アイコン 束縛男子の特徴・4つ

2018.06.06

束縛男子の特徴・4つ

男女間でよく問題になるのが束縛。束縛されるのが苦手な女子も少なくありませんよね。事前に束縛するタイプかどうか判断できれば、後になって大変な思いをしなくても済む可能性も。素敵な男子に巡り合うために、束縛する男子の特徴を4つご紹介します。
自分に自信がない男子は、ほかの男子に比べて自分に魅力がないと思いがちです。そんな自信のない気持ちから、好きになった女子に対して、ほかの魅力的な男子に取られたくないと思うことがあります。「オレなんて。」などという自信のなさが、束縛することに繋がってしまうのでしょう。あまりにも謙そんして自分のことを話す男子は、自分に自信がない可能性があるので、男子の発言に注意して耳を傾けてみてくださいね。
友達があまりいないタイプの男子も束縛するタイプかもしれません。特に女友達ではなく、男友達が少ない男子には要注意です。友達がいない分、日々の予定も少なく、好きな女子に対して使う時間もたっぷりありますよね。毎日の楽しみを、全て好きな女子につぎ込む可能性があり、束縛されていると感じてしまう女子もいるでしょう。男友達との時間も大切にする男子を選べば、束縛されずに済むかもしれませんよ。
浮気をしない男子は、女子にとって理想の男性像だと思っていませんか?もちろん、浮気をしない男子は、一途で幸せにしてくれる場合も。その反面、もしかしたら好きな女子に対して、一途すぎる執着心を抱いているかもしれません。この執着心が、束縛という行動に繋がるのでしょう。好きな女子に集中しすぎて、束縛している自分に気づかない男子もいるので、浮気しない男子の中でも、執着心の少ない男子を見極めるのが大切ですよ。
自分の思い通りにならないと、すぐに怒ったりイライラした態度をとったりする男子も、束縛するタイプな可能性があります。何事も自分の思い通りにならないと気が済まないということは、好きな相手に対しても求めることが多いので、束縛する行動に繋がる場合が。相手のことを考えていない発言や、自分のことを最優先させる行動をとる男子は、思い通りにいかないと気が済まないタイプの束縛男子かもしれませんよ。
激しい束縛は、不愉快な思いをすることも少なくありません。楽しく素敵な恋愛をするためにも、束縛をするかどうかは重要なポイント。しっかり見極めて、素敵男子を見つけてくださいね。(chika/ライター)

関連記事