アイコン 女性のオナニーのオカズはなにが人気?

2021.11.14

女性のオナニーのオカズはなにが人気?

突然ですが、あなたはオナニーするとき、なにをオカズにしていますか? これはかなりプライベートな質問なので、親友ならまだしも赤の他人には教えたくないですよね。

そう、オナニーに関する情報って非常にプライベートで、情報が共有されないことも多く、興味があっても気軽に聞くことができません。

そこで今回、この記事では、女性のオナニーのオカズについて、人気のオカズ、男性との比較、最近話題の意外なオカズ、オナニーするときの注意点をご紹介します!
結論からお話すると、アダルト動画(実写)か妄想をオカズにしている人が多いです。また、オカズをいっさい使わないでオナニーする人もたくさんいます。

これは、全国20歳~69歳の男女を対象に行われた「ジェクス ジャパンセックスサーベイ2020」の結果によるもので、女性は世代を問わず上記の3つでオナニーしている人が多いことが明らかになりました。
 
この調査によると、アダルト動画(実写)をオカズにしている女性は、年齢が上がるにつれて減っていて、若い人ほどアダルト動画(実写)をオカズにしています。
 
妄想でオナニーしている人は、すべての世代に一定数いて、多くの女性にとって定番のオカズになっているのがうかがえます。「憧れのシチュエーションを妄想してオカズに」とか「過去一番気持ちよかったエッチを思い出してオカズにする」なんてオナニーをしたことがある人も多いのでは?
 
オナニーのときオカズをいっさい使わない、「とくにない」と回答した人もかなりいました。年齢が上がっていくにつれて「特にない」と答える人が増加しています。
 
20~30代の若い女性は「漫画をオカズにしている」と回答した人の割合がほかの世代に比べて多く、若い世代には2次元愛好家も多いことが明らかになりました。

ただ、年齢が上がるにつれて漫画をオカズにする人の割合は減っていく傾向があり、これは2次元にたいする馴染みのなさのあらわれなのかもしれません。

そのほか少数派の意見として、テレビ番組、雑誌、ゲーム、小説などの回答がありました。

男性がオナニーをするときのオカズは、世代を問わずアダルト動画(実写)が圧倒的に多いです。女性もアダルト動画(実写)をオカズにしている人の割合は多いですが、その数は圧倒的にちがい、男性はすべての世代において半数以上がアダルト動画(実写)をオカズにしています。
 
また、20代の若い世代においては、「アニメ」「漫画」「ゲーム」と答えた人も多く、2次元も需要があるみたい。ただ、年齢が上がっていくと減少していく傾向があります。
 
男女共通して言えるのが、若い世代は2次元をオカズにする人もいて、年齢が上がるとともに2次元離れするということ。2次元をオカズにしたオナニー。ある意味若者のカルチャーと言えるかもしれませんね。
 
よくある定番のオカズではなく、最近話題(?)の意外なオカズをご紹介します。
 

(1)SNSの投稿

世の中には、芸能人みたいなかっこいい一般人もたくさんいて、SNSの普及によりそんな一般人イケメンの写真を気軽に拝めるようになりました。なかにはセクシーな写真もあり、それをオカズにしている人もいます。

同じことが男性にも起きているので(SNS上の女性の写真をオカズにする)、写真を投稿する際は、「世界中のいろいろな人に見られる可能性があるんだ」ということを今一度考えたほうがいいでしょう。
 

(2)女性向けAV

今や、AVは男性だけのものではありません。女性向けのAVも少しずつ市民権を得ています。

いわゆる男性向けの一般的なAVとはまるでちがい、女性目線で興奮できる内容になっているので、「画像や映像など、視覚的なエロで私は興奮するけど、男性向けのAVはイマイチだった」という人は試してみるといいかもしれません。

(3)イケボをオカズに

声フェチの女性がたくさんいるように、声は女性の性的興奮に大きく影響をあたえる要素です。YouTubeのASMR動画や音声配信など、声に特化した媒体は今たくさんあって、それらをオカズにしている人もいます。
 

(4)イケメンのライブ配信を見ながらオナニー

画面の向こうにいるイケメンを見ながらオナニー。ちょっと変態的ではありますが(笑)、徐々に愛好家を増やしている(?)オナニーです。

画面越しだけどすぐそこにイケメンがいる。名前を呼んでくれたり、コメントを読んで答えてくれる。それに興奮を見出す人もいます。

▼女性でも安心して見れるAVはこちら▼
U-NEXTの31日間無料トライアル

関連記事はコチラ▼▼

オナニーに慣れている上級者にとっては聞き飽きていることかもしれませんが、今一度オナニーをするときの注意点をご紹介します。
 

(1)窓やカーテンを閉める

オナニーをしているときの音や声がだれかに聞かれたら恥ずかしいですし、聞かされた側にとってはかなりの迷惑行為になります。オナニーをするときはプライベートな空間であることをしっかり確認しましょう。
 

(2)爪に要注意

爪で膣を傷つけてしまう可能性、また、爪と指の間に入っている雑菌が膣に触れて炎症を起こすこともあります。

(3)キレイな手で触る

膣はとってもデリケート。洗っていない手で触ると意外とすぐ病気になってしまうなんてこともあります。「汚い手でオナニーしたら病気になった」というのはちょっと恥ずかしいので(笑)、必ずキレイな手で触りましょう。

(4)生理のときは特にていねいに!

生理中にムラムラしてオナニーをしたことがある女性は少なくないでしょう。生理中はいつも以上にデリケートになっているので、細心の注意を払ってください。

爪を立てない、触る前に必ず手を洗う、できるだけ弱く刺激するなど、いつも以上にていねいなオナニーを心がけましょう。
 

(5)ハマりすぎない

「仕事中もオナニーを我慢できない」「オナニーしないと頭がぼーっとする」「休日は1日中オナニーしている」という人はちょっと危険かも。そこまでいくと依存症の疑いもあるので、カウンセリングを受けたほうがいいかもしれません。日常生活に支障がでない範囲で楽しみましょう。
女性のオナニーに偏見を持っている人はまだまだ多いです。「女性がオナニーするなんておかしい」「オナニーするとか変態かよ」そんな心ない言葉を浴びせる人もいます。

しかし、オナニーしたくなるのはごく当たり前のことですし、していいものです。また、「私はオナニーしたいと思わないんだけど変かな?」なんて不安になることもありません。

オナニーをしたいと思うかどうか、その熱量は人それぞれなので、正解・不正解はありません。好きなときに、好きなように楽しめばいいのです。

ただ、ご紹介した注意点はしっかり守ってください。ルールを守って楽しくオナニーしましょう。


 (tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事