アイコン セックスで使うローション・潤滑剤ランキング 舐めても大丈夫な味付きのモノも!

セックスで使うローション・潤滑剤ランキング 舐めても大丈夫な味付きのモノも!

オナニーやセックスのとき、ローションを使う人は多いでしょう。体質的に濡れにくい人もいれば、年齢を重ねていくうちにだんだん濡れにくくなってしまう人もいて、そんなときローションはとっても心強い味方ですよね。

ローションは、膣にうるおいをあたえて、挿入の痛みを和らげるのが目的ではありますが、ものによってはそれ以上の役割を果たすこともできるんです。

たとえば、“甘い味と香りがついていて、食べることもできるローション”というものがもしあれば、その味と香りのおかげで、フェラの不快感が軽減されそうですよね。また、ローションのとろとろ感のおかげで、男性も普通のフェラよりもっと気持ち良くなることができるでしょう。

このように、ローションには、ただ膣をうるおすことが目的ではなく、前戯やセックスの満足感を上げてくれるものもあるんですよ。 

この記事では、セックスをもっと楽しく気持ち良いものにすることができる、おすすめのローションをご紹介します! ローションをまったく使ったことのない人にもおすすめできるアイテムもあるので、ぜひ使って試してみてくださいね!

1位 LC ハーバルローション


うるおいをあたえるアロエ成分と、最近では化粧品としても注目されているハチミツを配合し、肌への優しさに徹底的にこだわった自然派ローションがLC ハーバルローションです。 肌への優しさだけでなく、良く伸びるうえに粘度も十分な使い心地も評判で、ローションを一度も使ったことがない人もすぐに使いこなすことができるでしょう。

ローションの成分って、モノによって多種多様なのですが、LC ハーバルローションはウォーターベースです。ウォーターベースのローションは、(決して推奨しているわけではありませんが)口に入れても問題ないので、ローションをつけて手コキをして、そのまま少し舐める、なんてこともできるでしょう。

使用後の後処理も楽なのがハーバルローションの魅力です。みずみずしくさらっとした手触りで、水で軽くすすぐだけで落とすことができます。

肌に優しい成分でできているので、性感帯だけでなく、顔以外の全身をマッサージするのもOKです。ぬるぬるとしたローションをつけた状態でする愛撫は、いつも以上に気分を高めてくれるでしょう。 

■ハーバルローションの特徴まとめ
・肌に優しい自然派ローション
・さらっとした使い心地
・内容量 150ml
LC ハーバルローションを公式通販サイトでみる

2位 ウェットトラスト


ウェットトラスト」は、使いたいところでサッと取り出せて使える潤滑ゼリーです。独自開発、特許取得の注射器型のアプリケーターが特徴でゼリーを手にとることなく潤したい部分に直接使用することができます。

個別包装で使い切りなので衛生的、デートのときにバッグやポーチの中に1つ潜ませておくと便利です。

ゼリーはザクエエキスやベニバナ花エキスなど7つの天然成分を配合し、長時間のうるおいを持続させます。また、ヒアルロン酸・乳酸配合でデリケートゾーンの保湿・pHバランスを整える効果があるのでデイリー使いとしてもおすすめです。

一般的なローションと違い、使用後にしっかりと流さなくていいのも嬉しいところ。無色・無味・無臭(無香)なのでパートナーに気づかれにくく、濡れにくいなど様々な女性の悩みを改善することができます。
 
ウェットトラストの特徴まとめ
・個別包装で衛生的
・独自のアプリケーターで簡単注入
・内容量1.7g(1本)

ウェットトラストを公式通販サイトでみる

3位 iroha  モイストジェル


美容感覚で気軽にうるおいケアもできる「irohaモイストジェル」。肌に馴染みやすい自然な粘土で自然なうるおいをキープ。拭き取りも簡単で使用後のお肌もつっぱらずにしっとりとケアすることができます。

ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲンなどの美容成分配合でお肌にも優しいです。iroha製品との相性も良く、シリコンを痛めずに使うことができます。ゆずとイランイランの香りで癒し効果も◎。
■iroha - モイストジェルの特徴まとめ
・美容感覚で気軽にうるおいケア
・iroha製品との相性バッチリ!
・内容量100g

iroha モイストジェルを公式サイトでみる

4位 リューブゼリー


女性の身体のことを第一に考えて、ジェクス株式会社が開発したのが「リューブゼリー」です。ジェクスといえば、蝶々が描かれたピンクと黒のパッケージが目印のコンドーム、「グラマラスバタフライ」でもおなじみですね。女性が嬉しいコンドームのグラマラスバタフライと同様、リューブゼリーも、女性のことを良く考えてつくられています。

