アイコン エッチがもっと気持ちよくなる♡ ラブローション・潤滑剤ランキング

2019.09.07

エッチがもっと気持ちよくなる♡ ラブローション・潤滑剤ランキング

オナニーやセックスのとき、ローションを使う人は多いでしょう。体質的に濡れにくい人もいれば、年齢を重ねていくうちにだんだん濡れにくくなってしまう人もいて、そんなときローションはとっても心強い味方ですよね。

ローションは、膣にうるおいをあたえて、挿入の痛みを和らげるのが目的ではありますが、ものによってはそれ以上の役割を果たすこともできるんです。

たとえば、“甘い味と香りがついていて、食べることもできるローション”というものがもしあれば、その味と香りのおかげで、フェラの不快感が軽減されそうですよね。また、ローションのとろとろ感のおかげで、男性も普通のフェラよりもっと気持ち良くなることができるでしょう。

このように、ローションには、ただ膣をうるおすことが目的ではなく、前戯やセックスの満足感を上げてくれるものもあるんですよ。 

この記事では、セックスをもっと楽しく気持ち良いものにすることができる、おすすめのローションをご紹介します! ローションをまったく使ったことのない人にもおすすめできるアイテムもあるので、ぜひ使って試してみてくださいね!

おすすめのラブローション・潤滑剤TOP10

1. LC ハーバルローション

うるおいをあたえるアロエ成分と、最近では化粧品としても注目されているハチミツを配合し、肌への優しさに徹底的にこだわった自然派ローションがLC ハーバルローションです。 肌への優しさだけでなく、良く伸びるうえに粘度も十分な使い心地も評判で、ローションを一度も使ったことがない人もすぐに使いこなすことができるでしょう。

ローションの成分って、モノによって多種多様なのですが、LC ハーバルローションはウォーターベースです。ウォーターベースのローションは、(決して推奨しているわけではありませんが)口に入れても問題ないので、ローションをつけて手コキをして、そのまま少し舐める、なんてこともできるでしょう。

使用後の後処理も楽なのがハーバルローションの魅力です。みずみずしくさらっとした手触りで、水で軽くすすぐだけで落とすことができます。

肌に優しい成分でできているので、性感帯だけでなく、顔以外の全身をマッサージするのもOKです。ぬるぬるとしたローションをつけた状態でする愛撫は、いつも以上に気分を高めてくれるでしょう。 

■ハーバルローションの特徴まとめ
・肌に優しい自然派ローション
・さらっとした使い心地
・内容量 150ml
LC ハーバルローションを公式通販サイトでみる

2. ペペローション

「無難に定番のものを使いたい」という人におすすめなのが、ローション界のベストセラー、「ペペローション」です。超有名なので、ひょっとしたら「名前は聞いたことがある」とか「これ、見たことがある!」という人もいるかもしれませんね。

ペペローションは、けっこう粘度の高いローションで、そのままの状態で使わず、水で薄めて使う人も多いです。特にセックスのとき、「膣のうるおいがイマイチ足りないから使う」という場合には、水で薄めて使用するのをおすすめします。

そのまま使うと、粘度が高いぶん、洗いながすのがちょっとたいへんかもしれません(人によっては、そのとろとろ感がたまらない、という人もいます)。

また、冬場やぬくもりを感じたいときには、水ではなくお湯で薄めると良いでしょう。ペペローションを長年使っている人の中には、「プレイによって、どのくらい薄めるのか変えている」という、粘度をコントロールする上級者もいるそうです。

また、大容量(435ml)なのも嬉しいポイントで、これだけあれば、マットプレイをするときにも思う存分ローションを使うことができるでしょう。

ただ、容器が大きいので、友達が遊びに来たときなど、どこかに隠さなくてはならないシチュエーションでは、ちょっと苦労するかもしれませんね。 

■ペペローションの特徴まとめ
・ロングセラーの定番アイテム
・粘度たっぷりのとろとろローション
・大容量の435ml
ペペローションをAmazonでみる

3. リューブゼリー


女性の身体のことを第一に考えて、ジェクス株式会社が開発したのが「リューブゼリー」です。ジェクスといえば、蝶々が描かれたピンクと黒のパッケージが目印のコンドーム、「グラマラスバタフライ」でもおなじみですね。女性が嬉しいコンドームのグラマラスバタフライと同様、リューブゼリーも、女性のことを良く考えてつくられています。

リューブゼリー最大の魅力は、自然な使い心地です。ローションって、肌になじむものであっても、体から自然に分泌されたものではないので、違和感があることも少なくありません。しかし、リューブゼリーの自然な使い心地は、「ローションを塗って濡らしたのに、あたかも自然に濡れたような感覚」と評判です。

