アイコン 彼女持ちとセフレ状態に!セフレにも優しい男性心理と抜け出し方

2021.07.04

彼女持ちとセフレ状態に!セフレにも優しい男性心理と抜け出し方

彼女がいる男性とセフレの関係になってしまった……そんな経験がある女性もいると思います。

報われない関係を終わらせたいのにやめられないのに、そもそもなぜ本命の彼女がいるのに男はセフレを作るの? 彼女持ちの男子とセフレ関係に陥ってしまってなかなか抜け出せない女子のために、男性心理と脱却方法を解説します。
彼女がいる男性とセフレ関係になってしまった。ダメなこととは分かっているけれどなかなか抜け出せないという女性もいると思います。なぜ、彼女持ちだからこそ余計にハマってしまうのでしょうか?

・禁断の恋のうまみ

人は「ダメ」だと分かっていることだと余計に燃えてしまう生き物です。禁断の恋や不倫など、分かっていてもやめられない……むしろ、禁断の恋に旨味すら感じてしまうという人もいるようです。もし、これが普通のセフレ関係だったらそこまでハマらないのかもしれませんね。

・彼女にマウントできる

彼女持ちの男性をあえてセフレにする女性には「心の中で彼女にマウントを取れる」という心理があるようです。

しかし、たとえマウントを取れているとしても、それは自己満足にしか過ぎないと思います。周りにその優越感を話したとしても理解されないし、むしろ「無理にマウントを取ろうとしている」という負け惜しみにすら見えていることでしょう。
女性からしてみれば、彼女持ちの男性がわざわざセフレを作ろうとする気持ちは理解できないかもしれません。なぜ、彼女がいるのにわざわざセフレを作るのか男性の心理に迫ってみました。

・たまにはつまみ食いしたい

最も多い理由は「たまにはつまみ食い」をしたいからというものです。「毎日、同じご飯では飽きてしまうからたまには違うものを食べたい」と不倫や浮気をする人がよく言っていますよね。

たしかに毎回、同じ彼女とのセックスでは飽きてしまうかもしれません。この言葉の裏には「自分が彼女以外の女性にもモテているかを試したい」という意味が隠されているような気もします。

・彼女とは違う部分をもった女性に惹かれる

彼女とは違うタイプの女性をセフレにしたがる男性は、彼女の前では決して見せる事が出来ない一面を見せることができるという風にも捉えられます。

たとえば、彼女はお酒が全く飲めないけれどセフレはお酒好きだから一緒に飲むことができる、彼女とはできないアブノーマルなプレイでもセフレなら理解してくれる、など……。

このように、お互いが同じ趣味を持っていてお互い楽しんでいるのであれば、無理に別れる必要はないと思います。もし、彼が彼女と別れたとしても「気の合うセフレ」としてキープしておくのも手かもしれませんね。

・本命との関係が安定しているから遊べる

既婚男性の中には奥さんとの仲が良好だからこそ、遊びたがる人がいます。彼女や奥さんには安らぎや安定を求めて、セフレにはスリルやときめきを求めたいのだそうです。

そういう男性が彼女と別れることはまずないと思います。相手に対して少しでも好きという気持ちがあるのならば、さっさと切ったほうが賢明だと思います。

・セックスだけの割り切った相手がいるのは楽

彼女と会えない寂しいときを埋めるだけのために、割り切った相手=セフレを作るという男性も多いようです。

このタイプの場合、彼女のことをセフレに話しておくことで線引をきっちりするケースが多いですね。ただし、「お前は浮気相手なんだぞ」と明確にしているのでセフレから彼女に昇格することはまずないでしょう。

・単なる浮気

彼女に対して気持ちが冷めている、または彼女と別れそう……という男性の場合だと、セフレに対して浮気心があるかもしれません。

それならば、セフレから彼女に昇格できるチャンスは十分にあると思います。ただし、このタイプの男性は浮気性なのでもし付き合ったとしても浮気されて別れる……という未来が目に見えるといっても良いでしょう。

関連記事はコチラ▼▼

彼女がいるのにセフレを作る男性にとって、セフレと本命彼女の違いとは何なのでしょうか? 男性にとって線引している部分を聞いてみました!