リューブゼリー最大の魅力は、自然な使い心地です。ローションって、肌になじむものであっても、体から自然に分泌されたものではないので、違和感があることも少なくありません。しかし、リューブゼリーの自然な使い心地は、「ローションを塗って濡らしたのに、あたかも自然に濡れたような感覚」と評判です。

リューブゼリーの自然な使い心地、その裏側には、膣内のpH値まで分析し、より女性にとって自然な使い心地になるよう研究をした企業の努力があります。産婦人科医師や薬局で推奨されているのも納得ですね。

リューブゼリーの使い心地ですが、ウォーターベースでとろとろし過ぎない、変に癖がなく使いやすいローションですので、どなたでもなじみやすいでしょう。

容量のタイプがいくつかあるのですが、けっこう重宝するのが55gのサイズです。コンパクトで持ち運びが容易なので、カバンに忍ばせておくことができます。 

■リューブゼリーの特徴まとめ
・女性の身体のことを第一に考えて開発されたローション
・あたかも自然に濡れた顔ような使い心地
・癖のないウォーターベース
リューブゼリーをAmazonでみる

5位 ペペローション


「無難に定番のものを使いたい」という人におすすめなのが、ローション界のベストセラー、「ペペローション」です。超有名なので、ひょっとしたら「名前は聞いたことがある」とか「これ、見たことがある!」という人もいるかもしれませんね。

ペペローションは、けっこう粘度の高いローションで、そのままの状態で使わず、水で薄めて使う人も多いです。特にセックスのとき、「膣のうるおいがイマイチ足りないから使う」という場合には、水で薄めて使用するのをおすすめします。

そのまま使うと、粘度が高いぶん、洗いながすのがちょっとたいへんかもしれません(人によっては、そのとろとろ感がたまらない、という人もいます)。

また、冬場やぬくもりを感じたいときには、水ではなくお湯で薄めると良いでしょう。ペペローションを長年使っている人の中には、「プレイによって、どのくらい薄めるのか変えている」という、粘度をコントロールする上級者もいるそうです。

また、大容量(435ml)なのも嬉しいポイントで、これだけあれば、マットプレイをするときにも思う存分ローションを使うことができるでしょう。

ただ、容器が大きいので、友達が遊びに来たときなど、どこかに隠さなくてはならないシチュエーションでは、ちょっと苦労するかもしれませんね。 

■ペペローションの特徴まとめ
・ロングセラーの定番アイテム
・粘度たっぷりのとろとろローション
・大容量の435ml
ペペローションをAmazonでみる

6位 Lovelu - 潤滑ゼリー


「Lovelu」は、保湿成分のヒアルロン酸&コラーゲン&3種のセラミドを配合し女性目線で開発された潤滑ゼリーローションです。

なめらかなローションでコンドームとの併用もOK、男性も使用することができます。水溶性潤滑のゼリーローションなので、水またはぬるま湯で簡単に洗えて使用後もさっぱり仕上がります。
 
■Lovelu - 潤滑ゼリーの特徴まとめ
・保湿成分のヒアルロン酸&コラーゲン&3種のセラミド配合
・コンドームとの併用OKで男性でも使用可
・内容量60g

Lovelu - 潤滑ゼリーをAmazonでみる

7位 bda ORGANIC - オーガニックジェリーローション<ソフト>


「bda ORGANIC - オーガニックジェリーローション」は、性交時のうるおい不足を補うために開発されたオールセクシャリティ向けのオーガニック水溶性潤滑ローションです。

天然由来成分100%、オーガニック配合率98.3%と優しい成分で膣だけでなく口内などの粘膜にも安心して使うことができます。柚子フレーバーのサラッとした質感で快適な使い心地が特徴です。
■bda ORGANIC - オーガニックジェリーローションの特徴のまとめ
・オールセクシャリティ向けのオーガニック水溶性潤滑ローション
・優しい成分と柚子フレーバーで口内でも安心
・200ml

bda ORGANIC - オーガニックジェリーローションをAmazonでみる

8位 プレペア



「プレペア」は人の分泌液に限りなく近づけた、無色透明・無味無臭の自然な潤滑ゼリーです。注射器型だからワンタッチで手を汚さず衛生的です。

300人の女性がアンケートで選んだスリムタイプのアプリケーターを使用、先端が丸いので挿入時の不安を解消して潤滑ゼリーを初めて使う人にもおすすめです。潤滑ゼリーは「本来の分泌液」に近づけているので、より自然なうるおいを体感することができます。
■プレペアの特徴まとめ
・本来の分泌液に近づけた自然なうるおい
・300人の女性が選んだスリムタイプ
・1.7g(1本)

