アイコン 性欲が強い彼氏のメリットとデメリット 

2021.11.21

性欲が強い彼氏のメリットとデメリット 

あなたは「性欲の強い彼氏」にどんなイメージを持ちますか?

毎晩迫ってもらえてラブラブに過ごせそう?
それとも、浮気されそうで怖い?

性欲の強い男性と付き合うことには、メリットもデメリットもあります。あなたにとって、性欲の強い男性が魅力的に映るかどうか、この記事を読めば分かるはず。

実際に性欲の強い男性と付き合ったことのある人に話を聞きながら解説していきます。
ではまず、ポジティブにメリットから考えていきましょう。全体的に「自分の性欲が強い」という女性にとっては、性欲の強い彼氏は魅力的に見えるようです。でも中には、自分はそこまで性欲が強くないという人でもメリットに感じる部分があるよう。

(1)セックス好きどうしなら毎晩ズブズブ♡


「性欲が強いので、何も言わなくても会うたびにセックスしてくれるのはうれしい」(26歳・人材関係)

性欲の強い女性は、そもそもパートナーに「自分と同じくらい〜それ以上の性欲」を求める人が多いようです。セックス好きな2人が付き合えば、セックスという一つの趣味を共有できるので、それだけで一緒に過ごす時間も長くなりそう。

(2)性欲が強くなくても、求めてもらう分にはラク


「自分は性欲が強いというほどではないですが、したくない時は断ればいいし、したい時はたいてい向こうから誘ってくれるのでラクでしたね」(28歳・IT関係)

「性欲が強くなくても、イチャイチャしてくれるのはうれしい」(30歳・WEB関係)

「自分は性欲が強くない」という人でも、したくない時に断ることがスムーズにできる相手なら、求めてもらえる分にはうれしいという意見もありました。

しかし、人によっては断ることで彼氏とケンカになるパターンもあるようです。素直な犬系彼氏で性欲が強い分には可愛らしい、ということでしょうか。

(3)セックスレスになりづらい


「相手の性欲が強ければ、セックスレスにならないので助かる。悩んでいる友人も多いので」(30歳・WEB関係)

日本は「セックスレス大国」なんて呼ばれるほど、セックスレスが社会問題となっていますが……。相手の性欲が強いと、セックスの機会がなくならないのでセックスレス関係にはなりづらそう。

性欲の強さに関わらず、パートナー間で多少はセックスがあった方が、浮気やワンナイトのセックスを防止しやすいですよ。

(4)自分のことをずっと女として見てくれる


「長く付き合った彼氏が、自分のことをまだ女として見てくれているのはうれしい」(26歳・人材関係)

「普段だらしないところを見せていても、セックス中に可愛いとかエロいという言葉を言ってくれる人だと安心する」(29歳・出版関係)

性欲が強い男性は、女性のことを「性の対象」として見ています。それが無理という女性も中にはいますが、メリットとして捉えている女性もいます。

性欲が薄い男性ほど、長く付き合ったパートナーに対して「家族としてしか見れない」という気持ちを抱きがちです。彼や旦那の前では、やっぱり女性でありたい!という人は、性欲の強い彼と付き合った方が安心できそう。

(5)強い性癖も理解してもらいやすい


「今までの彼氏には言えなかった過激なプレイも、性欲の強い彼氏にはお願いしやすいです」(29歳・金融関係)

性欲の強い女性が持つちょっとエッチな願望。性欲が強い、エッチが好きな男性なら、ちょっとクセの強い性癖も一緒になって楽しんでくれそう。

逆に性欲の薄い男性は、女性の強い性癖にドン引きしちゃう……なんて人もいます。性に探究心が強いタイプの女性は、性欲の強い男性と一緒にいると知的好奇心も満たされていきそうです。


では次に、デメリットについても確認していきましょう。性欲の弱い女性だと、相手との性への熱量の違いに困ることもあるようですが、長期的に見ると他にもデメリットとなり得る問題に発展する危険性もあるようです。

