アイコン 勃起障害? セックスで彼氏が勃たない理由と対策法 

2021.12.01

勃起障害? セックスで彼氏が勃たない理由と対策法 

「最近、セックスのときに彼の勃ちが悪い気がする……」「今まで普通にエッチできていたのに彼が最近、中折れしてしまう……」。

大好きな彼とのセックスをしているとき、こんな風に彼のアソコが勃たなくて困った思いをした経験はないでしょうか?

これは男女にとって、とても深刻な問題だと思います。さらに原因も分からないとなると、女性側もとても不安になってしまいますよね。

また、長く付き合っているカップルであればこのような問題に直面することも時々あると思います。しかし、あなたが彼を責めてしまったら、きっと彼はさらに悩んでしまい傷ついてしまうかもしれません。

年齢に関係なく、一時的な勃起障害に悩む男性は非常に多いといわれています。そんなときは思いやりのある大人な女性の対応をして、彼と一緒に解決法を探していきましょう。今回は彼が勃たないときにするべきである対処法をご紹介します。
セックスのとき、突然勃たなくなる……そんな一時的な勃起障害が男性に突然起こるのには何かしらの原因があります。

しかし、その原因のほとんどは女性にはなく男性本人の問題であるケースが多いです。なので、女性が「私に魅力がなくなったから?」と悩む必要は一切ないと思います。

万が一、女性に原因があるのだとすれば、それは2人で解決できることなので前向きに考えていきましょう。

では、男性が勃たないということにはどのような理由があるのでしょうか? 大きく考えられる8つの理由と、その解決法をご紹介します。

1.緊張している

男性はセックスのとき、勃起させる、腰を激しく動かす、早くイカないように長持ちさせるなど、常に緊張やプレッシャーの中で闘いながらしています。

長く付き合っているカップルであれば彼女の性感帯などをある程度は理解していると思いますが、始めてセックスする女性やまだ付き合って日が浅い女性相手であると、緊張感はさらに高まるといわれています。

また、仕事が忙しいなど他に気がかりなことがある状態のときは、セックスに没頭できず途中で萎えてしまう……という男性もいるようです。

さらに1度、そんな経験をした男性は「また勃たなかったらどうしよう」といった緊張感から、勃ちづらくなってしまうことがあるといいます。そんなときは慌てずに彼の緊張をほぐしてあげましょう。「あなたとのセックス、気持ちいいよ」「カタい、大きい」など、彼のペニスをほめてあげるのも効果的です。

2.マンネリ化している

長期間付き合っている、またはセックスがいつもワンパターンなどで飽きてしまう、いわゆる「マンネリ」も、男性の勃たない原因になることがあります。

付き合いたてのころは、お互いのことを好きすぎるため、セックスのパターンやテクニックにこだわらず相手がどんなプレイを好んでいても受け入れてしまう傾向にあります。

しかし交際期間が長くなり何度もセックスを繰り返していくうちに、お互いこだわりや不満も出てきます。

毎回、同じ場所で同じ体位といったお決まりパターンのセックスは、お互いに安心するけれど、どこか新しい刺激が欲しくなってしまうものです。

お互い、好きな体位やイキやすい体位があると思うので、マンネリ化してしまうのは仕方ないことなのかもしれません。

しかし、その状態が長く続くと彼のアソコが元気にならず徐々に回数が減っていき、セックスレスに陥ってしまうカップルも少なくはありません。

そんなときは彼とのセックスがワンパターン化していないか、一度考えてみてはいかがでしょうか。もし、マンネリ化しているかもと感じたときは、新しいプレイや体位に挑戦してみるのも良いかもしれません。

3.トラウマがある

肉体的な原因の他に、精神的な理由が原因でなってしまうのが「心因性のED」です。これは、精神的なトラウマが原因で勃起障害を引き起こしてしまう症状のことをいいます。

たとえば、過去にペニスの大きさでバカにされたり、勃たないことが原因で女性に文句を言われたことがある男性は、男としての自信をなくしてしまいます。

そのため、次に別の女性とセックスをするときも過去に言われた言葉がトラウマになり、勃ちづらくなってしまうのです。

また、日常のストレスなどが原因で心因性EDを引き起こしてしまうこともあります。彼がそのようなトラウマや悩みを抱えている場合、彼のペニスを褒めてあげるなどして彼が興奮するまで待ってあげることが大切です。

