アイコン 「中イキ派」がガチ推し!SVAKOM cocoで恋人との中イキ体験♡

「中イキ派」がガチ推し!SVAKOM cocoで恋人との中イキ体験♡

いつの間にか、外より中がスキになってしまった。

身体の相性のいいパートナーと巡り合ってから、セックスの好みが変わった。多くの女性は外イキの方が簡単だというし、自分もそうだった。けど、今は中派。おもちゃエッチもオナニーも、全部中派。

そんな”中イキ派”の私が、外イキ派のみなさんにどうしても教えたい名品がある。
私自身、長いこと中イキの感覚を掴むことが難しかった。なんでかというと、自分で行うオナニーでのやり方が、結局よく分からなかったから。ネットにはよく「Gスポットのあたりを刺激するといい」とは書いてあるけど、そんなのあまりにも雑すぎる。

個人的には、自分のGスポットを自分で把握するのはけっこう難しかった。パートナーのために中イキできるようになりたいと、バイブを使って努力したことはあったけど、それでも全然分からなかった。こすれる範囲が広すぎるし、振動による快感も大きくて、結局何でイケてるのかよく分からなかった……という感じ。

恋人とのセックスも、イケる時とイケない時があったし、なんでなのかを知るためには、結局自分でやらないと分からないなと思い、バイブだけでなく指でもがんばったけど。指でのオナニーは、疲れちゃってイケなかった。

そんな私だけど、今は自分の中イキ感覚をしっかり掴んでるんです。

\会員登録で今すぐ使える500ptプレゼント/

SVAKOM cocoをBeYourLoverで見る
私と恋人は性にオープンなので、セックスにおける悩みも普通に相談しあったりしている。だから私も「中イキできる時がどんな時なのか分からないんだよね」という話は、恋人にも話してあった。

ある夜、ベッドでいちゃいちゃしていたら恋人が「いいもの買っちゃったんだよね」と見せてきたのが、これだった。


ひょろっと長いけど、これは多分大人のおもちゃ。SVAKOM cocoというアイテムだった。

たっぷり焦らされていたので、そのまま中へ……だったんだけど、細いから思いの外するりと中に入る。電源を入れると、お決まりの振動音。

「ほら、ここ。わかる?」

と、恋人がいつも私をイカせようと触ってくれているらしい場所に、cocoがあたる。細いヘッドは、とても正確に私のイイトコロを捉えてくる。しかも、細さ×振動のおかげで、いい位置も分かりやすい。指で押される時よりも定点的に押されるから、すごくわかりやすかったしすごく気持ちいい。

バイブよりもピンポイントに刺激を与えてくる。指で押されるより明確に、自分の気持ちいいところが分かってしまった。

奥にぐっと挿されると、ポルチオや子宮口の気持ちよさも感じる。バイブよりもテクニカルな刺激なので、奥への挿入はお好みという感じだけど、中イキスポットを探るにはピッタリの気持ちよさだった。

\会員登録で今すぐ使える500ptプレゼント/

SVAKOM cocoをBeYourLoverで見る

これなら1人でもできそうだしね、と恋人がそのままcocoをくれたので、家で1人でも使ってみた。

挿入もラクだし、長めな上に傾斜がついているから姿勢もラク。身体が硬い人はけっこうあるあるだと思うんだけど……個人的に、バイブや指でのオナニーは姿勢がつらいのもネックだった。

姿勢がつらいと身体が固くなり、あまりリラックスできないのでイキづらくなる。その点、ococは添える程度でもピンポイントで気持ちいいから、バイブの時みたいにガシガシ動かす必要もなくて、個人的には気が散らなくてよかった。

自分で動かしながら、いいところを探す。やっぱり正直、指より全然ラク!

オナニーで中イキできたことは全然なかったのに、SVAKOM cocoではいけちゃった。個人的には、細いからローションなども必要なかったのも高ポイントだった。


\会員登録で今すぐ使える500ptプレゼント/

SVAKOM cocoをBeYourLoverで見る
中イキ派になってから、恋人の前でもめっちゃエロくなるようになってしまった。個人的には外イキの2倍くらい気持ちいいので、いろんな欲求がガマンできなくなってしまって恥ずかしいんだけど……恋人は「エロいくらいが興奮するわ」と言って喜んでくれているので、まあよかったのかなという感じ。

外イキ派の時に使っていた吸引系のオナニーグッズ、最近はぶっちゃけ使わなくなってしまった。

時間がある時は1人でも中イキしたくなったし、使いやすさも気持ちよさも、今のところSVAKOM cocoがぴったりな感じ♡(久留米あぽろ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

\会員登録で今すぐ使える500ptプレゼント/

SVAKOM cocoをBeYourLoverで見る

関連記事