アイコン ここを見れば男性の興奮度がわかる!7つのポイント

2021.10.02

ここを見れば男性の興奮度がわかる!7つのポイント

フェラや手コキをしている時、男性が今どれくらい感じているのか、感じていないのかが分からないとやりにくいですよね。

そんな時は男性の体のある部分を見るとどれくらい性的に興奮しているのかが分かります。それに合わせた動きをすれば、もっと興奮させることも、焦らすことも可能なんですよ。

今回は、男性の興奮度がわかる体の変化を紹介します!
男性が気持ちよくなっているかどうかは、次の7つの変化を見てみましょう。興奮しているのか停滞しているのか見分けることができます。この《興奮》と《停滞》を見抜くことで次に何をすればいいのかが分かるんですよ。

変化している時は興奮度が上がっているので、やっていることを更に続けていきます。逆に変化が見られない時は興奮度が足りない、つまり気持ちよくない時です。別のやり方に変えて反応を見てみてください。

呼吸


服を着ている状態でもわかるのが呼吸です。相手の呼吸に気をつけてみると、興奮度が上がると呼吸が荒くなるのが分かると思います。

キスしている時に全く呼吸が変化しないなら、それは興奮度が上がっていない証拠です。手を首に回して襟足の髪を軽く掴んでみたり、脚を絡ませてスリスリしてみたりすると、興奮度が上がって呼吸が荒くなるのがよく分かりますよ。

前戯や挿入の最中も呼吸の変化は感じ取りやすいので、気をつけてみてください。


呼吸に変化が見られ始めるのと同じ頃、体温が上がって汗ばんでくる人もいます。体を動かしていないのに首筋や脚の付け根がじっとりと汗ばんでくると興奮度が上がっています。

例外として、手や足が冷たくなっているのにしっとり汗ばんでいる時は、興奮というよりはかなり緊張している状態のことが多いです。あまり緊張が強いと勃起を保てなくなることもなるので、リラックスしたイチャイチャタイムに戻って緊張状態をほぐしてみるといいかもしれません。

勃起度


一目瞭然で興奮状態がわかりやすいのが勃起度ですよね。勃起しているといっても、弾力のある勃起から石のように硬い勃起状態までにいくつか段階があります。ここでは分かりやすく4段階に分けます。

1.硬くなっているが握ると弾力がある
いわゆる半勃起ですね。この時に強い刺激を与えてもあまり気持ちいいとは感じにくいようです。フェザータッチか、軽く握ってゆっくり動かす程度で興奮度を徐々に高めていく必要があります。

2.竿がカチカチになるが亀頭は柔らかい
フル勃起まではあと一歩ということろ。亀頭や裏筋への刺激を加えて更に興奮度を上げたいところです。

3.亀頭までパンパンになる
このあたりに来ると、竿の中の海綿体に血液がジュワジュワと流れ込んでくるのを握った手で感じることもあります。

4.カチカチの竿がさらに膨れてバキバキになる
興奮度マックスで射精が近いサインです。

勃起度は興奮度に直結しているので興奮と停滞が分かりやすいですよね。

腰の動き


フェラや手コキでの愛撫中に気持ちよくなってくると、腰を小さく前後に揺らす人がいます。本人は意識していなくても自然に動かしてしまうようです。腰を揺らしている時は、「そのまま続けて」のサインだと思っていいでしょう。

腰の動きが止まったら停滞のサインです。別の刺激に変えてみましょう。

筋肉の動き


気持ちよくなると腰を揺らすもいますが、太ももとお尻の筋肉を硬直させる人もいます。これも「気持ちいい」のサイン。太ももの筋肉が盛り上がってくるのでわかりやすいです。

ただし騎乗位中に下半身を硬直させるのは、腟から竿が飛び出て折れそうになるのを防止するために力を入れて竿をシャキッとさせている場合もあります。

玉の位置


興奮度がマックスに近づき射精圏内に入ると、普段は袋の中でぶら下がっている玉が徐々に上にあがってきます。竿の根元あたりまで上がってきたら、山でいうところの8合目あたり。もう頂上が見えています。

まだ射精させたくない時は刺激をストップ。玉がすぐに下がるのがわかると思います。また同じ刺激を再開して、ちょっとした焦らしをしてもいいですね。射精させたい場合は、同じ刺激をほんの少しだけ強くしてあげるとスムーズに射精させることができます。

ピストン運動


挿入中に興奮度マックスになり射精体制にはいると、快感を最大限に得ようと、奥へ奥へと無意識に押し込む動きに変わります。もしくは、竿の上の面を腟壁に押し付けてくるような動きになることもあります。

ここまでくるともう止めることができないので、寸止めしようとすると中途半端に射精してしまいます。
人間の体なので、必ずしもこの通りの変化が分かりやすく現れるわけではありません。それでも、相手の反応に常に注意することはセックスでは最も重要なことです。性別にかかわらず、セックスが上手い人は相手のことをよく見ています。

体の変化を敏感にキャッチできるようになると、相手の気持ちよさが手に取るよう分かるので、責める楽しさにも目覚めてしまうかもしれませんね!(べっつぃー/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事