アイコン 信じるか信じないかはあなた次第!彼からの「体調悪い」LINE

2018.08.18

信じるか信じないかはあなた次第!彼からの「体調悪い」LINE

もはや「LINE」は生活の一部になったと言えるほど、世界中の人たちに活用されています。

しかしながら、便利すぎるがゆえに、今まで感じなかった感情が生まれてしまうのも事実。
既読スルーされると「彼に嫌われているのではないか」と疑ったり、LINEの内容に一喜一憂することも多くなっているはずです。

今回は、ウソかホントか分からない「彼からの『体調悪い』LINE」について、考えていきましょう。
お互いの信頼関係が確かなものであれば、きっと心配するであろう「体調悪い」。でも、本当なの?と勘ぐるのは、あなたが彼のことを100%信じ切っていない証拠です。

さぁ、信じるか信じないかは、あなた次第。
「体調悪い」に隠された、彼の本音を探っていきましょう!

デート当日に「ごめん。体調が悪い」とLINE。信じる?

はじめに、あなたの彼に対する信頼度をチェックしていきます。
 イメージしてください。
 
楽しみにしていたデートの当日、待ち合わせに向けて、ウキウキでメイクをしていた時に、彼から一通のLINEが来ました。
「ごめん、何か体調悪い」の一言。
「大丈夫?」と返信すると「体調悪い。今日無理かも」とのこと。
さて、ここであなたの心の中には、どのような感情が芽生えますか?
 
1.「大丈夫かな?」と彼の体調が心配でたまらない
2.「え?本当かな…」と彼がウソをついているのではないかと疑う
 
 
1の「心配でたまらない」を選んだ人は、2つのタイプに分かれます。
<彼との信頼関係が成り立っている人>と、<彼に騙されていても気が付かない純粋な人>です。

また、2の「ウソじゃないかな?」を選んだ人も、2つのタイプに分かれます。
<彼のことを心から信じられていない人>と、<心配性>の人です。

体調が急に悪くなったり、大丈夫だろうと思っていても急にぶりかえしてしまう場合は誰にだってあります。特にインフルエンザや感染性胃腸炎が流行る時期には、寝る前は元気だったのに、起きた瞬間にビックリするほどの高熱が出ていることも少なくありません。

彼が「体調が悪い」とLINEで送ってきているのは、本当であるパターンを第一に考えてあげましょう。
もしかしたら、あなたに風邪を移さないように気を遣ってくれているのかもしれませんし、はじめから疑うのは失礼な話なのかも。
では、彼のLINEの内容が本当なのか?を、更に探っていきましょう。
 
「デートはまた今度。」と返信してみよう
 
体調が悪いと彼からLINEが入っていたからといって、デートの約束がキャンセルになったとは限りません。次の候補日を提案して、彼のデートに対する熱量を測ってみましょう。


彼女「デートはまた今度にしよ、いつがあいてる?♡」
彼「ごめんね、〇日があいてるよ。」

この場合、恐らく彼のあなたへの気持ちは変わっておらず、心配することはないといえるでしょう。


彼女「デートはまた今度にしよ、いつがあいてる?♡」
彼「うーん、わかんない。わかったら連絡するわー」

その日のデートを断るだけではなく、今後のデート自体にも乗り気じゃない…。こういった場合は、「体調悪い」を理由にしてどうにかデートを断ろうとした、という可能性がうかがえます。

◆「私、看病しにいくね」と返信してみよう
関係性によっては、彼の家に看病にいくと提案してみましょう。やり取り次第で彼のウソが見破られるかもしれません。

 
彼女「私、看病しにいくね」
彼「本当に?だるくて動けないし、心強い。ありがとう」
 
この場合は、彼はシロ!つまり、本当に具合が悪いのだと思います。
彼女が自宅に来ることに違和感もないですし、看病に来てもらえることが嬉しそうです。
問題は、パターン2です。

 
彼女「デートはまた今度。私、看病しにいくね」
彼「移ると悪いから来なくていいよ!」
彼女「大丈夫。マスクするし!」
彼「俺、病院に行くかもしれないし」
彼女「じゃあ、家でご飯作って待っているね」
彼「あー食欲ないし。コンビニで買うから来なくていいよ」
彼女「いいよ。家いくね!」
彼「今日は、本当に来なくて大丈夫だって!」
 
この場合は、クロである確率が高くなりますね。
なぜなら、彼女が自宅に来ることを必死になって、止めているからです。
また、病院に行くかもしれないと言って暗に自宅を留守にしている可能性があることも伝えています。彼女なんですから、先に自宅で待っていても問題ないと思いますが、そんなに自宅に来てほしくない理由があるのでしょうか?
怪しいと思われても仕方のない、LINEのやり取りです。