(1)セックスに時間を使いすぎる


「性欲が強すぎる彼氏と付き合った時、平日休日問わずセックスを求められるので、生活が若干破綻しました……」(33歳・WEB関係)

性欲の強い男性は、ムラムラした時に理性を飛ばしてしまうタイプも多いです。平日の夜、お出かけデートの日の朝……用事があっても彼の性欲に合わせてしまうと、生活のルーティンが崩れてしまいます。

平日はガマンするというルールを決めたり、あなた自身が優しく断るというスキルを身につける必要があるかもしれません。あまり頭ごなしに怒らず「今度ね」と次を匂わせてあげるのがコツ。

(2)ハニートラップに引っかかりやすい


「性欲の強い人って、落とすのも簡単だけど奪われるのも簡単なのが不安」(25歳・飲食関係)

性欲が強いと、衝動的な性的欲求を押さえられないことがあります。相手からゴリゴリアタックされて、ノリで浮気してしまう……なんてリスクが高いのも1つのデメリット。

このあたりは性欲だけでなく倫理観のあるなしにも関わるので、性欲が強い=チャラいとは限りませんが、性欲の薄い人よりは、浮気のリスクが高いということですね。

(3)中年になっても風俗課金が止まらない


「周りの男性を見ていると、既婚者でも昔から性魔神だった人はオジサンになっても風俗に行っている」(33歳・Web関係)

「結婚してもセックスは続いているのに、風俗に行っている形跡を見つけたことがある」(30歳・WEB関係)

性欲が継続されたまま中年を迎えると、今度は浮気ではなく風俗利用に走る男性もいます。付き合っているだけなら関係ないかもしれませんが、一緒に家庭を築く関係になった時に、1回数万の風俗に鬼課金されていることが気になってしまうのだそう。

浮気よりはマシですが、お値段の張る遊びでもあります。禁止するかどうかは人それぞれですが、あまり悪気なく風俗に行く男性も多いので、難しいところです。

(4)性癖を押し付けられることがある


「性欲の強い今彼、どうしてもセックスで悦に浸ってしまい、痛いセックスをしてくるので別れようか悩んでいます」(26歳・人材関係)

性欲が強い=性癖が強いとは限りませんが、若い頃からたくさんセックスを経験してきている男性は、どんどん性癖がマニアックになってきます。

多少のことでは興奮できず、より強い刺激、より強い性癖を持ってしか興奮しづらくなってくるので、女性がそのヒートアップを楽しめないとなると、温度差は開くばかりです。

こういうタイプは外に性欲をぶつける、性的な好奇心を満たすためだけのセフレを作る人もいるので、理解に苦しむという人には重荷になりすぎるかもしれません。
性欲の強さに限らず、極端な嗜好を持つ人にはメリットもデメリットもあるのが常だと思います。そういう人と付き合っていくためには、あなた自身にも柔軟性が求められるでしょう。

それに、1つコツがあります。性欲の強い男性でも、これらのデメリットを帳消しにできる人もいるのです。

それは優しい人、人間力の高い人です。セックスを断ってもカッとならない人、パートナー以外の人にムラムラしても、グッと堪えるガマン強さのある人。そういう人なら、性欲が強い男性ならではのデメリットもほとんど気にならなくなるでしょう。

または、あなた自身が彼の性欲にしっかり向き合ってあげることも大切でしょう。彼が浮気したくなる時がどういう時なのか、浮気しないために自分は何をしてあげられるのかを考えてみるのもいいでしょう。

要は、2人でどのように互いの性欲に向き合っていくかが大事なのです。性欲という小さい問題に囚われすぎず、なんでも一緒になって悩んでくれたり、やり方を試行錯誤してくれる人となら、セックスもうまく行っていけるのかもしれませんね。(ミクニシオリ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事