アイコン 【セックス中に幻滅】ヤリチンがベッドの中で萎えた瞬間とは?

2020.04.30

【セックス中に幻滅】ヤリチンがベッドの中で萎えた瞬間とは?

どうも、ヤリチンです。

男がセックスする前って「早くセックスしたい!」と最高にムラムラしているんですけど、女性のちょっとした弱点を見つけてしまうと「誰がセックスするか!」とチンコが萎え萎えになってしまうんですよね。

どうでもいい男に萎えられても平気だと思いますが、好きな男とセックスする時に萎えられるのは悲しくないですか?

そこで今回は「ヤリチンがベッドの中で萎えた瞬間」をお伝えします。

これから紹介する内容に自分が当てはまってないか、チェックしながら読み進めていってください。
ヤリチンがベッドの中で萎えた瞬間1つ目は、女性の下着がダサかった時です。女性の身につけている下着がダサいのがわかると、その瞬間に女として見れなくなるんですよね。

僕に女性の下着の大切さを教えてくれたのは、同じ大学の先輩さおりさん(仮名)でした。

さおりさんとは、飲み会でいい感じになり、そのまま僕の家にお持ち帰りすることに。

挨拶代わりのキスもそこそこに「さぁ、これから熱い夜の始まりだ! たくさんハメハメしてやるぜ!」と大興奮の状態で服を脱がせた瞬間、僕の目に飛び込んできたのは、中学生が着るような「グレーのスポーツブラ」だったのです。

さおりさんのグレーのスポーツブラを見た瞬間に、ハイテンションだった僕のちんぽは一気に萎れて使い物にならなくなり再起不能になりました。

この時の苦い経験によって、僕は女性の下着の大切さを学んだのです。ダサい下着を持っている女性は、今すぐ全部捨ててください。
ヤリチンがベッドの中で萎えた瞬間2つ目は、息が臭かった時です。

いくら僕がヤリチンだからといって、息が臭いとキスしたいと思えないですし、密着したいと思えないので、「もうセックスしたくないな、帰ってくれないかな」と思うんですよね。

口臭ケアの甘い女の子って、めっちゃ多いんですよね。

しかし「メイク頑張ってます!」「ばっちりお洒落してきたよ!」と言われても、お口が臭ければ全て水の泡なんですよ。

以前デートした子にキスを求められた時に、あまりに口が臭すぎて断ったことがあります。自分の息も臭くなってしまいますからね。

歯をちゃんと磨いてなかったり、舌を磨いていなかったりすると、歯垢のモワッとした嫌な匂いが漂うので気をつけましょう。

口が臭い女は、チンコを萎えさせますからね。

ヤリチンがベッドの中で萎えた瞬間3つ目は、女性のお尻が汚かった時です。

尻が汚いと「臭そうだな」「不潔だな」と思ってしまうので、セックスする気が失せるんですよね。

ニキビができてたり、触った感じがザラザラしていたり、うんこがついてたり、ケツ毛がボーボーだったりすると「パンツを脱ぐな!今すぐ履け!そして家に帰れ!」と思います。

見える場所のケアを頑張る女の子は多いですが、見えない場所のケアは適当な女の子が多いんですよね。

関連記事はコチラ▼▼

ヤリチンがベッドの中で萎えた瞬間4つ目は、鼻毛が出ていた時です。

鼻毛が出ていると、みずぼらしく見えるのでムラムラしないんですよね。

ベットに押し倒した時や下から見上げた時に、鼻毛がこんにちはしていることが多いです。

正面から見て鼻毛が出てるのは「出直してこい」or「今日はベランダで寝ろ」と言いたくなるくらい論外ですが、ベッドで下から見たりとか至近距離で見たりした時に「意外と鼻毛が伸びてるな……」と思うんですよね。

明日香キララのようなハイパー美人でも鼻毛が出てたら鼻毛にしか目がいかなくなるので、デート前は鼻毛を処理しましょう。

1週間に1回は必ず処理するように心がけるといいですよ。

また鼻毛だけじゃなくて、鼻くそも見えることがあるので、マジで汚い奴だなと思うこともあります。

以前、関係を持ったみさとちゃん(仮名)とイチャイチャしていて、首を責めて見上げた時に、鼻くそが見えた時は性欲が萎えに萎えましたね。

鼻くそつけたまま女であることを主張するのはやめてほしいです。清潔感のない女って、細かいところの処理が甘いので、鼻くそにも気づけないんですよ。

鼻毛が出ていたり、鼻くそがついていたりする女とはセックスできません。
以上、ヤリチンがベッドの中で萎えた瞬間をお伝えしました。あなたに当てはまるものはありましたか?

もし当てはまるものがあった場合は、知らない間に男性を萎えさせているかもしれません。どうでもいい男ならまだしも、好きな人を萎えさせていたらもったいないので、ぜひ日頃からケアを頑張りましょう。

この記事を見たあなたが素敵なセックスライフを送れるよう、願っています。

どうも、ヤリチンでした。(やうゆ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事