4.疲れている

仕事などが原因で肉体的に疲れているときも、男性の勃たない理由によくあることだそうです。

疲れすぎていて、彼女とセックス中に舐められたまま寝てしまった……なんていう経験がある男性も少なくはないのでしょうか。

もし彼がそうなってしまったときは、とにかくゆっくり休ませてあげることが大切です。睡眠は1番の疲労回復なので、彼が目覚めてまた元気になったらセックスをしよう……とすんなり諦めましょう。

彼を無理矢理起こして責めるなんてことは、決してしないようにしましょう。男性のアソコはそのときの疲れやストレスに左右されやすいものです。

急に元気がなくなったときは、彼の体調を気遣ってあげる優しさが彼にとって安らぎになります。

もし、翌日に彼が目覚めて謝られたりしたときは、「昨日は疲れていたんだね」と労わってあげましょう。勃たない原因が彼のせいではなく疲れのせいだと伝えることで彼も安心でき、「次は気持ちよくさせてあげたい」と思うはずです。

5.お酒の飲みすぎ

お酒を飲むと気持ちが高まって「セックスをしたい」という気持ちにはなりますが、男性機能は低下しやすくなります。

男性が勃起をするのは、性的興奮を覚えることで男性器に血液が巡って細胞の隅々にまで行き渡るからです。これは飲酒をすると身体の血流が活発になりすぎてしまい、下半身にうまく血流を留めることができなくなってしまうのです。

飲酒して勃たなくなるのはお酒の強さも関係していると思われますが、1度そうなってしまうと身体が麻痺してしまうため、女性がどうがんばっても復活することは難しいと思います。

なので、お酒の弱い男性はここぞというときのセックスのときには、お酒の力を借りるのはやめておくのが賢明でしょう。

つい飲みすぎていつも勃たなくなってしまう……という彼氏を持つ女性は飲むペースを調整してあげるか、または少し酔ったらすぐにセックスできるホテルや家飲みを提案してみるのも良いかも知れませんね。

6.ED

勃たないことが一時的なものではなく、何ヶ月も続くようであればED(勃起障害)の疑いも考えられます。ただし、一言でEDといっても様々な原因が考えられます。

身体機能の低下が原因なら、喫煙や飲酒など日頃の生活習慣を見直すことも大切です。また、ペニスの根元あたりにある骨盤底筋の衰えも勃起状態を維持する機能の低下も勃起障害を引き起こす原因といわれています。

加齢で生殖能力が落ちるのは当然のことなのですが、そうでないのに勃たないことが3カ月以上続いているようであれば1度、病院での受信を考えてみても良いかも知れません。

7.眠い

睡眠時間が少ない、疲れが溜まっていて熟睡できていない人の場合も勃たない原因となることがあるようです。

睡眠は成長ホルモンの分泌を促したり、細胞の修復を行ったりと人間には欠かせない時間です。睡眠時間が短くても睡眠の質を向上させれば、身体の不調は改善されるといわれています。

まずはセックスする前にたっぷりの睡眠を取ることから始めましょう。短時間の睡眠で疲れを取りたいという男性は寝る前のカフェイン摂取を控えたり、PCやスマフォのブルーライトを浴びないように気をつけることも大切です。

もし、彼が「眠たい」と言ってセックスを断られたりしても落ち込むことはありません。そんなときは翌朝、男性の朝勃ちを利用した寝起きセックスがおすすめです。

すでに勃起しているのでフェラなどの前戯をする必要もなく、彼もたっぷりと睡眠をとって体調も回復しているので、夜にするよりも激しいセックスができるかもしれません。

ただし、朝からセックスをすると男性はその日1日中眠くなってしまいます。彼が翌日、休みのときの1つの手段として覚えておくと良いでしょう。

8.他の女性とセックスをしている

彼が他の女性とセックスをしている場合も、勃たなくなる原因と考えられます。

浮気だけでなく風俗に行っていることも考えられますし、それで性欲が満たされてしまっているのであればあなたとのセックスに興味が薄れてしまった……ということも残念ながら考えれます。