プレペアをAmazonでみる

9位 アイディルーブ アイディフルトピア 100ml ポンプ ラズベリー


「フルトピア」は100%ナチュラルフルーツのフレーバーが楽しめるローションです。果物から抽出したナチュラルな香りと水とグリセリンの原材料だけのシンプルな成分で作られています。

さらっとした水溶性なので、シルクのようななめらかさで優しい使い心地を実現できます。ウォーターベースでありながら、長時間潤滑性が持続します。味がついているので無味無臭が苦手な人にもおすすめです。
■フルトピア特徴まとめ
・100%ナチュラルフルーツフレーバー
・水溶性でサラッとした使い心地
・100ml

フルトピアをAmazonでみる

10位 ラブスライド


“ローション”と聞くと、とろとろした液状のものをイメージする人が多いかもしれませんが、LOVE SLIDE(ラブスライド)は、どちらかというと固体寄りです。ちょうど洗顔フォームと同じようなテクスチャーをイメージしてください。 
 
ただ、“固体寄り”といっても、その使い心地はとても良く、良く伸びてなじんでくれます。相手の性感帯に直接垂らして手でこするのも良し、自分の手に出してから、相手の身体のマッサージするのも良いでしょう。

意外にも、普通のローションに比べてさらっとした使い心地で、全然ベタベタしません。水で簡単に洗い流すことができます。「私はペペローションをいっさい薄めないで使うのが好きなほど、とろとろが好きなの!」という人には、ちょっと物足りないかも。

ラブスライドの魅力は、膣にうるおいをあたえるだけではなく、セックスの質を高めてくれる効果もあります。ラブスライドは、性器同士の滑りを良くしてくれ、お互いの性器のかたちがはっきりわかるような感触を味わうことができるんです。「ラブスライドのおかげで、人生初の中イキを体験できた」なんてこともあるでしょう。 

■ラブスライドの特徴まとめ
・独特なテクスチャー
・性器同士の“滑り感”をより気持ち良くしてくれる
・内容量100g
ラブスライドを公式通販サイトでみる


11位 ラブシロップ


とにかく身体に害がないものを選びたい!」という人や、「普通のセックスにちょっと飽きてきたから、おもしろいセックスをやってみたい!」という人におすすめなのが「ラブシロップ」です。

ラブシロップは、なんと“食べられるローション”なんです。その味と香りはメープルシロップそのもので、そのままパンケーキにつけて食べることもできるくらいのおいしさです(笑)。

その味と香りがもっとも活躍するのは、フェラのときでしょう。ペニスのニオイや味がなくなるので、不快感なくフェラをすることができます。

また、同じようにクンニのときにも大活躍してくれるでしょう。「あんまりクンニが好きではなかった彼が、たくさんクンニをしてくれるようになった!」なんてこともあるかもしれません。

性器以外にも、乳首に垂らして舐めるのも、とってもセクシーですね。味と香りに注目がいってしまいがちですが、肝心のローションとしての機能性もバッチリです。

粘度はちょっとだけ高めですが、水で薄めるほどではありません。使い勝手の良さそうな、丁度良い粘度です。そのまま使うのが良いでしょう。 

▼ラブシロップのレビューをみる

■ラブシロップの特徴まとめ
・食べても大丈夫!
・前戯の不快感が解消できる
・愛撫の楽しみ方が広がる
・内容量 100ml
ラブシロップを公式通販サイトでみる

12位 オカモト 潤滑ゼリー ふんわりムースタイプ


「オカモト 潤滑ゼリー ふんわりムースタイプ」を特におすすめしたいのが、「一度ローションを使ったことがあるけど、あのどろっとした感触が苦手…」という人や、「ローションの、冷やっとした感じが気分を盛り下げちゃうことがある」といった、ローションにどうしてもなじめない人です。

オカモト・潤滑ゼリーふんわりムースタイプは、なんとムースで出るタイプのちょっと変わった潤滑ゼリーなんです。ビタミンEやヒアルロン酸を配合し、女性の分泌液に限りなく近い、自然な使い心地を実現しています。

非常にさらさらした使い心地で、よく伸び、よくなじむ潤滑ゼリーで、水で簡単に洗い流せるのも嬉しいポイントですね。

ただ、ねっとりとしたローション特有の感触が好きな人には、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。 
 
