アイコン ヤリチンが語る、セフレに情が湧いた瞬間

2020.07.28

ヤリチンが語る、セフレに情が湧いた瞬間

互いの性欲を満たすだけの割り切った関係。

どちらかに気持ちがあるかは別として、このような関係の異性のことを「セフレ=セックスフレンド」といいます。セフレ関係はお互いが干渉やヤキモチをしないのが第一条件ですが、中には「セフレに情が湧いてしまうときがある」という人も少なくないと思います。

男性がセフレに情が湧く瞬間とはどのようなときなのでしょうか? 今回は、過去または現在進行系で数人の女性とセフレ関係にあるヤリチン男子に話を聞いてみました。
「今のセフレはどんなプレイでも了承してくれるのですが、どうしても無理なことは結構、ハッキリ言うんです。

最初の頃は何でもOKしてくれるから『よほど、エッチが好きなんだな』と思って『今度、俺の友達と3Pしない?』と提案したら、『アナタのことが好きだからどんなプレイでもしてあげたいと思うけれど、他の男とエッチするのは絶対にイヤ』と断られてしまいました。

それを聞いて、俺のことが好きだからすべて受け入れてくれていたのかと思ったら、急に罪悪感が湧いてきたんですよね。さすがにそのときは『ゴメン』とあやまったのですが、それ以来情が湧くようになってしまいました。罪悪感から来る情は結構、大きいと思いますね」(25歳/バーテン)
セフレが自分のことが好きということを自覚している男性は、結構多いとと思います。しかし、相手によってはぞんざいに扱うケースもあるようです。男性が感じる情が湧く・情が湧かないセフレの違いとは何なのでしょうか。

「昔、2人のセフレがいたのですが、1人はメンヘラちゃんでもう1人は普通の子でした。2人とも、僕のことが好きなのは明らかだったのですが、普通の子は会う日でも僕の仕事に合わせてくれるんですよね。

もちろん、向こうが忙しいときには断られることもあるけれど、互いの時間が合ったときに会う丁度良い距離感でした。

一方、メンヘラちゃんはこっちの仕事中でも関係なしにLINEしてきて、忙しくて返信できないと連続メッセが送られてくるんです。

さらに『こんなに好きなのに、なんでわかってくれないの⁉』『もう、死んでやる!』というメッセがバンバン送られてくるんですが、お前が好きなのは俺じゃなくて自分自身だろ……って感じ。

普通ならそこで同情するのかもしれませんが、僕はメンヘラ度がアップするほどスルーしていました。普通の子のほうは、好きとかは絶対に言ってこないんですが、それが逆にいじらしく見えてきて少しずつ情が湧いてきちゃいましたね。

最終的に普通の子には彼氏ができてセフレ関係は終わったのですが、しばらくは引きずっていましたね……」(30歳/広告)

関連記事はコチラ▼▼

一方で、情が湧くときは相手の問題ではなく、自分のメンタルによるという男性も。

「自分の仕事や人間関係が上手くいかなくて落ち込んでいるときにセフレに優しくされると、ついコロッといっちゃいそうになります。後はコンパとかで全然モテなかったとき。狙っていた女の子に空回って、セフレから連絡が来てエッチすると『俺の側にいてくれるのはコイツだけかも』と思っちゃいます。

それで実際にセフレと付き合ったことがあるんですが、他にいい子が現れて上手く行くと、そっちに行っちゃうんですよね……。

でも、その逆もあって、落ち込んでいるときにセフレが他の男とヤッたと聞いたときはめちゃくちゃ腹が立ちましたね。いつもならまったく気にならないんですけれど、そのときは『もう他の男とヤルなよ!』と言って勢いで付き合っちゃいました。

それも自分のメンタルが落ち込んでいるときだったので、情に訴えかけるときは男がヘコんでいるときのほうが効果あると思いますよ」(33歳/貿易)

どんな形であれ、セフレに多少の情が湧くことはあるようです。とはいえ、ヤリチンともなると「お涙ちょうだい系」で情は湧かない……という意見のほうが圧倒的に多かったです。

大事なのは「相手と対等の立場になる」「メンヘラにならない」、あとは「タイミング」! その上で、たまにいじらしい姿を見せることで情に訴えかけられるのかもしれませんね!
(結城/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事