アイコン ロフトベッドでのセックスが意外とエモいらしい?

ロフトベッドでのセックスが意外とエモいらしい?

ヤリ部屋といえば、ソファの高さのセミダブルベッド。そう思っていませんか?

確かに、さっとベッドに移動できるという意味では、脚付きのローベッドは最適です。が、女子はエッチにストーリーを求めるもの。スムーズさ時として大事ですが、記憶に残る「エモい」エッチもまたオツです。

今、マンネリしたエッチに新しいスパイスを与えてくれるのは、ロフトベッドかもしれない。学生時代ロフトベッドで何夜も過ごしたミクニが、その良さをお教えいたします。
ロフトベッドのあの感じって、なんだか昔懐かしい感じを思い出しませんか。兄弟がいる方などは、どちらが上で寝るかケンカになったことなんかもあるのでは。

ロフトベッドではシングルサイズの狭さと天井の近さが相まって、密着感のあるセックスが楽しめます。身長の高い人だと天井に頭をぶつけちゃったりするんですけど、それもなんだか愛おしい。

わざわざはしごを登って上に登るあの感じも、いつかの夏休みを思い出すような、子供っぽい懐かしさがあります。そういうもの全部ひっくるめて、煩わしいけどなんだか記憶には残っちゃうのが、ロフトベッドなんですよね。
学生時代、狭い1Kに住むために買ったロフトベッド。毎日トイレに起きるのは面倒だったけど、男の子が泊まりに来た時には、いい「性的同意」の確認の一つのいい障壁になっていました。

人がよく泊まりに来る家だったことと、人と寝るのが好きではないため来客用のふとんは一組用意してありましたが、気になる人と一夜を越す時にはこう言っていました。

「ゆっくり寝たいなら下に布団を引くよ。でも、ロフトの上のがあったかいから、狭くてもいいならロフトで寝てもいいよ」

こうやって選択肢を提示することで、相手の真意を見定めていました。おかしなことになりつもりがない人は下を選びますし、はしごを登ってまで上で寝てくれる人は、何かしらの好意や下心がある人なのかなあと。

性格は悪いですが、こういう選択肢を選んでもらっておけば「私はそんなつもりなくて」という言い訳もしやすいですしね。
ロフトベッドは軋みます。1人で寝てても軋みます。男女で乗る時なんてなおさらです。私はパイプのロフトベッドを使っていましたが、壊れたことはついぞありませんでしたが、エッチの時はそりゃもう、ピストンと共にぎっしぎしでした。

でもこれ、考えようによってはとっても趣があったんですよね。早く動きたいけど、ベッドがきしむとちょっと怖いのでスピードを遅くしたり。勝手にスローセックスな雰囲気が出来やすくて、今考えると普通のベッドでするより、長い時間セックスを楽しむことができていました。
ロフトベッドはセックスの時面倒、というイメージが強いと思いますが、特に女性の家なら、ロフトベッドもありだと思いますよ。男性の方は、はしごを登ってでもやりたい人も多いですしね。

ロフトベッドの下に大きめのソファを置くと、そっちも簡易イチャイチャスペースにできるのでおすすめです。部屋が狭いな〜と思っているなら、買い替えもアリ。カレの家では普通のベッドで、あなたの家ではロフトベッドで。二度美味しいはずですよ。(久留米あぽろ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事