アイコン 意外と知らない玉責めのやり方

2020.09.14

意外と知らない玉責めのやり方

どうも、恋愛コラムニストのやうゆです。

フェラや手コキのやり方を教える記事はたくさんありますが、玉責めに関する記事って実は少ないんですよね。

しかし玉責めは、男性に耐えがたい快楽を与えることができますよ。タマタママスターになれたら、好きな人を骨抜きにできること間違いありません。

そこで今回は、300人以上の女性とセックスしてきた僕が「玉責めのやり方」をお伝えします。

男のことは男に聞くのが一番。好きな人を気持ちよくさせたい女性は、ぜひ最後までお付き合いください。
玉を責める時は、ハムハムするといいですよ。玉をハムハム(通称:玉ハム)されると、唇の柔らかい質感を感じられるので、気持ちいいのです。ハムハムは、唇で優しく包み込む行為なため、力加減には気をつけてくださいね。

玉ハムはフェラとは違った快感があります。玉のコリコリした部位に女性の舌や唇で這われるとゾクゾクとした気持ち良さが玉から全身へと駆け巡り、「もっとやってください!」と服従モードになってしまうんですよね。

男性をヒーヒー言わせたいなら玉ハムで責めあげましょう。唇の力を抜きながら優しくハムハムすることで、男性を気持ちよくさせられます。
玉を責める時は、吸いながら舐めることをおすすめします。吸う+舐めるのコンビネーションによって、2種類の快楽を男性に味わせることができますよ。吸う時の力加減は優しく、舐める時はゆっくり舐めると気持ちいいです。

「吸いながら舐める」と聞くと、2つのことを同時にやらなければいけないマルチタスク感があって大変なイメージを持ちますが、実際にやってみるとすごく楽です。

僕はクンニする時に、クリを吸いながら舐めることが多いですね。ポイントとしては、深呼吸をするイメージでゆっくり玉を吸うこと、舌先はほんの少し動かす程度に止めることですね。

先ほど紹介した玉ハムに「吸う」のアクションを追加すると、男性を骨抜きにできるのでぜひ試してみてくださいね。
玉を扱う時は、玉と玉の間を舐めるのもありです。玉の境目を縦に舐めることで、男性にゾクゾクとした快感を与えられます。玉責めの時のバリュエーションとして覚えておくと、男性はアヘアヘにヨガります。

玉と玉の間を舐められた時の気持ちよさは、未知の快感があるんですよね。舌先で縦に舐めてみてください。男性のアソコはビンビンになり、玉はパンパンに膨れ上がることでしょう。

関連記事はコチラ▼▼

手コキやフェラをしながら、玉をなでなでするのも玉責めの王道パターンです。竿と玉の同時責めは「性の必殺技」と呼べるくらい気持ちいいですね。また、玉を撫でられると愛されてる感があって、心がほっこりもっこりします。

床上手な女性はみんなフェラや手コキの時にタマタマをなでなでしてくれます。かつて、ペアーズで出会ったもえちゃん(仮名)にフェラの時にタマタマを撫でられたら、ちんこ全体が包まれている感覚を味わえました。心もちんこも満たされた瞬間でしたね。

フェラや手コキの時に空いている手があれば、玉へと回しましょう。ワンポイントくわえるだけで、気持ち良さが全然違います。力を入れてもみしだくと痛いので、優しく撫でてくださいね。
以上、意外と知らない玉責めのやり方をお伝えしました。

タマタマはとても気持ちいい部位なんです。竿だけではなく玉も愛でることで、男性をキュンとさせられます。責める時は優しく責めて、舌や唇の質感を損なわないようにするのがポイントです。

この記事を見たあなたが素敵なセックスライフを送れるよう願っています。

どうも、ヤリチンでした。(やうゆ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事