アイコン セフレ、ソフレだけじゃない!実は色々ある「〇フレ」の種類

セフレ、ソフレだけじゃない!実は色々ある「〇フレ」の種類

ひとことで“セフレ”と言っても、すべてのセフレがまったく同じような付き合い方をしているわけではありません。こまかく見ていくと実はいろいろな関係性があります。この記事では、そんなさまざまなセフレの種類について解説します。また、セフレ以外にもある、“○○フレ”の種類についてもあわせて解説します!

(1)ソフレ

添い寝フレンド、略して“ソフレ”です。「今日はなんだかさみしくてつらい……」そんな夜に役に立つ存在です。「ソフレは肉体関係ナシなので、セフレほどの罪悪感がない」という意見もあります。

多くの場合、ソフレは人それぞれルールがあって、たとえば「ハグもキスもOK」「ハグはOK、キスはNG」「手を繋ぐだけOKでほかは全部NG」といったものがあります。

ソフレはセフレと同様に、相手に恋愛感情を抱いてしまうこともあります。また、「異性が隣に寝ている」というシチュエーションから、我慢できずにセックスをしてしまう人もなかにはいます。
 

(2)ハフレ

ハグするフレンド、略して“ハフレ”です。“ハグフレ”と呼ぶ人もいます。名前の通り、ハグだけをする関係のことを指します。

ハグが好きな人は男女問わず多いですし、ハフレの需要は多いでしょう。ただ、「ハグだけでは物足りずその先もしたくなった」という欲がでてしまわないよう、心のブレーキが必要です。
 

(3)キスフレ

キスするフレンド、略して“キスフレ”です。「ハグよりもキスが好き」という人は、ハフレよりもこちらのほうが魅力的に感じるでしょう。

キスフレには、「キスはほっぺだけ」「唇にもOK、でも舌を入れるキスはNG」など、こまかくルールを設けているケースもあります。

(4)カモフレ

カモフラージュフレンド、略して“カモフレ”です。どんな関係かというと、恋人のフリをする友達関係です。
たとえばふたりでデートスポットにでかけたり、その道中に恋人繋ぎをしたり、スマホのインカメでツーショット写真を撮るなどが挙げられます。なかにはハグやキスをするカモフレもいます。
 

(5)ビリフレ

“リハビリフレンド”の略で、失恋のつらさやさみしさにたいするリハビリをする存在のことです。
失恋のショックをひとりで乗り越えるのはたいへんですよね。そこでビリフレが寄り添ってあげることで、回復を助けてあげるのです。
 

(6)オフレ

お風呂フレンド、略して“オフレ”で、ふたりでお風呂を楽しむのがオフレです。

「お風呂に入る楽しみをだれかと共有したい!」という人もいますが、オフレとお風呂に入るということは、男女が裸に(あるいは裸に近い格好に)なるわけですから、「絶対いかがわしいことやっているでしょ!」なんて思う人もいるでしょう。

\エッチが好きなセフレを探すなら/
【無料】PCMAXに登録する

(1)セックス + ふたりで遊びに行くこともあるセフレ

「セックスするけど、それだけじゃなくて普通に友達として遊びに行くこともある」というセフレのタイプです。

ふたりでご飯を食べに行ったり、ときにはカップル向けのデートスポットに行ったり、まわりから見れば恋人のように見えるでしょう。そして当の本人たちも、デートみたいなおでかけを繰り返すうちにいつしか相手のことが好きになってしまうこともあります。ふたりで過ごす時間が多くなればなるほど、「この人素敵だな」と思ってしまうおそれがあります。

「彼(彼女)のことが好き。でもセフレだから、恋愛対象として見てもらえなくてつらい……」という苦しい展開に陥りやすいと言えるかもしれません。
 

(2)セックスしかしない割り切りセフレ

「ホテルに集合、セックス、そしてホテルで解散」というふうに、セックスしかしないタイプです。

さきほどご紹介したタイプのように「セフレだけど、ふたりで遊びにでかけることもある」といったことはしません。ただセックスするだけの関係です。そのため恋愛感情を抱く可能性は低めで、セフレの関係を維持しやすい点はメリットと言えます。

