アイコン 【ヤリチンが教える】歯が当たらないキスとフェラのコツ

2019.12.13

【ヤリチンが教える】歯が当たらないキスとフェラのコツ


どうも、ヤリチンです。

今回は、セックスが上手くなりたい女性に向けて「歯が当たらないキスとフェラのコツ」をお伝えしますね。

キスやフェラはちょっとしたコツを知っておくだけで、格段に上手くなります。

男目線で「どうしたら気持ちいいのか」を分かりやすくお教えするので、セックス初心者の女性、好きな人を気持ちよくしたい女性はぜひ最後までチェックしてくださいね。
歯が当たらないキスやフェラで大事なのは、舌の力を抜くことです。

舌の力が入ったままだと、舌の柔らかさを生かせないので、キスやフェラでうまく動かすことができません。

舌はなるべく力を抜いて、自然な流れに身をまかせると、相手も自分も気持ちよくなれますよ。

キスではむやみに動くより、相手の動きに合わせて動くと気持ちいいですし、フェラも舌の力を抜いた状態で舐めたほうが気持ちいいです。

このように、キスやフェラでは舌の力を抜くようにしましょう。
キスやフェラで歯が当たらないために大事なのは、舌を下げて口の中で空洞を作ることです。

口の中に空洞を作ることで、スペースが生まれるので、歯が当たらなくなりますよ。

一度舌を下げて空洞を作れば、後は自然にキープできますし、どんどん口が開いてくるので、キスやフェラが楽になります。

特にフェラの時に口の中に空洞を作るのは、絶対に欠かせないので意識をしましょう。

このように、舌を下げて口の中で空洞を作ることでキスやフェラで歯が当たらなくなります。
キスやフェラで歯を当てないために大事なのは、疲れたら無理をせずに休むことです。

疲れた時に休まないと、パフォーマンスが下がって、歯が当たってしまうリスクがあります。

キスやフェラは男性のタイミングではなく、自分のタイミングで休憩をとって大丈夫です。

もし「もっとしてよ」と求められた場合は、「ごめん、疲れたから休ませて」と言えばOKなので、無理はしないでくださいね。

このように、キスやフェラで歯を当てないために大事なのは、疲れたら無理をせずに休むことですよ。
フェラで歯を当てないためには、チンコの根元を手コキで補うのが効果的ですよ。

女性は好きな人のために頑張ってしまうところがあるのと、苦しいのが好きなタイプの女性も一定数存在することから、無理してチンコの根元まで咥えようとする人が多いんですよね。

ですが無理して奥までチンコを咥えると、すぐに疲れてしまうので口を開けなくなって、歯が当たりやすくなるリスクがあります。

そこで、フェラの時は無理せずチンコの根元は手コキでカバーするといいですよ。

亀頭までをお口で刺激して、下半分を手コキにすることで、疲れにくくなります。

フェラで上下するタイミングと一緒に手も上下させると、男性からすると「奥まで咥えられてるのと同じ気持ち良さ」を得られるので、非常におすすめです。

ぜひフェラの時は、無理して奥まで咥えるのではなく、根元を手コキでしごくようにしてくださいね。
以上、ヤリチンが男目線で「歯が当たらないキスとフェラのコツ」をお伝えしました。

女性は好きな人のために頑張りすぎてしまうところがあるので、つい無理してしまうことが多いと思います。

しかし、疲れた時は疲れたと言えばいいですし、無理してチンコを奥まで咥える必要はありませんよ。無理をしすぎると、歯が当たるリスクが増えるので、注意が必要です。

ぜひこの記事で紹介した内容を試して、歯が当たらないキスとフェラをマスターしてくださいね。

この記事を見たあなたのセックスライフが充実することを願っています。(やうゆ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事