アイコン 「寂しかったから…」 遠距離恋愛中に浮気する女性の心理

2020.02.01

「寂しかったから…」 遠距離恋愛中に浮気する女性の心理


遠距離恋愛では浮気が起こる……そんな話をよく聞きますよね。

いつも近くにいるわけではないぶん、浮気が起こることを防ぐことも難しいでしょう。さまざまな媒体で行われているアンケートでも、遠距離中の浮気は女子も男子も浮気しがちなことがわかります。

相手のことが心配になる気持ちもわかる……が、杞憂しても100%浮気を防ぐためには同棲を始めるなどするしかないので、ならばいっそ自分も浮気しちゃってみたらどうでしょう?

ということで今回は、さまざまな距離の遠距離セックスのお声を集めてみました!
「私も彼も都内に住んでいますが、私は東東京、彼は西東京に住んでいるのでほぼ遠距離も同然。東京に住むと、1時間以上電車に乗る場所は遠距離としてカウントしてしまうんですよね。

平日はお互いに仕事があるし、土日の予定もなかなか合わず。自分が暇している時間、彼は誰といるんだろう、何してるんだろう……。

そう思うとモヤモヤが爆発しそうになって、誰かに話を聞いてほしくて……、思わず近所の人とマッチングできるアプリを入れてしまったんです。その時は、浮気みたいな気持ちではなくて、寂しさから来る行動だったんですけどね。

でも、始めてみると、やはり暇な土日をスッと埋められる感じがすごくよくて。自分も他の男性と遊んでいる時は、彼のことを考えないで済むのもすごく気持ちが楽でした。

そうやって、彼と会えない土日をアプリの男性と過ごすうちに、気が合う男性とも知り合ってしまって……相手には彼氏がいることを伝えているので、遊んだりエッチしたりするのは、相手の家でだけですが、今は浮気相手もできてしまいました。でも、正直気持ちは浮気する前より楽なんです(27歳/出版)」

重たくならないように、束縛しないようにという彼への気持ちから浮気に発展してしまう気持ち、わかります。

マッチングアプリは今、本気で恋活する人だけでなく、その日飲む相手を探しているだけの人も多いので、都会ではアプリによる手軽な浮気が蔓延しつつあるようにも感じます。

「もう長年一緒にいる彼は、高校の同級生だった人。お互いに気が知れているので楽だったのですが、彼が転勤で隣県に越してしまってからは、なんだかもやもやする日々を過ごしていました。

そんな時、たまたま友人と遊びに行った東京で、出来心から向かったのが銀座のナンパ街。田舎ではこんなにたくさんの男性と出会う機会もなく、ビシっとスーツの男性たちを見る機会もなかったので、すごく楽しくて。その日そのままお持ち帰りされた商社務めだという男性に正直思いっきり心が動いてしまったんです。

それからというもの、ちょくちょく東京に遊びに行っては、その彼とエッチしてしまっています。商社の彼が私と付き合ってくれるなら、今の彼氏を振ってもいいなとすら思い始めました(24歳/保育士)」

浮気のエッチのために都会まで遊びに行くという女性もいました。が、こういった浮気に本気になるのはちょっと危ないかも?

ナンパ街にいるような都会の男性からしてみれば、田舎に住んでいる女性は環境も遠く、本命になるには努力が必要そう。浮気は浮気と割り切らないと、二兎を追うものは一兎も得ず、だと思いますよ。
「そもそも自分が浮気症な自覚があるため、浮気バレの防止も込めていつもなるべく遠距離恋愛を心がけています。

自分は関東に住んでいますが、今の彼氏は同じ会社の関西支部の人です。お互いに会社が同じという安心感があるからか、遠距離でも上手くいっています。

でも、会うのは月1回程度が限界なので、性欲が満たされない部分はセフレなどで埋めています。でも、そのセフレも遠距離の人が多め。そうすれば人数が多くてもバレづらい、というのが自分ルールです。

セフレは理解ある近所の人から、一番遠い人は海外に住んでいる人までいます。遠距離なら会う頻度も少ないので飽きないし、セフレが来ている時に、彼氏や他のセフレと鉢合わせちゃうような心配もなくて安心です(23歳・旅行代理店)」

浮気のしやすさのために遠距離を選択するその行動力たるや。しかし「浮気するならバレずにやる」という責任を果たせているのは◎です。

浮気初心者の人ほど、相手にバレやすい浮気をしてしまいますが、そもそも不貞を働いているわけですから、相手にそれを悟らせるような行動をしないよう細心の注意は払うべきでしょう。
遠距離彼氏がいる人たちの浮気のきっかけが分かったところで、「じゃあ私も」と思う人のために、浮気するなら守りたい3箇条も伝授します。

まずその1:エッチはなるべく自宅以外で。

自分の家は証拠が残りやすいので、相手の家やホテルでしましょう。

その2浮気相手には言えるなら彼氏持ちだと言っておく。

嘘をつく相手が増えるとこじれやすいので、浮気相手には本命がいることを伝えておくのがベスト。

その3二兎は追わない。

浮気相手を本命にしたくなる事例をよく聞きますが、上手くいく例をあまり聞きません。浮気から入ってしまったのだから、できればその相手は浮気相手として割り切りましょう。

これらを守って、浮気は浮気として、本命にバレないように行いましょう。もちろんしないに越したことはないんですけどね。(ミクニシオリ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事