ただ、セックスでしか繋がっていない関係なので、お互いに満足できるセックステクニックが必要になるでしょう。

(3)キスNGセフレ

「セフレはつくるしセックスもするけど、キスだけはしない」そんなタイプもあります。

「キスは特別な行為なので、好きな人しかしない」というふうに、キスにたいして特別な感情を抱いているなど、セフレとはいえキスを避けたがる人もなかにはいます。

さらにこまかく、「ほっぺにキスはOK」「舌を入れなければ口にキスしてもOK」といったルールを設けているケースもあります。

(4)どちらかが片思いしているセフレ

たとえばこんな関係です。

「もともと恋人として付き合っていたけどフラれてしまった。でも、大好きな彼(彼女)と離れたくないから、『セフレでいいからそばにいて』と伝え、そしてセフレになった」
 
このように、どちらかが片思いをしていて、なおかつ「いつかきっと振り向いてくれるかもしれない」という思いを捨てられずセフレになるケースもあります。

しかし、結局恋は実らずにひどく傷ついてしまうなど、泥沼化しやすいのも特徴です。
 

(5)両想い、でも踏み出せずセフレに落ち着く

ちょっと特殊なケースです。「セフレが欲しい!」と思っていないのに、「気づいたらセフレみたいな関係になってしまっている」というケースです。
 
たとえば、告白よりも先にセックスを済ませた男女がいるとします。そしてふたりとも「この人素敵。付き合ってもいいかも」と思っています。でも、お互いに告白せず、会っては遊んでセックスして、といった関係が続いています。

なぜお互い告白しないのか。「好き」と言えば付き合えるのに。そこにはこんな心理があります。
 
「セックスしたのに相手から告白してこない。さらに『私(僕)のこと好き?』と相手から質問されることもない。なぜだろう。相手にとって私(僕)はセフレでしかないから告白しないのかな? それなら、私(僕)から“好き”と言ったらこの関係は終わって会えなくなってしまうのかな……」
 
こんな懸念から、だらだらとセフレの関係が続いてしまうのです。“草食系男子”なんて言葉もありますが、一歩踏み出せずに相手の出方をうかがうような恋をする男性も最近では少なくありません。

\エッチが好きなセフレを探すなら/
【無料】PCMAXに登録する
セフレという言葉を筆頭に、“○○フレ”という言葉は年々増えている印象です。だんだんと市民権を得ているかのように思える言葉ですが、“○○フレ”という存在に否定的な人はまだまだ多いです。

「セフレつくるとかありえない」「ソフレ? いや絶対エッチしているでしょ」というふうに、頭ごなしに全否定する人もいるでしょう。

もしなにかしらの“○○フレ”をつくりたいときは、周囲の人に秘密にするか、あるいは納得してもらうまで話し合うか、いずれにせよよく考えて行動するのがいいかもしれません。(tsuta/ライター)
 
 (オトナのハウコレ編集部)

【女性がセフレを探すなら…】

セフレがほしい人にはかなり使えるのがPCMAXです。セフレ募集はもちろん、飲み友達やごはん友達など、恋愛感情ナシのライトな出会いが可能です。

また、女性は無料で使えるというのも大きなメリットでしょう。タダでセフレに出会って、飲み代もホテル代も負担してもらう。そんな出会いもできるかもしれません。

「知り合いに見つかるのが嫌だから、有名なマッチングアプリではなく、あえてPCMAXをこっそり使っている」というハイスペックな男性もちらほらいるので、思わぬ収穫があるかも。

日記を通じてほかのユーザーとコミュニケーションをとったり、チャット機能で複数人でワイワイ盛り上がるなど、まるで普段使っているSNSのような感覚で使うことができるので、SNSに慣れ親しんでいる現代女性にとっては、かなり使い勝手のいいサービスです。

\エッチが好きなセフレを探すなら/
【無料】PCMAXに登録する

関連記事はコチラ▼▼

関連記事