アイコン デートのたびセックスしたがる男の心理

2021.10.19

デートのたびセックスしたがる男の心理

デートのたびにセックスしたがる彼。「ひょっとしてヤリモクなのかな?」なんて思ってしまう人もいるでしょう。実際のところ、男性がヤリモクで女性と付き合うことはあります。

しかし、デートのたびにセックスを求められたとしても、必ずしもヤリモクとは言い切れません。ヤリモクじゃないとすれば、それはどんな心理なのでしょうか。この記事では、デートのたびにセックスしたがる男性心理をご紹介します!
いったいなぜ男性はデートのたびにセックスしたがるのでしょうか。ヤリモク以外にどんなケースがあるのかご紹介します。
 

(1)愛おしくてたまらない

男性には、性的快感だけではなく「彼女と愛し合いたい」という理由でセックスを求めるケースもあります。彼女のことが好きで好きでたまらない。

この愛を伝えたい。彼女からの愛を感じたい。そんな情熱的な愛情から、デートのたびにセックスを求めてしまうのです。

このパターンに該当する男性のセックスの特徴として、前戯や後戯に時間と愛情をかけてくれる、「好き」「愛している」と頻繁に言うなどが挙げられます。
 

(2)愛し合いたいし性欲も解消したい

愛情と性欲解消。その両方を求めているパターンもあります。「彼女とのセックスで性欲解消ってなんか嫌」と思う人もいるかもしれませんが、「彼女と愛し合いたい」という気持ちもあるので許してあげてください(笑)。

このパターンは、遠距離恋愛などの会える頻度が少ないカップルに多い傾向です。「彼女に会いたい」という気持ちもムラムラもどちらもたまっているため、デートのたびセックスを求めるのです。
 

(3)デート=セックスありきだと思っている

「どんなデートプランであっても、必ずどこかのタイミングでセックスするものだ」なんて思っている男性もいます。デート=セックスありきだと当然のように思っているので、セックスができないデートプランはいっさい提案しません。

突然ちょっと気持ち悪いことを言ってしまいますが、なかには彼女の生理のタイミングを予想して、その日を避けるようにデートの日程を決める男性もいます。
 

(4)彼女とのセックスが気持ちよすぎて虜になっている

たとえば、感動するほどおいしいものを食べたとき「もっと食べたい!」「手が止まらない!」「これはヘビロテしなきゃ!」なんて思いますよね。それと同じように、彼女とのセックスに感動し「もっともっとしたい!」と求めまくってしまう男性もいます。

“彼女にまったく自覚はないけど、実はセックスで彼を魅了しまくっている”というケースってちょくちょくあります。たとえば膣が超名器だったり、彼女の体型が彼のフェチに刺さりまくっていたり。

「デートのたびにセックスを求められる……」というお悩みを抱える女性のなかには、自覚なしに身体で彼を魅了しすぎているというケースもあるでしょう。
 

(5)彼女のためにセックスしている

「きっと彼女もセックスしたいだろうから、俺が積極的にリードしてあげないと」とか「デートをしてセックスしないなんてダメだ。『私に魅力がないのかな?』なんて彼女を不安にさせてしまうかもしれない」というふうに、彼女に気を遣ってセックスしているケースもあります。

実際、彼氏が全然求めてくれないと不安になってしまう人もいるでしょう。でも、一方的に「彼女が不安になるに決まっている」と決めつけるのは、それはそれで「う~ん……」って感じもしますよね(笑)。
 

(6)心の安定を求めている

メンヘラ気味の男性に多いのがコレ。頻繁に心が不安定になる、愛や安心が欲しくなる、それゆえにセックスを頻繁に求める、という流れです。

セックスには「愛されているなぁ」とか「安心できるなぁ」といった心地よさもありますので、心が不安定な人がセックスに癒しを求めるのは理解できる話ではあります。ただ、セックスだけしか癒す術がない場合セックスに依存気味になってしまうので要注意。
“ヤリモクじゃないけどデートのたびにセックスしたがる男性心理”について紹介しましたが、ヤリモクかどうか見分けるにはどうすればいいのでしょうか。見分け方のコツをご紹介します。
 

(1)デート中に「今日生理なの」と言って相手の反応を見る

ヤリモクじゃない場合、「大丈夫?」「無理しないでね」というふうにやさしく寄り添ってくれるでしょう。言い方もポイントで、「本当に心配してくれているんだな」と感じられるでしょう。

一方ヤリモクの場合、「大丈夫?」と言ってはくれるものの、わかりやすくテンションが下がったり、ボディタッチや「好き」「愛している」という頻度が減ったり、急にお金をケチりだすなどの変化が生じることがあります。
 

(2)前戯と後戯で彼のようすをチェックする

前戯と後戯。これらはいずれも、愛の強さと質が直結しがちです。たとえば、「クラブでナンパした子。もう二度と会うことはないし今だけ気持ちよくなれたらいいや」という相手には、男性は前戯も後戯も雑になるでしょう。前戯・後戯どっちもしない、なんてこともあるかもしれません。

一方、「大好きな彼女。絶対手放したくない!」といった強い愛情を抱いている相手には、誠心誠意ていねいに臨みます。やさしい手つき、行為中の愛にあふれる言葉、「大丈夫?」「痛くなかった?」といった気遣いなど、彼女に寄り添うように前戯と後戯をします。
 

(3)以前話した内容をおぼえているかどうか質問する

ヤリモクはその呼び名のとおり、ヤるのが目的です。セックス以外のことは興味ありません。そのため、以前のデートで話した内容をあまりおぼえていない傾向があります。

ヤリモクではない場合、彼女の好きなものや趣味嗜好、今気になっているものなど、ささいなこともおぼえていることが多いです。
 

(4)セックスできそうにないデートプランを提案する

「ココすごく気になるの!」「どうしても行きたい!」というふうに、すごく行きたそうなニュアンスが伝わる言い方で、セックスできそうにないデートプランを提案してみましょう。

ヤリモクはセックスにしか用がないので、セックスできないデートは当然嫌がります。ヤリモクではない男性の場合、たとえセックスできなくても、愛する彼女が「どうしても行きたい!」と言えば「よし、行こう!」という気持ちになるものです。
デートのたびにセックスしたがる男性って実はすごく多いです。「付き合って何年も経っているのに、いまだに毎日求められる」なんてケースもあるほどです。

ただ、「毎回求められるのはつらい」という人もいるでしょうから、無理に応えてあげる必要はありません。
また、セックスの頻度についてきちんと話し合っておくと、お互い不満や不安を抱えずに済むのでおすすめですよ。(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事