アイコン 女性の浮気がバレる理由と、バレないようにするコツ

2021.06.13

女性の浮気がバレる理由と、バレないようにするコツ

あなたは、恋人の浮気に気づいてしまったことがありますか?

スマホの盗み見や、服についたニオイなど、浮気はふとしたタイミングでバレるもの。それは、女性側の浮気も同じです。

現実的で疑り深い女性の浮気は、男性の浮気よりもバレづらいといいますね。

浮気は本来「バレないように」やる人が多いはずなので、ストーカーでもされない限り、本来バレようがないはずなのに……男性は、どんなきっかけで女性の浮気に気がつくのでしょうか。
男性にヒアリングしていくと、やはりLINEがきっかけで浮気バレすることは多いようです。

これは男女問わずですね。一緒にスマホを見ている時にポップアップに怪しいLINEが表示されたり、それを隠そうとする動作から疑いが濃くなってしまった、など……あなたも恋人を疑ってしまった経験、ありませんか?

「付き合っている彼女が、LINEのポップアップ表示方法を突如『新着メッセージがあります』と表示されるように設定を変更したんです。今までは隠していなかったのになぜ? と、少し気になってしまいました。

そんな時たまたま、彼女の家でおうち映画デートしていたら、彼女が寝落ちしてしまったんです。今しかない、と思い僕が手にとったのはiPad。

iPadの通知設定までは変えていないのでは……と思ってみてみたら、案の定iPadでは待ち受け画面からLINEをチェックすることができました。明らかに怪しい男と連絡を取っていて、爆死」(30歳/IT関係)

結局、すべての証拠は連絡ツールの中に入ってしまうもの。

LINEやメール、SNSはスマホ以外のデバイスと連携している人も多いでしょうから、最も気をつけなければいけないものです。とはいえ、管理するものが増えると注意力も散漫になりがち。

浮気中は他デバイスとの連携は解除した方がいいかも。
彼氏に浮気相手に……と休日の予定が増えていくと、これまでとは違うルーティンの行動が増えてきます。やっている方はなんとも思わずとも、疑っている方はとことん確認したくなるものなのです。

「今まで金夜〜土曜は2人で遊ぶというのがずっと定形になっていたのに、ここ数ヶ月『予定があって会えない』と言われることが増え、冷められてしまったのか、はたまた浮気なのかとずっと疑っていました。

ある日、デートの誘いと断られた金曜の夜、彼女の家を訪れていると部屋の電気がついていました。居留守覚悟でインターホンを押してみようと思いましたが、その前にふと、ドアポストを開けて部屋の音を聞いてみたんです。聞こえてきたのは、彼女の喘ぎ声。一気に冷めて、次の日にLINEで別れを告げました」(27歳/広告関係)

オートロックでないタイプの家に住んでいる場合、このような半ストーカー行為も成り立ちやすくなってしまいます。

疑念を抱えているストレスにさらされている人は、このくらい大胆な行動も取ってしまいやすくなります。1階に住んでいる人、オートロックのないアパートに住んでいる人は、自宅での浮気行為は控えるべきかも。

関連記事はコチラ▼▼

初歩的な浮気バレの中には、完全な物的証拠を抑えられることもあります。

「彼女の家に泊まりに行ったら、布団の中からコンドームの外包装が。自分が男だから分かるんですよね、捨て忘れるよね〜バーカ、って」(26歳/医療関係)

「同棲中の彼女のカバンがリビングに置いてあったので、ふと中を見たらラブホのレシートが。平日の昼12時ぴったりにラブホ入室って……風俗かよって」(30歳/出版関係)

物的証拠を突きつけられると焦ってしまうかもしれませんが、スマホのやりとりや浮気現場を見られるよりは言い逃れのしようがあるもの。

コンドームのゴミなどは「オナニーの時に使うんだよね」とさらっと返せば言い逃れできます。言葉に詰まってしまったら、それはもう浮気を認めたも同然です……。

女性も男性も、そもそも性格として「疑り深い人」と「そうでない人」がいます。物的証拠をたまたま発見される以外の理由は、男性側が浮気を疑って一歩踏み込んだ調査をされた結果バレるようなことが多く、そもそも疑われていなければ調査されることもありません。

疑り深い人、小心者で用心深い人、恋愛に重たい人は「勝手にスマホを見る」「ストーカーする」「家に押しかける」などの大胆な行動も取ってきます。

逆に、性格がオープンで人を疑わないタイプの人なら、LINEの表示方法を変えたくらいでは気に留めたりしないこともあります。

ワンナイトラブのような浮気にすぐ気付ける人はあまりいませんが、乗り換えを検討するような濃い相手と浮気している時は、どうしても行動のルーティンやスマホ内の環境を変えざるを得ないでしょう。

そういった浮気がバレる可能性は、相手の性格にも大きく左右されます。恋人が疑り深い、執念深いタイプの場合は、付け焼き刃の浮気バレ防止は通用しません。

本気で「恋人に浮気を隠したい」と思うなら、恋人の性格に合わせて自分の注意度合いを変えるべきでしょう。連絡手段をLINE以外のものにしたり、自宅でのバレやすい浮気は避けることをおすすめします。(ミクニシオリ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事