アイコン 不倫からの結婚で幸せを掴んだ女性のエピソード

2021.08.21

不倫からの結婚で幸せを掴んだ女性のエピソード

コロナ禍で増加しているといわれている男女の不倫。不倫は周りの人を不幸にするイメージがありますが、本当に不幸なことばかりなのでしょうか。
今回は不倫から幸せを掴んだという女性に話を聞いてみました。東京都に住むOLのカナさん(仮名・33歳)は29歳のときに1度目の結婚をしました。元夫は学生時代から付き合いで腐れ縁とも呼べる仲だったといいます。

「元夫とは大学生のときに知り合いました。大学時代は若かったので夫の浮気が耐えずにケンカばかりしていました。でも、卒業後はお互いに就職をして夫も落ち着いてきて関係は良い方向に。

そして、26歳の誕生日にプロポーズをされて婚約しました。結婚式を半年後に控えていたのですが、なんと婚約中に元夫の浮気が発覚したんです」

婚約中に元夫の浮気が発覚し別れを決意したというカナさん。しかし、元夫は食い下がりませんでした。

「別れを告げると元夫がストーカー化したんです。1日に何通も『ヨリを戻したい』とメッセージを送ってくる、私の家の前で待ち伏せするなど……。

そんな夫に根負けしてついヨリを戻しちゃったんですよね。そしてヨリを戻してしばらくしてから私の妊娠が発覚。夫からすれば子供を作っておけば結婚できるだろうと思ったのかもしれません。

でも、私自身も子供が欲しかったということもあったので妊娠がわかったときは嬉しかったんです。その後、すぐに入籍をしたのですがしばらくして急に体調が悪くなって……流産をしてしまったんです」
しかし入籍はしていたので結局、元夫と一緒に暮らすことになったカナさん。しかし、その日以来夫の態度が急変します。

「夫はすごく子供を楽しみにしていたので、子供がいなくなってしまったことがショックで私に当たるようになったんです。私自身の傷も癒えていない状態だったので、夫の態度は余計にショックでした。

夫は私に『出来損ないの母親』『子供1人マトモに産めないのか』などの暴言を繰り返し、次第に私も病んでいきました。その後、しばらくして夫の転勤が決まり1年ほど県外の支店に派遣されることになったんです。

夫からしても家と違う場所で気分転換になるだろうし、私もそのときの夫と一緒にいるのは辛かったので単身赴任という形になったんです」

しかし、夫が単身赴任になってから1度も連絡が来ることはなかったそうです。そして、夫が一時帰宅したとき、カナさんはとんでもない事実を知ることになるのです。

「夫がお風呂に入っているときにLINEが鳴ったんです。メッセージ内容が画面に表示されたのをたまたま見てしまったのですが、女の子からでした。しかも『いつ戻ってくるの?』という内容で、そのときに夫が浮気していることを知ってしまったんです。

お風呂から上がった夫にLINEが来てたことをさりげなく伝えると、急に慌てだしてので確信しました。結局、夫は家にいる間私との会話もほとんどなく、2日後にはすぐに赴任先に帰っていきました……」

関連記事はコチラ▼▼

夫の浮気が発覚して数週間後、カナさんにある男性との出会いが訪れます。その人は落ち込んでいるカナさんを見かねた友人が飲みの席に呼んでくれた人だったといいます。

「第一印象は普通に優しい人でしたね。夫以外の男の人と話すなんて本当に久しぶりだったので、話がすごく盛り上がったんです。でも友人が私のことを既婚者だというとあからさまに落ち込んでいました。

その時点では彼とはもう会うこともないだろうと思っていたんですが、なんと彼のほうから連絡先を聞いてきて『何かあったら相談に乗るからいつでも誘って』と言ってくれたんです。

後日、それまで友人にも言えなかった夫の相談を彼に話したら彼は静かに聞いてくれて……。それから彼と食事する仲になったんです」

そして、ある日突然彼に打ち明けられたカナさん。それは……。

「相変わらず夫からは音沙汰ないし、その日もいつものように彼と食事しながら愚痴をこぼしていたんです。すると彼が突然『旦那さんと別れて俺と結婚してほしい』とまさかのプロポーズ! 最初は驚いて断ったのですが、帰ってからも彼の言葉が忘れられなくて。

でも、流されているだけのような気がしたので自分の気持ちを一旦整理して冷静になることに。彼のことは気になるけれど夫には情があるし……と色々考えてもう1度彼に会うことにしました。そのとき初めてホテルに行ってしまったので、実質不倫関係になってしまいまったんです」
それから数ヶ月、カナさんと夫との関係はすでに冷え切ってしまっていたそうです。しかし、現状を打ち破ったのはカナさんではなく夫のほうからだったのです。

「夫から突然、離婚してほしいと言われたんです。聞くと、やっぱり夫は浮気をしていて派遣先で出会ったキャバ嬢を妊娠させてしまったそうです。

そのとき、怒りもなくすでに私の気持ちは今の彼に傾いているんだと気づきましたね。私は自分も不倫をしていることは夫に言うつもりはありませんでしたが、私も悪かったということになり協議離婚に。

お金の問題は一切ありませんでした。でも、離婚してすぐに今の彼のところに行くのも少し違うかなと思って、しばらく彼とは距離を置くことに。彼はその間も待ってくれていて、それから半年後に気持ちの整理をつけて私のほうから告白しました」

それから2年半、つい先日その彼と入籍したカナさん。さらに妊娠も発覚して幸せいっぱいだといいます。
もし、カナさんが結婚していなければこの出会いはなかったのかも。始まりはどうであれ、カナさんが幸せならそれが一番なのではないのでしょうか。

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事