アイコン 【ヤリチンが語る】本命彼女とのセックスに苦痛を感じる瞬間

2019.12.25

【ヤリチンが語る】本命彼女とのセックスに苦痛を感じる瞬間

どうも、ヤリチンです。

今回は「本命彼女とのセックスが苦痛になる瞬間」についてお伝えします。

本来、本命彼女とのセックスは幸せなものなはずなのに、男にはいくら大好きでも本命彼女とのセックスが苦痛になる瞬間が存在するのです。

では、それはどんな瞬間なのでしょうか?

好きな人がいる女性、男心を知りたい女性はぜひ最後までチェックしてくださいね。

1:マンネリ化してきた時

男が本命彼女とのセックスが苦痛になる瞬間は、マンネリ化してきた時です。

同じことの繰り返しになると、セックスする前から展開が読めてしまい、作業感満載のセックスになるので、刺激がなくなります。

作業的なセックスになると、自分はチンコが立ちづらくなる一方、相手も「大事にされてない……」と嫌な思いをさせてしまうのでお互いに辛いんですよね。

長く付き合っているとマンネリしやすくなるので、マンネリにならないための工夫が必要になります。

例えば、コスプレだったり、ラブホに行ってみたり、アブノーマルな人はハプバーやカップル喫茶に行ってスワッピングに参加してみるのもいいでしょう。

男が本命彼女とのセックスが苦痛になる瞬間は、マンネリ化してきた時です。

2:彼女の手抜きが目立ってきた時

彼女の手抜きが目立ってきた時も、本命彼女とのセックスは苦痛になります。

男は彼女のセックスが作業感満載になると「こいつ、今作業でチンコ舐めてやがるな」とがっかりしますよ。

キスが適当だったり、フェラが適当だったり、もはやマグロだったりと、彼女のセックスに対する姿勢が雑で消極的だと、男は萎えてしまいます。

本命彼女とのセックスが苦痛になると、別れや浮気を考えるきっかけになりますよ。

ぶっちゃけ本命彼女との手抜きなセックスより、マッチングアプリで出会った1回きりの相手とのセックスの方が気持ちいいです。

「好きな人とのセックスは心があって気持ちいい」と言っている女がいますが、それが実現するのはお互いに「この人と気持ちよくなりたい」と願った時だけで、本命彼女でもセックスが手抜きだったら気持ちよくないんですよね。

このように彼女の手抜きが目立つと、本命彼女とのセックスが苦痛になるので、彼女という肩書きに甘えることなく精進しましょう。

3:女として見れない時

本命彼女とのセックスが苦痛になるのは、彼女を女として見れない時です。

長く一緒にいると、彼女を異性として見れなくなってしまうので興奮しなくなるんですよね。

お泊まりデートで裸で家をうろついてたり、すっぴんだったり、目の前でおならをしたりなど、無防備な姿を見せられると、「可愛いな」という愛着が湧く一方で、「女」として意識はできなくなります。

女として意識できなくなった彼女を抱くのは「お母さん」を抱いてるようなものなので、精神的に苦痛を伴いますよ。

常に女として見られるための意識や、距離感の調整が必要でしょうね。無防備な姿を見せる時は、加減に気をつけましょう。

彼女を女として見れなくなると、本命彼女が相手でもセックスは苦痛になります。

まとめ

以上、本命彼女とのセックスが苦痛になる瞬間をお伝えしました。

プレイの内容がマンネリ化したり、お互いにセックスを手抜きしたり、女として見れなくなっていったりすることで、本命彼女とのセックスは苦痛になります。

長く付き合っていれば、マンネリしてしまうのは普通のことなので、マンネリ予防のための工夫や、女として見られ続ける努力をすることが大事ですよ。

「彼女」という肩書きに甘えて努力を怠ると、好きな人はあっという間に離れていきます。

この記事を見たあなたがいつまでも好きな人に求められ続けることを願っています。(やうゆ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事