アイコン フェラの気持ちよさが倍増♡かんたんにできるフェラ中の小技12選

2020.05.19

フェラの気持ちよさが倍増♡かんたんにできるフェラ中の小技12選

「フェラでイカせたことがない」「いつもフェラしているけど、彼の反応は薄い……」こんな体験からフェラを難しいと思いこんでいる女性ってけっこう多いでしょう。

でも、フェラって簡単な小技を取り入れるだけで、もっと気持ちよくさせることができるんですよ。この記事では、だれにでもすぐ使える、フェラでもっと気持ちよくさせる小技をご紹介します。難しいテクニック抜きの、すぐに使えるテクニックばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

(1)竿を咥えるまでに気持ちを盛り上げる


「フェラは咥えてもらう瞬間が最高に気持ちいい」と思っている男性ってすごく多いです。そのため、「今からフェラを始めるぞ」というときあっさり咥えてしまうのではなく、たくさん焦らして咥える瞬間の気持ちをもっと盛り上げてあげましょう。

具体的には、咥える前にペニスに息を吹きかけたり、玉を舐めたり、舌先で裏筋を刺激したり、唾液をペニス垂らしたり、ペニスの先にキスをするなどが効果的です。

(2)咥える瞬間を彼に見せる


先ほどご紹介しましたが、咥える瞬間は男性にとってたまらなく気持ちいい瞬間です。ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、咥える姿はしっかり見せてあげましょう。

また、咥えるとき顔がよく見えるように、髪を耳にかけるのもおすすめです。フェラの最中に髪の毛が邪魔にならずに済みますし、「フェラのとき髪を耳にかける仕草がそそる」という男性もけっこういるので、ぜひやってみてください。

(3)できるだけ身体を密着させる


身体をできるだけ密着させる。すごく簡単にできるけど、ものすごく効果のある小技です。身体が触れ合う気持ちよさが加わり、興奮度がグッとアップします。

(4)亀頭だけを出し入れする


フェラをしていて、「ちょっと疲れてきた……」というとき使える小技です。根元まで咥えるのではなく、亀頭だけ出し入れします。

亀頭だけしか攻めないこの小技、一見手を抜いているかのように見えるかもしれません。でも、亀頭はかなり敏感な部分なので、手抜きだと思いきや十分気持ちよくさせることができるんです。それに亀頭が弱い人にとっては、「むしろこのほうがイキやすい」なんてこともあります。

(5)同時攻め

フェラをしながら玉を触ってあげたり、蟻の門渡りに指をはわせたり、乳首を触るなど、複数の性感帯を同時に攻める小技です。快感は一気に増し、イカせることもできるかもしれません。

アナルも性感帯のひとつで、人によってはよろこんでくれるでしょう。ただ、アナルは開発していない人にとっては痛みを伴うことが多く、また、アナルを攻めると「この子すごい慣れているな」と思われる可能性があります。そう思われたくない人は攻めないほうが無難でしょう。

(6)唾液マシマシにする

口の中に唾液をたくさんふくんでフェラをする小技です。唾液がペニスにねっとりと絡みつくことで快感を高めてくれ、また、唾液が多くなることでフェラの音が鳴りやすくなり、聴覚でも気持ちよくさせることができます。

(7)ひねる

フェラをしているとき、ただ上下に動くだけではなく、左右にひねりを加えてみましょう。口内とペニスの触れ合う部分が変わることによって、感じ方に変化が生まれます。

ただひねって角度を変える、というちょっとした小技ですが、こうした小技をいくつも取り入れることで、フェラのマンネリ化を防ぐことができます。

(8)見つめる

フェラをするときの体勢って、男性が仰向けに寝た状態になるか、あるいは男性が立った状態か椅子に腰を掛けた状態で、女性が膝をついて舐めるという体勢が多いでしょう。これらの体勢で相手を見つめると、ちょうどいい具合に上目遣いになります。

上目遣いの可愛らしさとフェラのエロさが相まって、男性はとても興奮できます。

(9)自分の身体を触る

フェラをしながら、自分の胸や膣を触ります。ほかにもっと好きな性感帯があればそこを触ってもOKです。女性が自分で自分の身体を触る姿はとてもなまめかしく、その姿に男性は視覚的に興奮できます。

(10)いったんやめて手でしごく

フェラを中断すること自体がいい緩急になることもあります。どういうことかというと、ペニスをずっと口の中に入れっぱなしだと、口の中のあたたかい温度にペニスが慣れてしまい、飽きてしまうのです。

いったん口からだして、口の外の冷たい空気に触れさせ、そしてまたあたたかい口の中に含むことで緩急が生まれます。もっと温度の変化を生むため、口から出したあとペニスに息を吹きかけて冷ますのもいいでしょう。

(11)口内射精後、口の中にある精液を見せる

フェラでイカせることができたら、すぐに精液をティッシュにだしてしまうのではなく、口の中にある精液をパートナーに見せてあげましょう。射精後の気持ちいい余韻をよりよいものにすることができます。

男性は射精すると性欲が大人しくなることがほとんどです。いわゆる“賢者タイム”という状態です。でも、イッたらすぐに賢者タイムがやってくるわけではなく、イッた直後は射精の余韻を楽しんでいます。この余韻は非常に重要で、余韻に浸っている時間の行動次第で射精の満足度を大きく左右します。

ただ、精液の味ってあまりいいものではないので、決して無理はしないでくださいね。

(12)終わったあともていねいに扱う

余韻に浸っている男性をよろこばせる小技です。フェラって疲れますし、終わったあと「フェラ終わった~、疲れた~」というふうにすぐに横になって休憩したくなるかもしれません。しかし、もう少しだけ頑張って、射精後の余韻を楽しむ彼に寄り添ってあげましょう。

たとえば、射精したあとのペニスをタオルやティッシュで拭いてあげたり、お掃除フェラをしてあげたり、「大好き」「気持ちよかった?」といった言葉をかけてあげたり、キスやハグをするのもいいでしょう。ただ、フェラした直後のキスは嫌がる男性もいるので、一度口をゆすいであげるといいかもしれません。
高度なテクニックを必要としない、12個の小技をご紹介しましたが、人によって好き嫌いはあります。ひとつずつ実践して、パートナーの好みの小技をさぐっていきましょう。(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事