アイコン 「とりあえずヤってみる」は悪いことじゃない!? 付き合う前にセックスするメリット

2018.07.23

「とりあえずヤってみる」は悪いことじゃない!? 付き合う前にセックスするメリット

好きな人ができると、「付き合いたい」より「セックスしてみたい」の方が勝りがちになる、カサイユウです。このような恋愛生活を送ってきたので、人から「セックス大好きなスケベ女なんですね?」と言われることもありました。自分でも「そうなのかな?」と思っていたのですが、よくよく考えてみるとどうやら違うようなのです。

私が好きな人とセックスしたくなる時の思考回路は、「この人のこと、もっと知りたい!」「セックスすれば、この人のことがもっと分かるはず!」という、いたって感情的で感覚的なもの。残念ながら、打算で恋愛できるほど賢くもありません。興味を持てない相手とはセックスはおろか、キスさえしたくないのですから、これはもうただの恋愛体質ですよね。

それはさておき、世間から見た「付き合う前にセックスする」という行動ですが、どうやら賛否が大きく分かれるよう。とくに潔癖な性格の人にとっては、理解しがたいことかもしれません。一般的には不名誉な「性にだらしないヤツ」というレッテルを貼られてしまうことも、大いに考えられます。

私としては、そんなもの屁でもないほどのメリットがあるように感じています。「気になる人とは、とりあえずヤってみる」って、実はそんなに悪いものではないと思うんですよ。

さて今回は、私が考える「付き合う前にセックスするメリット」を解説いたします。

付き合う前に、相手の「素の姿」を見ることができる

付き合う前にセックスをする、その最たるメリットは「相手の素の姿が見られること」。

相手の素の姿を見ることが、なぜメリットなのでしょう? それは「これからこの人と長い恋人生活を送れそうか?」の判断材料となってくれるからです。一度付き合うことになったからには、しょうもない理由で簡単に別れたくはないですよね。

セックスしていない状態でのデートというものは、お互いに素を見せにくいものです。だって、お互いが相手にもっと好かれたいんですもの。素を見せ合うキッカケがなければ、お互いに“良い人の仮面”を被った状態が続きます。

それが一度セックスすると、高確率で“良い人の仮面”が剥がれてしまうのです。お互いに気を許し始めるんですよね。それも、すごいスピードで。

“良い人の仮面”が剥がれた相手を目の前にすれば、「この人とこれから付き合っていけるかな?」という検討ができます。同時に、自分の素の姿を受け入れてもらえそうかどうか、その感触も分かります。ここで相性が良ければ、まどろっこしい恋愛テクニックなんて使うまでもなく、自然にお付き合いが始まりそう。または「この人とはムリ!」と判断できます。

「ヤった途端に冷たくなる男」は実在します

「この人と付き合いたい……かも?」という気持ちがあっても、セックス後の相手の行動によって恋心が冷めてしまうことがあります。例えば、ヤった途端そっけなくなる男とか。

ベッドの上でお互い全裸になったにもかかわらず、話しかけても生返事、視線はテレビに釘付け。かまってオーラを全力で放出するも、なしのつぶて。でも2回戦はする……という分かりやすさには、清々しささえありました。

セックスする前はあんなにイチャイチャしてたのに……と思うものの、この豹変ぶりを受けて「セフレならイケるけど、恋人はムリ!」とジャッジできたのは大きな収穫。体の相性は良かったので、その後はしばらくセフレ的な付き合いが続きました。

このエピソードのように、そっけなくなる程度なら、まだマシかもしれませんね。「一度ヤったら人の悪口や不幸自慢ばかり」「実はモラハラ男だった」「学生時代のダッサい武勇伝や元カノ話を語ってくるようになった」……どれもあり得ない話ではありません。

それでも好きでいられたら「そういうの良くないよ?」なんて、相手の人生が上向きになるようなことを言ってあげられるんですが、そこまでの気持ちがなければ、それ以上は付き合う必要がないですよね。一度セックスしてみることで相手の本質が見えやすくなりますし、それは恋人探しにあたって指標のような役割を担ってくれるのかもしれません。

セックスの相性が分かる

セックスは、ふたりでするもの。進め方や触り方などは、ひとりひとりが時間をかけて構築してきたものです。その分、一方の努力ではどうにもならないこともあります。

一度ヤってみることで「キスの仕方がどうも好きになれない」「好きな体位がうまくいかない」「もしかして合わないかも?」と感じた時に、いったん立ち止まって今後どうするのかを考えることができます。「付き合うのはムリ!」とバッサリ切ってしまうか、はたまた「セックスの相性には目をつぶってでも付き合いたい!」と決断するのか、持ち帰っての判断ができるようになります。

付き合い始めてから「やっぱり合わないから別れる」という選択をするのも、決して間違いではありません。けれど、人によっては簡単に割り切れる話でもないですよね。別れ話って、それだけで相当のカロリーを使うことですから。

さらに、別れた理由が「セックスの相性が合わなくて」だと、双方の心にダメージが残ることもあります。どちらかに「セックスが原因でフラれた」という記憶が残り、それからセックスに消極的になってしまうのは、やはり悲しいものです。

相手の本質が見えやすくなり、探るようなことをしないで済む

新しい恋愛のスタートは、非日常的なときめきを感じさせてくれます。しかしその反面で、相手に探りを入れることの疲れも生み出します。もちろん「時間をかけて少しずつ分かり合っていく恋愛」は素晴らしいもの。

ただ、付き合うより先にセックスすることで相手の飾らない姿が見えると、好みや怒りのツボ、ストレスを感じた時にどんな行動を取るのか……なんてことが分かりやすくなります。

例えば、お出かけデートって楽しいことばかりではないじゃないですか。テーマパークでの待ち時間や、飲食店で配慮に欠ける対応に見舞われた時に、もし相手が幼稚な行動を取る人だったとしたら、付き合ってから苦労します。

セックスは本能でするものなので、デートよりもはるかに本質が見えやすくなるはず。相手が思うようにイケない時、どんな行動を取るのか見ておきたいと思いませんか? ムリヤリ挿入を続けられて、こちらは痛い思いをするだけ……なんて、思いやりのないセックスをする人だとしたら、恋人としてはとても付き合いにくいです。

先にセックスしておくことで、少なくとも“こちらがダメージを受けるばかりの恋愛”は回避できそう。さらに、相手の素の姿が見えやすくなることで、付き合った後にうまくいくかどうかが、ある程度分かってしまうのです。(カサイユウ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事