リューブゼリーの自然な使い心地、その裏側には、膣内のpH値まで分析し、より女性にとって自然な使い心地になるよう研究をした企業の努力があります。産婦人科医師や薬局で推奨されているのも納得ですね。

リューブゼリーの使い心地ですが、ウォーターベースでとろとろし過ぎない、変に癖がなく使いやすいローションですので、どなたでもなじみやすいでしょう。

容量のタイプがいくつかあるのですが、けっこう重宝するのが55gのサイズです。コンパクトで持ち運びが容易なので、カバンに忍ばせておくことができます。 

■リューブゼリーの特徴まとめ
・女性の身体のことを第一に考えて開発されたローション
・あたかも自然に濡れた顔ような使い心地
・癖のないウォーターベース
リューブゼリーをAmazonでみる

4. ラブスライド


“ローション”と聞くと、とろとろした液状のものをイメージする人が多いかもしれませんが、LOVE SLIDE(ラブスライド)は、どちらかというと固体寄りです。ちょうど洗顔フォームと同じようなテクスチャーをイメージしてください。 
 
ただ、“固体寄り”といっても、その使い心地はとても良く、良く伸びてなじんでくれます。相手の性感帯に直接垂らして手でこするのも良し、自分の手に出してから、相手の身体のマッサージするのも良いでしょう。

意外にも、普通のローションに比べてさらっとした使い心地で、全然ベタベタしません。水で簡単に洗い流すことができます。「私はペペローションをいっさい薄めないで使うのが好きなほど、とろとろが好きなの!」という人には、ちょっと物足りないかも。

ラブスライドの魅力は、膣にうるおいをあたえるだけではなく、セックスの質を高めてくれる効果もあります。ラブスライドは、性器同士の滑りを良くしてくれ、お互いの性器のかたちがはっきりわかるような感触を味わうことができるんです。「ラブスライドのおかげで、人生初の中イキを体験できた」なんてこともあるでしょう。 

■ラブスライドの特徴まとめ
・独特なテクスチャー
・性器同士の“滑り感”をより気持ち良くしてくれる
・内容量100g
ラブスライドを公式通販サイトでみる

5. ラブシロップ


「とにかく身体に害がないものを選びたい!」という人や、「普通のセックスにちょっと飽きてきたから、おもしろいセックスをやってみたい!」という人におすすめなのが「ラブシロップ」です。

ラブシロップは、なんと“食べられるローション”なんです。その味と香りはメープルシロップそのもので、そのままパンケーキにつけて食べることもできるくらいのおいしさです(笑)。

その味と香りがもっとも活躍するのは、フェラのときでしょう。ペニスのニオイや味がなくなるので、不快感なくフェラをすることができます。

また、同じようにクンニのときにも大活躍してくれるでしょう。「あんまりクンニが好きではなかった彼が、たくさんクンニをしてくれるようになった!」なんてこともあるかもしれません。

性器以外にも、乳首に垂らして舐めるのも、とってもセクシーですね。味と香りに注目がいってしまいがちですが、肝心のローションとしての機能性もバッチリです。

粘度はちょっとだけ高めですが、水で薄めるほどではありません。使い勝手の良さそうな、丁度良い粘度です。そのまま使うのが良いでしょう。 

▼ラブシロップのレビューをみる

■ラブシロップの特徴まとめ
・食べても大丈夫!
・前戯の不快感が解消できる
・愛撫の楽しみ方が広がる
・内容量 100ml
ラブシロップを公式通販サイトでみる


6. オカモト 潤滑ゼリー ふんわりムースタイプ


「オカモト 潤滑ゼリー ふんわりムースタイプ」を特におすすめしたいのが、「一度ローションを使ったことがあるけど、あのどろっとした感触が苦手…」という人や、「ローションの、冷やっとした感じが気分を盛り下げちゃうことがある」といった、ローションにどうしてもなじめない人です。

オカモト・潤滑ゼリーふんわりムースタイプは、なんとムースで出るタイプのちょっと変わった潤滑ゼリーなんです。ビタミンEやヒアルロン酸を配合し、女性の分泌液に限りなく近い、自然な使い心地を実現しています。

非常にさらさらした使い心地で、よく伸び、よくなじむ潤滑ゼリーで、水で簡単に洗い流せるのも嬉しいポイントですね。

ただ、ねっとりとしたローション特有の感触が好きな人には、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。 
 
■オカモト・潤滑ゼリーふんわりムースタイプの特徴まとめ
・よくなじむムースタイプ
・肌に優しい成分配合
・「濡れにくいのが悩みだけど、ローションが苦手…」という人には最適
オカモト 潤滑ゼリーふんわりムースタイプをAmazonでみる


