アイコン 女性がマッチングアプリでセフレを探す時の注意点

女性がマッチングアプリでセフレを探す時の注意点

マッチングアプリって、セフレ探しにとっても便利です。身長、体型、容姿など、条件を絞って検索できたり、身バレ防止機能を搭載しているアプリもあって知り合いにバレずに使えたり。しかも無料。どこを切り取っても魅力だらけです。

そんなマッチングアプリでのセフレ探しですが、いくつか気をつけたいポイントがあります。思わぬ痛い目をみないため、この記事では、マッチングアプリでセフレを探すとき気をつけたいポイントをご紹介します!
「希望にピッタリのセフレを探したい」「今スグ出会いたい」そんな時には出会いに意欲的な方が多く集まるマッチングサイトを利用するのがおすすめです。
マッチングサイトは沢山種類がありますが、その中でもハウコレ編集部がおすすめするのは、飲み友探しからセフレ探しまで無料で探せるPCMAXです
 

気軽な飲み友からセフレ探しまで

登録者数1700万人突破

創設から15年以上が経過している老舗の出会い系サイトPCMAX。日常的にサイトを利用しているアクティブユーザーは60万人、プロフィール検索だけでなく、掲示板などの出会い募集の書き込みも月間85万件と、出会いに意欲的な利用者が多いです。20代~40代と幅広い年代の人が登録しているのも魅力です。

飲み友探しからセフレ探しまで

ピュアジャンルからアダルトジャンルまで幅広いトピックの掲示板を活用できるのが大きな特徴です。「ランチ・ディナーに行こう」などのトピックでは気軽な飲み友探しや、セフレ探しには「今スグ会いたい」などのトピックからピンポイントな希望にぴったりのお相手を探せます。

24時間・365日監視体制で安心

PCMAXは利用者の安全を考え、AIと有人によるダブルの監視体制を敷いています。PCMAXが独自のAIで違反者の傾向はないかチェック。さらに、有人サポートで通報・相談に迅速に対応できるようにしています。利用者を第一に考えた独自の仕組みで、安全な出会いの実現に力を入れています。

編集部のオススメポイント

✔アクティブユーザーが多い

✔違反者の対策に力を入れている

\無料で気軽にはじめられる/

PCMAXに無料登録する

(1)メッセージのやりとりで、直接的な卑猥な言葉は避ける

「セックス」とか「ちんこ」といった直接的な表現は避けたほうがいいです。

エッチな内容のメッセージを送ってくる女性にたいして、男性は「サクラや業者なのかも?」とか「これ、もしかして美人局とかハニートラップ的なねらいがあるのかな……?」なんて疑ってしまうこともあります。

また、卑猥な言葉を使ったことであなたが通報されてしまい、強制退会になってしまうなんて可能性も考えられます。

もしセフレ募集の旨を相手に伝えたい場合は、「スキンシップは大切だと思います」とか「三大欲求はあります」といった言い方をするなど、触れ合うことに好意的であると匂わせるような表現をするといいかもしれません。
 

(2)個人情報は多くは明かさない

たとえば勤務先や出身校など、セフレの関係においてわざわざ明かす必要のなさそうな情報は、言わずに秘密にしておいたほうが安心かもしれません。

というのも、男性のなかには、セフレができたときつい自慢したくなってしまう人もいて、あなたの知らないところであなたの情報を公開しているかもしれないからです。「男同士の飲み会でセフレ自慢、写真も名前も勤務先も公表」なんて秘密を守れない男性もいるので要注意です。
 

(3)地元絡みの人は避けたほうが無難?

「セフレをつくっていたことが地元の友達にバレてドン引きされた。それ以来、地元の友達から誘われなくなったし、同窓会にも行きづらくなった」

これは実際に私の友人が置かれている状況です。

幼少時代~学生時代をともに過ごした地元の友達から距離を置かれてしまうのは、なかなか苦しいことです。また、「帰省したいけど、友達にばったり会ってなにか言われたらどうしよう……」なんて思ってしまい、地元に帰ること自体嫌になってしまうこともあるかもしれません。

大切な地元の人間関係を失わないための対策として、同じ出身地の人は除外してさがすといいかもしれません。地方に住んでいる場合は、同じ都道府県内ではなく隣県でセフレをさがす、といった工夫もできるでしょう。

「セフレの関係がまわりにバレてもまったく気にならない」という人はとくに気にしなくてもいいかもしれませんが、極力安全にセフレをつくりたい人は頭に入れておくといいかもしれません。
 

(4)写真を見て期待し過ぎない

盛りに盛りまくって、もはや別人の域に達している人もなかにはいます(笑)。そこまでいかなくても、「会ってみたらイメージとちがっていた」なんてことはしばしばありますので、「こんなイケメンのセフレができるなんて……!」と期待し過ぎないように注意してください。
 