また、中には浮気を疑われないようにするために彼女からのセックスの誘いを受けたものの、浮気した罪悪感から勃たなくなってしまった……というケースもあるようです。

これは二股をかけている男性にも起こりうる症状で、彼女のことを大切に思う気持ちの表れともいわれています。

とはいえ、浮気は浮気です。もし、それが原因で勃たないのであれば彼の気持ちを取り戻すか関係を修復させる以外に方法はなさそうです。どうしても浮気は許せないというのであれば、最悪別れる……ということも頭の片隅に入れておいたほうが良いのかもしれません。
勃たない原因は人によってそれぞれ原因はあると思いますが、実際に彼が勃たなくなってしまったらどうすれば良いのでしょうか。女性でもできる対策法をまとめてみました。

・愛撫やフェラをたっぷりする

セックス中に勃たない問題と直面したときにまずできることは、愛撫やフェラをたっぷりとしてあげるということです。しかしフニャフニャのものをいくら舐めても、男性はすぐに興奮できるというわけではありません。

そこで、おすすめなのが血流を促して勃起力をアップさせる睾丸マッサージです。太ももからマッサージをしていくので疲れが溜まっている彼氏にぜひやってあげてみてくださいね。

マッサージ方法は、まず太ももの付け根にあるポコッと膨らんだ部分=鼠径リンパを見つけます。ここに老廃物が溜まると下半身全体がむくんだり披露の原因となります。

まずはマッサージをするためにお腹側から骨盤に沿ってくぼみの中心部に向けてさすっていきます。何度かさするうちに血流が促されて、マッサージした部分がポカポカと暖かくなってきます。

次に血流を促すように睾丸の方向に優しくさするようにマッサージをしていきます。マッサージを数回行ったら、次は睾丸を温めていくのですが、デリケートな部分なので必ずローションを使いましょう。

もし持っていない場合は、睾丸から亀頭に向けて優しく撫でていくだけでも効果的があります。勃起したら、元気がなくならないうちにすぐにフェラに移すようにしましょう。

・普段と違うムードで誘う

彼とセックスするときにいつも同じ場所でワンパターンかも……と思ったときは、普段と違うムードで彼をセックスに誘ってみましょう。

彼が勃たないときこそ、ムード作りのチャンスです! リラックスできるように彼が好きな香りのアロマキャンドルを焚いてみたり、雰囲気のある照明を置いてみるのも良いかもしれません。

セクシーな下着をつけてみると女性の気分も盛り上がりますよね。普段のセックスが淡白に終わってしまうカップルでも、イチャイチャとした自然な流れからセックスできるようになると思います。

急かしたセックスは彼にさらなるプレッシャーをかけてしまうことにもなりかねないので、ゆっくりと行うスローセックスで焦らしながら徐々に彼の興奮を高めていってください。

また、いつも家ばかり……という同棲カップルは普段と違う場所でセックスをすることでまた興奮が変わってきます。

ラブホに行くのが面倒だという人は、家の中でいつもと違う場所でのセックスに挑戦してみると良いでしょう。バスルームやキッチンやベランダなど、声が漏れたり隣の部屋の人にバレちゃうかも……というドキドキ感を味わってみてくださいね!

・ポリネシアンセックスに挑戦してみる

また、マンネリ解消のための刺激的なセックスをするのであれば、ポリネシアンセックスに挑戦してみるのもおすすめです。

ポリネシアンセックスとは、5日間愛撫だけでじわじわと焦らしあい、5日目に挿入することでお互いの快感を倍増させる究極のセックス方法です。

さらに、挿入してからも30分間動かさずに止めておくことで女性の膣がペニスに馴染んでいき、30分後にピストンするときにとんでもない快感を味わえるといわれています。

男性は我慢した分、勃起力も高まるので女性は何度もオーガズムを味わえることができます。ぜひ、試してみてくださいね!