リアルを知る!体調悪いLINEからの浮気エピソード

今まで、彼氏から体調が悪いLINEが来て、信じ切っていませんでしたか?
こちらで、参考例としてご紹介したLINEのやり取りは、すべて実際にあったものです。
あまり考えたくはありませんが、彼氏からの「体調悪い」LINEをきっかけとして、浮気が発覚してしまったケースは珍しくはありません。
リアルなエピソードを、こちらにまとめてみました。
 
エピソード1.サプライズ看病が浮気発覚に!(20代・A子さん)
 
仕事終わりに一緒に食事をする約束をしていたので、その日は残業をしないようにと、朝から必死に仕事をこなしていました。すると、17時頃彼からのLINE。
前の晩に電話をした時も、とても元気な様子で今日のデートを楽しみにしていたので、「もうすぐ会社をでるよー!」という連絡かな?と思っていました。
でも、実際には「ごめん。体調悪いからまた今度。家に帰って寝るわ」という、何とも素っ気の無い内容。
「大丈夫?」とすぐに返信しましたが、既読スルーの状態で、全く返信がありません。
いつもなら返事が来るのに、何だかおかしいなと感じた私は、お粥やスープの材料を買って、急いで彼の家へと向かいました。
 
 
玄関に来たところで、ちょっとビックリ…彼の自宅アパートから、なんだかご飯のいい香りがしてくるのです。
彼は全く料理ができないので、自宅で食べるときはコンビニ弁当か、カップラーメンだったはず…。
ピンポーンと玄関のベルを押すと、部屋にいるはずなのに無言の彼。「ちょっと開けてくれる?なに作っているの?」と聞いても、「あ、うん。」と黙りこくっている彼。
私もバカではないので、これは別の女が料理を作っているのだと直感で気が付きました。「もう、バレているよ」とドア越しに伝えると、しぶしぶ出てきました。
 
 
「ごめん」と謝られた彼の背後からは、おいしそうな炊き立てのご飯の香りがしていました。
トントントンという、おぞましい音も聞こえてきます。
後で問い詰めると、体調が悪いのは本当だったらしいのですが、会社後輩が心配してごはんを作りにきてくれたとのこと。でも、それって彼女以外の子に頼む必要ありますか!?
自分では正当そうな理由を言っていますが、これは浮気確定ですよね。
昨日の楽しそうな電話も、全て今日ドタキャンするための演技だったかと思うと気持ち悪いです。もうこうなった以上は、別れるしかありません。
LINEで「さようなら」と送って、あとは全て既読スルー!
 

エピソード2.体調悪い彼の浮気痕跡をゲット(30代・B子さん)
 
彼氏に「今日ご飯いかない?」とLINEをしたら、「昨日から体調を崩しているから、今日は早く帰って寝るわ。○○も無理しないでな。早く家に帰れよ!」と返信がありました。
確かに、大きなプロジェクトのメンバーになっているのは知っていましたし、正直なんの疑いもありませんでした。
でも、私は彼を誘ったときから、胃袋の中が外食モード!
彼と行きつけの居酒屋へ、空っぽの胃袋を満たすために向かいました。すると、そこの店主からビックリするようなことを聞いたのです。
 
 
店主「あれー?今日は宅飲みの予定ではないの?」
私「え?なんで?」
店主「さっき○○君が、牛タンステーキを4人前と漬物盛り合わせとかを持ち帰りにしていたからさ。一緒に食べるんだと思っていたよ」
私「へ~誰と食べるんですかね…」
店主「俺まずいこと言ったかな。あれれれれ」
 
体調悪い人が、1人で牛タン4人前食べるのはおかしいですよね。
浮気の可能性もあるのではないかと、私が疑い始めたのはこの時からです。
  
彼はもっぱらの日本酒党なので、自宅で飲む時に空き缶が発生することはありません。
でも、ありました!絶対に彼が飲むことが無いような、甘いカクテル系の空き缶が!
「これって、○○が飲んだの?」と聞くと「たまには飲むよ」との話でしたが、5年も付き合っていて1滴も飲んでいるところを見たことがありません。
私が飲んでいる甘いカクテルを、ジュースだとバカにしていたのは誰でしょうか。
頑なにごまかす彼にも腹が立ちましたし、何より信頼はガタガタと崩れていきました。
もう体調が悪いと言われても、多分信じません。
次はスマホをチェックして、確実な浮気の証拠をゲットしようと思います。

信じるか信じないかは、あなた次第です。

体調が悪いと彼が言っているのなら、彼女としては信じてあげたいところですが、もう世の中浮気や不倫が多すぎる!
だから、疑い深くなってしまうのも仕方ありません。
「体調が悪い」というLINEの裏側で、本当は彼が何をしているのか気になってしまいますよね。
クロの場合、1回だけのやり取りでは分かりませんが、彼と何度かやり取りをしているうちに、ボロが出てくる場合がほとんどです。彼の浮気になんとなく気づいていても、グッと堪えて知らないふりをするのも、1つの方法である場合もあります。
最後に言えることは、「信じるも、信じないもあなた次第!」(ねこむすめ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事