7. 相模 よぶんなものが入っていない 99%水潤滑ゼリー


「ローションを試してみたいけど、ちょっと怖いかも……」という人におすすめなのが、「相模 よぶんなものが入っていない 99%水潤滑ゼリー」です。

その名前の通り、成分のなんと99%が水でできている潤滑ゼリーで、刺激のある化学物質をいっさい使っていないのもうれしいポイントですね。

また、全成分がパッケージに表示されているのも、敏感肌の人には重要なポイントでしょう。

99%が水なのもあって、けっこうさらさらした手触りです。洗い流す必要がないくらいのさらさら感なので、後処理が楽なのはいいですね。 

■相模 よぶんなものが入っていない 99%水潤滑ゼリーの特徴まとめ
・成分の99%が水
・刺激物を含まない肌に優しい成分
・後処理不要なさらさら具合で使いやすい
内容量 60g
99%水潤滑ゼリーをAmazonでみる


8. ラブミージェル


「ラブミージェル」は、「塗った箇所がたちまちあたたかくなり、より感じやすくなれる、女性がもっと気持ち良くなるためのローション」と評判のローションです。

その効果は絶大で、「思っている以上にあつくなるので、塗り過ぎには注意したほうがいい」なんてレビューもあるほど。加減がわかるまでは、ちょっとずつ塗っていくのが良いでしょう。

ラブミージェルは、感度をアップしてくれるだけでなく、バニリルブチル、アロエベラ葉エキス、オタネニンジン根エキスなど、お肌の調子を整えると言われている成分も多く配合されていて、まさに女性にとって至れり尽くせりなローションという感じがしますね。

セックスのときはもちろん、ひとりでするときにも、普段よりもっと気持ち良くしてくれる頼もしいパートナーになってくれるでしょう。 

■ラブミージェルの特徴まとめ
・女性の感度を高める
・美肌成分配合
・内容量 80g
ラブミージェルをAmazonでみる


9. 食べられるローション アップル ピーチ 味


前戯の不快さをなんとかしたい、「フェラのとき、彼のニオイと味がけっこうキツい…」という人におすすめなのがコチラ。フルーツの味と匂いで、不快感をグッと抑えることができる、「食べられるローション」です。

かなりさらさらなので、ローションというよりかは、”少し粘度のある水”といったほうが適切かもしれません。そのくらいさらさらしています。ローションの中でも、群を抜いているさらさら感かも。

ただ、そのぶんなじみやすさ・広がりやすさは抜群です。
従来のローションの、とろっとした使い心地ではありませんが、「とにかくさらっとした使い心地なのがいい!」という人は重宝しそう。

また、ローションにしてはけっこう珍しく、個包装になっているのもポイントです。たっぷりローションがはいった大容量のボトルを持ち運ぶ必要がなく、簡単に携帯できますし、衛生的なのもいいですね。 
 
■食べられるローションの特徴まとめ
・前戯の不快さを解消
・超さらさらの使い心地
・個包装で清潔
・内容量 20ml x 15袋
食べられるローションをAmazonでみる


10. トロケアウ


ちょっと変わり種のローションが「トロケアウ」です。お風呂に入れて使うローションの素で、なんと浴槽のお湯をローションに変えてしまうんです。

ローションまみれになりながらいちゃいちゃするのは、セックスとはまた違った気持ち良さを味わうことができます。ふたりで一緒に身も心もぽかぽかになってからするセックスは、いつもより感じられそうですね。

トロケアウでつくったローション風呂は、もともとお湯だったとは思えないほど、しっかりとろみがあります。お風呂の床にこぼして、滑って転んでしまわないよう十分に気をつけてください。

また、トロケアウを使っていると、つい気持ち良くなってしまい、浴槽内でエッチをしたくなってしまうかもしれませんが、絶対にやめましょう。浴槽内には雑菌がたくさんいることが多く、そんな中セックスをしてしまうのはけっこう危険です。 

■トロケアウの特徴まとめ
・ローション風呂で気持ち良くなれる
・爽やかなグレープフルーツの香り
トロケアウを公式通販サイトでみる

ローションを使って、もっと素敵なひとときを

性交痛を和らげたり、フェラの不快感をなくしたり、マットプレイでぬるぬるの感触をふたりで感じ合ったり…。ローションを使うだけでセックスの質は上がり、楽しみの幅も一気に広がります。ぜひ試してみてくださいね。(tsuta/ライター) 
(オトナのハウコレ編集部)

関連記事