・優先順位が違う

やはり、一番違うのは優先度! 彼女とセフレで会う日が被ってしまった場合、真っ先に彼女を選ぶでしょう。

もし、どうしても彼女よりも優先してほしい! と思うのであれば、少し彼に冷たい態度をとってみましょう。

そのときに少しでもあなたのことが気がかりになれば、きっと連絡してくるはず。あなたがいなくても彼女がいればいいや、と考える男性ならそのまま連絡は来なくなるでしょう。

・将来の展望が違う

男性が女性を選ぶ理由の1つとして将来への展望というものがあります。同じ目標を持っている女性なら大切にしたいと思うのは当たり前ですよね。

もし、あなたがその男性のことを本当に好きで付き合いたいのであれば、相手の目標や生き方に合わせるというのも1つの方法かもしれません。

「そこまで自分を変えたくない!」という人は、たとえ彼と付き合えたとしても彼との価値観の違いが生じるかもしれませんね。自分を変えてまで彼と付き合いたいのか、もう一度考えてみるのも良いかもしれません。
セフレの彼が彼女持ちであっても、彼が優しいのでなかなか離れることができない……という女性は多いと思います。しかしここでは、なぜ彼があなたに優しくするのか考えてみましょう。

・手っ取り早くやりたいから

まず、最も考えられる理由は「てっとり早くエッチをしたいため」です。自分に彼女がいることを知っているのにエッチを受け入れてくれる女性なんて、ほとんどいないと思います。

自分はその男性に「都合のいい女」だと思われていることを忘れずに! それでも良いと思うのであれば逆にこちら側も「都合の良い男」として割り切ってキープするようにしましょう。

・機嫌を損ねず長くキープしたいから

彼女がいることを理解してエッチしてくれる都合の良いセフレなんて、男からしたらある意味「最高の女」ですよね。

そんな女性を長くキープするためなら優しくすることもいとわないんです。逆手にとってお姫様気分を味わう……というのも楽しみ方の1つですよ。

関連記事はコチラ▼▼

でも、どうしてもセフレは嫌! 脱却したい! という方にはこのような方法がおすすめです。

・自分が二軍ということを自覚して連絡を絶つ

もし、切りたいのであれば思い切って連絡を断つ方法です。それも生ぬるい方法ではなく、LINEから電話番号から彼のSNSまですべてブロックしましょう。

そこまでして彼が追って来たらまさにアッパレ。まずは自分が二軍だと自覚することが大切ですよ!

・セックス以外も彼女より優位になるよう努力する

基本的には難しい方法ではあるのですが、どうしても彼のことが好きで諦められないのであれば彼女よりも優位になるよう努力をしましょう。

そのためには、まずは上手に彼女のグチなどを聞き出すこと。1度、グチを聞いてくれた女性は男性にとって話しやすい相手となり、次もまた悩みやグチを話すようになるでしょう。

彼女のグチを聞いて、彼女が彼にしてあげられないことをやってあげれば良いのです。どんなワガママでも受け入れる女を演じれば、彼はきっと「セフレとしか思ってなかったけれど、俺のことを受け入れてくれてる」と思うようになるはず。彼の罪悪感に訴えかけましょう!

・彼女に連絡して修羅場に

少々、荒手ですが、彼女に関係をバラして別れさせる! というのもパターンです(笑)。もちろんその後、彼と切れる覚悟はある程度必要になると思いますが……。

もし、この方法を試すのであればその後は彼と一切連絡を取らないほうが良いと思います。ワンチャン、彼女にもセフレにも来られた傷心の彼があなたに連絡をしてくるかもしれません。

彼女は恐らく彼のことを許さないと思うのでアナタのほうが有利になるかもしれませんね。
彼女持ちのセフレを好きになると辛いだけですよね。ちなみに筆者も彼女持ちのセフレが何人かいたことがあります。

そのうちの1人は1年間ほど、セフレ関係が続いていたのですがだんだんこちらも飽きてきてしまい「ご飯も奢ってくれないセフレにタダでエッチさせるのってなんかムカつくな」と思って切ってしまいました。

長い期間セフレでいると、こっち側のメリットがないことに気付いてくるんですよね。もし、彼女持ちのセフレができてしまったら、飽きるまでやり尽くすというというのも1つの手かもしれません。そのうち、他にいい感じになる男性がきっと現れると思いますよ!
(結城/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

【オトナの出会いを探すなら…】

最近、マッチングサービスを通じた出会いが主流になってきています。これまで出会ったことのない世界の男性と話せたり、理想の条件で検索して、ズバリな相手を探せたりといいことばかり。

婚活・恋活だけじゃなく、気軽に遊んだり、飲みに行ける友達を探したい人は「PCMAX」がおすすめ。顔を隠してもOKなので、友達バレせずにはじめることができます。

写真掲示板もあるので、好みのイケメンを見つけることも可能。

女性は無料で利用できる上に、メッセージを送ったり、掲示板に投稿すると豪華景品と交換できるマイルが貯まる仕組みになっています。

イケメンと出会えてさらに景品までもらえるなんてとてもオトクですよね。

【無料】PCMAXに登録する


▼人気のマッチングアプリをもっと見る!
恋人もセフレも探せるマッチングアプリランキング

恋活におすすめのマッチングアプリランキング

イケメン彼氏が作れるマッチングアプリランキング

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事