた松本氏に話を聞いてみました。

「まったく不倫と関係ない男性や女性に、私の仕事内容を話すと。『それは、不倫恋愛を応援してるの?』『略奪を推奨してるの?』って聞かれるんです。不倫恋愛と関係ない人はそう思うんだろうなって思うんですが、私は不倫だから応援してる訳ではないし、私に相談に来る人たちも、奥さんから彼を略奪しようとしてる訳でもないんです。

私は愛してる彼と一緒になりたい女性と、その女性が望む未来を応援してるだけなんです。そもそも彼は奥さんの所有物ではありません。奥さんから盗んだ訳ではなく、奪ったというなら彼の ハートを盗んだだけ。あなたに惹かれた彼の心を盗むのは合法です(笑)

不倫中の女性の自信のキープの仕方、不倫する既婚男性の思惑、そして「彼にとって一番になるため」のベッドテクニック……発見あり、驚きありの3時間。このルポで紹介したのは、ほんの一部です。

もっと知りたい、興味のあるという方は、セミナーの一部始終を収録したDVDが8月24日に発売に先駆けて予約開始されるらしいので、チェックしてみてはいかがでしょうか。(大泉りか/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

松本亜璃沙
不倫恋愛アドバイザー。不倫の恋に悩む女性たちを、対面・電話・LINEを通して多くカウンセリングしている。今回取材したセミナーを収録したDVDは8月24日に予約開始。詳しくは以下サイトから。
『平成最後の小悪魔 元セクシー女優がお届けする愛する彼の一番になる禁断のメソッドカウンセリング』:https://lovelykaorin.wordpress.com/
松本亜璃沙ブログ:https://ameblo.jp/lovelykaorin0923/

【関連記事】

関連記事