【彼の勃起がMAXになる! ポリネシアンセックスの手順】

①1~4日目:キス、抱擁、愛撫
ポリネシアンセックスの基本は5日に1回セックスをすること! まずは5日目のセックスに向けて、お互いの興奮がMAXになるようにセックスをする日程を決めておきます。

日取りを決めたら、最初の4日間は挿入をせず裸で見つめあったりお互いの身体を愛撫していきます。

ただし性器への愛撫はNGです。普段は触れないようなお互いの身体を見たりキスをしながら、1時間ほどかけてじっくりと愛を深めていきます。愛情を込めて接するだけでお互いの大切さが分かり、焦らされながらも満足することができると思います。

②5日目:愛撫
そして待ちに待った挿入の日。しかし、ここでもすぐに挿入はせず、1~4日目に行っていたような愛撫を時間をかけて行います。最低でも1時間は愛撫を行ったら、いよいよお互いの性器に触れていきます。

4日間焦らしまくった性器は感度もめちゃくちゃ上がっているので、触れられただけでビショビショ&ギンギンになっているはず。あまりの気持ち良さに男性は我慢できずイってしまいそうになるかもしれませんが、そこはグッとこらえましょう。

③5日目:挿入
お互いの興奮が限界まで高まったら、いよいよ挿入をしていきます。挿入したら、男性のペニスを女性の膣に馴染ませるために30分間はピストンを我慢しましょう。

30分間の中で、もし勃起力が弱まってしまっても少し動かすだけですぐに回復すると思います。挿入していることで、お互いの性器の暖かさを感じ、さらに興奮も高まってくるでしょう。

30分経過したら、男性はゆっくりと動いていきます。ゆっくりしたピストン運動と休憩とを交互にはさみながら40分間ほど、ピストン運動を行っていきます。

お互いの感度が高まっているため、激しい動きをしなくとも快感が襲ってくるはずです。体位はゆっくりと動かすことができる座位や寝バックなどがおすすめです。

男性は射精でフィニッシュを迎えるとすぐに快感が去ってしまいますが、女性は何度でもオーガズムを味わうことができるといわれています。

ポリネシアンセックスでは激しいピストン運動をすることはありませんが女性はその分、オーガズムを味わう回数がいつものセックスの何倍にもなるのです。

そのため、勃ちの悪い男性や普段は早漏の男性で物足りないという女性でも満足することができるのです。

また、女性が何度でもオーガズムを味わうことができるので、男性は「女性をたくさんイカせてあげた」となり、セックスに自信がついてきます。

普段は「女性を満足させなければ」というプレッシャーから激しい前戯やピストンをしている男性も、ポリネシアンセックスではそんな不安からも解消されます。

「ポリネシアンセックスをしてみたいけれど時間が取れない……」というカップルは前戯と挿入に1時間以上かける「スローセックス」もおすすめです。

ポリネシアンセックスほどではありませんが、時間をかけて焦らし合うという意味では同じです。すべてが終わったあとは「彼が勃たないことに悩んでいたのは一体何だったの?」と思うくらい満足感していると思いますよ!

・トラウマと向き合って受け止める

精神的ストレスやトラウマから勃たない心因性EDの場合、男性が自力で改善するのは非常に難しいので、心療内科でカウンセリングを受けてみるのも1つの方法です。

心療内科に抵抗があるという男性は、ED専門クリニックのカウンセリングもおすすめです。もし、彼が他人に相談するのは嫌だと言うのならば、女性が親身になって話を聞いてあげるようにしましょう。

なぜ勃たなくなってしまったのか、過去にエッチで女性に何か言われたことがあるのかなど、少しずつでも良いので話をしてくれるのを待ちましょう。

もし、何か傷つくようなことを言われたことが勃たない理由であるのだとすれば、彼のエッチの良いところをたくさん褒めてあげて自信をつけさせてあげましょう。

男性にとって勃たないということは男としての自信やプライドが打ち砕かれてしまうほどナイーブな問題です。

1人で抱え込んでいてもトラウマは解消できません。セックスの悪かった部分を指摘しても、良かった部分を言ってくれる女性は意外といません。

でも、たった1人でもセックスのあとに「良かった」「気持ちよかったよ」と褒めてあげるだけで、男性にとっては自信につながるのです。

・食べ物を改善する

勃起力や精力の衰えには、亜鉛やマカなど性欲をかき勃てるものを摂取するのも効果的です。マカに含まれている「アルギニン」には血管を広げる効果があり、ペニスの血流を促す効果があります。