(5)デーティング機能はねらい目! だけど気をつけよう

メッセージのやりとりをせずに、すぐに出会うことができるデーティング機能が搭載されているアプリもあります。

このデーティング機能、すぐに会えるという特徴から「今日ヤリたい!」とムラムラして利用している男性もいて、「食事後にホテルに行ってセックス」という展開になることも考えられます。そのままセフレの関係に落ち着くこともあるでしょう。

セックスまでのスピードは魅力的ではありますが、あまり知らない相手と会うこと、そしてセックスすることのリスクも忘れずに頭に入れておいてください。
 

(6)信頼関係を築くまでは、お互いの部屋では会わない

セフレという秘密の関係性を共有していることで、強い信頼感を抱いてしまうこともありますが、それでも部屋で会うのはちょっと待った。

脅すようなことを言ってしまいますが、相手の部屋でセックスする場合、盗撮されるかもしれません。あなたの部屋でセックスする場合、まず相手に住所を知られてしまうということ自体がリスクとして挙げられます。

「気にしすぎ」「そんなに怖がらなくても大丈夫じゃない?」なんて思う人もいるでしょう。たしかにこれは警戒し過ぎかもしれませんが、マッチングアプリがきっかけでなんらかの被害に遭っている人もいる現状、注意するに越したことはないでしょう。
 

(7)メンヘラに注意

セフレの魅力として「お互い都合のいいときにサクッとセックスできる」とか「セックスするけど恋人ではないから、恋愛のゴタゴタやめんどくさい部分がない」といった点が挙げられます。

しかし、セフレがメンヘラだった場合、依存されてしまったり、めんどくさい絡みをされたり、セフレのメリットを打ち消してしまいます。「せっかくのセフレなのに、めんどくさい関係になってしまった」なんて展開は悲しいので、メンヘラには要注意です。
 
メンヘラかどうか見抜くポイントとして、連絡の頻度が多い、友達が極端に少ない、怒ったり泣いたり感情の起伏が激しいといった点が挙げられます。これにあてはまる男性には気をつけたほうがいいかもしれません
また、「最初は平気だったけど、セフレになって時間が経つにつれて次第にメンヘラ化していく」というパターンもあります。セフレができたからといって安心し過ぎず、距離感には常に気を遣っておきたいところです。
セフレというと、遠い世界の話のように感じる人もいるかもしれません。でも、実際それほど難しいことではなく、マッチングアプリを駆使すればすぐにでもセフレができる、なんてこともあります。アプリを使うことは、誤解を恐れずにいえば、あなたの世界を変えることと言えるのかもしれません。

コロナウイルスの影響ですぐにだれかに会うことは難しいかもしれませんが、メッセージのやりとりや電話をして相手のことを知ったり、会わなくてもできることはあります。今のうちにインストールして、セフレ候補をある程度絞っておくのもアリかもしれません。(tsuta/ちーすん)

(オトナのハウコレ編集部)

「希望にピッタリのセフレを探したい」「今スグ出会いたい」そんな時には出会いに意欲的な方が多く集まるマッチングサイトを利用するのがおすすめです。
マッチングサイトは沢山種類がありますが、その中でもハウコレ編集部がおすすめするのは、飲み友探しからセフレ探しまで無料で探せるPCMAXです
 

気軽な飲み友からセフレ探しまで

登録者数1700万人突破

創設から15年以上が経過している老舗の出会い系サイトPCMAX。日常的にサイトを利用しているアクティブユーザーは60万人、プロフィール検索だけでなく、掲示板などの出会い募集の書き込みも月間85万件と、出会いに意欲的な利用者が多いです。20代~40代と幅広い年代の人が登録しているのも魅力です。

飲み友探しからセフレ探しまで

ピュアジャンルからアダルトジャンルまで幅広いトピックの掲示板を活用できるのが大きな特徴です。「ランチ・ディナーに行こう」などのトピックでは気軽な飲み友探しや、セフレ探しには「今スグ会いたい」などのトピックからピンポイントな希望にぴったりのお相手を探せます。

24時間・365日監視体制で安心

PCMAXは利用者の安全を考え、AIと有人によるダブルの監視体制を敷いています。PCMAXが独自のAIで違反者の傾向はないかチェック。さらに、有人サポートで通報・相談に迅速に対応できるようにしています。利用者を第一に考えた独自の仕組みで、安全な出会いの実現に力を入れています。

編集部のオススメポイント

✔アクティブユーザーが多い

✔違反者の対策に力を入れている

\無料で気軽にはじめられる/

PCMAXに無料登録する

関連記事はコチラ▼▼

関連記事