また、アルギニンと亜鉛には精子量が増えるという効能があります。亜鉛が多く含まれる食べ物としては、牡蠣が代表的ですが食べ続けるのが難しいのであればサプリで摂取するのが良いと思います。

牡蠣の他にはあさりや鰻など、鉄分やタンパク質なども積極的に摂取するようにしましょう。また、心因性が原因で起こる勃起障害には、トリプトファンやテオブロミン、アラキドン酸がおすすめです。

勃起障害は、男性ホルモン「テストステロン」の分泌が低下して減少して起こる症状です。ストレスが溜まるとテストステロン減少の原因にもなりうるので、食べ物でバランスを整えてメンタルと性生活を向上させましょう。

トリプトファンは赤身肉や青魚に多く含まれているストレスを軽減させるホルモン・セロトニンの原料です。チョコレートやコーラに含まれるテオブロミンは興奮を誘う滋養強壮薬の効能があるといわれています。

テオブロミンはカカオ豆に多く含まれているので、取り入れるときはカカオ含有量が多いチョコレートを選ぶと良いでしょう。

霜降り牛肉に多く含まれているアラキドン酸は高揚感、多幸感とともに活力を得られる効能があります。これらの食材を使って、彼のために精力アップレシピを作ってあげるのも良いかもしれませんね。

関連記事はコチラ▼▼

彼が勃たなくなったとき、彼女としてできることは何なのでしょうか? 大人の女性ができる、対応法をまとめてみました。

・彼氏を責めない

男性が勃たなくて自信をなくしているとき、さらに追い打ちをかけるように責め立てるのは絶対にNGです。責められれば責められるほど余計に緊張してしまいさらに勃たなくなってしまい、人によってはセックス自体にトラウマを覚えてしまうことにもなりかねないからです。

また、責められるという恐怖心から一時的なものではなく慢性的なED(勃起不全)になってしまうという男性もいるようです。

セックスの問題は男女問わずデリケートなことです。彼を責めないで一緒に解決法を見つけていくことが、解決策への近道だといえるでしょう。

・そういう日もあるよねと受け入れる

男性はセックスで勃たなかったとき、男としての自信を失っています。そんなときこそ、彼を受け入れて優しい言葉をかけてあげましょう。ただし、下手ななぐさめは余計に男性を傷つけてしまう場合があります。

「そういう日もあるよね」と受け入れるのはOKですが、それはあくまでも自分の中だけに留めておきましょう。

その言葉を女性から言われてしまうと、男性は「勃たない自分に同情されているような感じがしてなんか嫌」「勃たない自分を受け入れないでほしい」というプライドから余計に傷ついてしまうようです。

「飲みすぎたんじゃない?」「疲れてるのかもね」など、あくまでも勃たないのはお酒や疲れのせいにしてあげることで男性のプレッシャーは軽くなるはずです。

・できなくてもがっかりしない

男性が勃たなくて、たとえセックスができなくなったとしても決してがっかりしてはいけません。女性にがっかりされると男性はさらなるプレッシャーを抱えてしまい、そのプレッシャーからさらに勃起力が下がってしまうからです。

よく、夫婦間のセックス問題で「妻だけED」という言葉を聞いたことはないでしょうか? これは、男性が自分の妻だけに対して勃起障害を起こしてしまう症状で、妻とのセックスのときに「早い」「気持ちよくない」など、セックスに対する文句や不満を言われることが原因で起こります。

たとえ言葉に出さなくても、がっかりしたような態度をとられると男性は自信をなくしてしまい、勃たなくなったり、勃っても中折れをしてしまうようになるのです。

そして、妻とのセックスに対して自信がなくなってしまい「妻だけED」になってしまうのです。もしかすると、彼が勃たないのは「彼女だけED」という可能性もなきにしもあらずかもしれません。

彼が勃たなかったときは女性も気にしていない、何もなかったような態度で接するようにしましょう。気まずくならずに済むので、男性はホッとするようです。

・相手の話を聞く

彼が仕事のストレスや日常で気にしていることが勃たない原因であるのならば、その悩みを聞いてあげるのも1つの方法です。男性はちょっとしたことでメンタルが左右されて、それが下半身への不調に繋がるといわれています。

その不安を少しでも解消してあげるだけで、たちまち元気になって気付いたらエッチしていた……なんていうことはよくあることだそう。

セックスの途中で、もし彼に元気がないと感じたら「ちょっと疲れちゃったから、少し横になろうか」と提案してみてください。

裸のまま何もしないでベッドに寝転んでいると人間は無防備な姿から相手に気持ちを許していき、自分から色々話をしたくなるものです。ただし、話を聞くときは元気のない下半身のことは一旦忘れてあげましょう。

悩んでいる時に女性からそれを指摘されてしまうと、男性には「今、言われたくない……」と余計に気にしてしまうからです。横になって他愛ない会話をするだけで彼はあなたに信頼感を寄せていきます。その日、セックスができなくても2人の絆はより深いものになっているはずですよ。

・休ませてあげる

彼が見るからに仕事などの忙しさや疲れから来ている勃起障害のときは、とにかく休ませてあげることが第一です。

ついでに彼が一息つくまで、しばらくセックスをお休みしてみる……というのも1つの方法かもしれません。仕事が忙しい時期や、やらなければいけないことがあるとき、男性は一時的に性欲が減少するといわれています。

それは、欲望が「エッチしたい」よりも「眠い」「早く終わらせて休みたい」というほうに気持ちが優先されるからです。しかし、やるべきことを終えて一休みをしたら、体力も回復するので性欲も回復してきます。そのときはずっと我慢していた分、あんなに疲れていたのが嘘のようにギンギンになっているはずです。

さらに女性も我慢していた分、今までない興奮を味わえます。女性にも排卵日や生理中など、エッチしたくない期間ってありますよね。

逆に生理前や生理が終わったあとやムラムラしてくるという人も多いでしょう。その期間を彼の不調日と上手く合わせてみるのも良いかもしれません。お互いが絶好調のときにするセックスは「何となく……」でするよりも、きっとより良いものになると思いますよ。
彼が勃たないときの対処法を色々、ご紹介してきましたが、1番良いのは勃起障害にならないことだと思います。

そのためには、セックスがマンネリにならないよう気をつける、セックスのときにムードを作る、彼の体調管理に気を遣う……など日頃から行っておくことが大切です。

しかし、もしそれでも勃たなくなってしまったときは、決して責めたりせずに何もなかったかのように振る舞ってあげましょう。

もし一時的に勃たないのであれば後日、違うアプローチ法で挑戦してみましょう。新しい下着をつけてみたり、彼にマッサージをしてあげたり、1度勃たなかったことを思い出させないようにリラックスさせた状態で臨みましょう。

しかし、もし勃たないのが長く続いたり、勃起障害が彼だけでなく自分自身にも問題があると分かったときは2人で問題に取り組むようにしましょう。

勃たないことが続くということは、彼はあなたとのセックスに何かしら恐怖心を持っているということです。理由は人によってそれぞれ違うと思いますが、もしそうなってしまった場合、あなた自身も原因を考えなければいけなくなる必要がありそうです。

1度怯えてしまった男性にもう1度自信を取り戻させるためには、とにかく褒めて可愛がってあげることが大切です。頭を撫でるハグをするなど、子供のように褒めてあげるのも効果的です。

セックスはカップルや夫婦にとって、なくてはならないものです。たとえ、関係が良好だとしてもセックスレスだと、どちらかが必ずストレスを溜めてしまうと思います。

2人の間で起こったセックスの問題は2人で解決するものです。セックスの問題において、どちらかを責めたりしても問題は決して解決しません。

むしろ、何かしらの問題が起こったときこそ、2人の関係を見つめ直すチャンスでもあるのです。もし、問題を乗り越えられば、2人の絆もセックスもきっと充実して満足するようになると思います。
(結城/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事