■オカモト・潤滑ゼリーふんわりムースタイプの特徴まとめ
・よくなじむムースタイプ
・肌に優しい成分配合
・「濡れにくいのが悩みだけど、ローションが苦手…」という人には最適
オカモト 潤滑ゼリーふんわりムースタイプをAmazonでみる

13位 相模 よぶんなものが入っていない 99%水潤滑ゼリー


「ローションを試してみたいけど、ちょっと怖いかも……」という人におすすめなのが、「相模 よぶんなものが入っていない 99%水潤滑ゼリー」です。

その名前の通り、成分のなんと99%が水でできている潤滑ゼリーで、刺激のある化学物質をいっさい使っていないのもうれしいポイントですね。

また、全成分がパッケージに表示されているのも、敏感肌の人には重要なポイントでしょう。

99%が水なのもあって、けっこうさらさらした手触りです。洗い流す必要がないくらいのさらさら感なので、後処理が楽なのはいいですね。 

■相模 よぶんなものが入っていない 99%水潤滑ゼリーの特徴まとめ
・成分の99%が水
・刺激物を含まない肌に優しい成分
・後処理不要なさらさら具合で使いやすい
99%水潤滑ゼリーをAmazonでみる

14位 ラブミージェル


「ラブミージェル」は、「塗った箇所がたちまちあたたかくなり、より感じやすくなれる、女性がもっと気持ち良くなるためのローション」と評判のローションです。

その効果は絶大で、「思っている以上にあつくなるので、塗り過ぎには注意したほうがいい」なんてレビューもあるほど。加減がわかるまでは、ちょっとずつ塗っていくのが良いでしょう。

ラブミージェルは、感度をアップしてくれるだけでなく、バニリルブチル、アロエベラ葉エキス、オタネニンジン根エキスなど、お肌の調子を整えると言われている成分も多く配合されていて、まさに女性にとって至れり尽くせりなローションという感じがしますね。

セックスのときはもちろん、ひとりでするときにも、普段よりもっと気持ち良くしてくれる頼もしいパートナーになってくれるでしょう。 

■ラブミージェルの特徴まとめ
・女性の感度を高める
・美肌成分配合
・内容量 80g
ラブミージェルをAmazonでみる


15位 食べられるローション アップル ピーチ 味


前戯の不快さをなんとかしたい、「フェラのとき、彼のニオイと味がけっこうキツい…」という人におすすめなのがコチラ。フルーツの味と匂いで、不快感をグッと抑えることができる、「食べられるローション」です。

かなりさらさらなので、ローションというよりかは、”少し粘度のある水”といったほうが適切かもしれません。そのくらいさらさらしています。ローションの中でも、群を抜いているさらさら感かも。

ただ、そのぶんなじみやすさ・広がりやすさは抜群です。
従来のローションの、とろっとした使い心地ではありませんが、「とにかくさらっとした使い心地なのがいい!」という人は重宝しそう。

また、ローションにしてはけっこう珍しく、個包装になっているのもポイントです。たっぷりローションがはいった大容量のボトルを持ち運ぶ必要がなく、簡単に携帯できますし、衛生的なのもいいですね。 
 
■食べられるローションの特徴まとめ
・前戯の不快さを解消
・超さらさらの使い心地
・個包装で清潔
・内容量 20ml x 15袋
食べられるローションをAmazonでみる

16位 トロケアウ


ちょっと変わり種のローションが「トロケアウ」です。お風呂に入れて使うローションの素で、なんと浴槽のお湯をローションに変えてしまうんです。

ローションまみれになりながらいちゃいちゃするのは、セックスとはまた違った気持ち良さを味わうことができます。ふたりで一緒に身も心もぽかぽかになってからするセックスは、いつもより感じられそうですね。

トロケアウでつくったローション風呂は、もともとお湯だったとは思えないほど、しっかりとろみがあります。お風呂の床にこぼして、滑って転んでしまわないよう十分に気をつけてください。

また、トロケアウを使っていると、つい気持ち良くなってしまい、浴槽内でエッチをしたくなってしまうかもしれませんが、絶対にやめましょう。浴槽内には雑菌がたくさんいることが多く、そんな中セックスをしてしまうのはけっこう危険です。 

■トロケアウの特徴まとめ
・ローション風呂で気持ち良くなれる
・爽やかなグレープフルーツの香り
トロケアウを公式通販サイトでみる
ローションには「シリコンベース」「ウォーターベース」「オイルベース」と主に3つの成分のタイプがあります。それぞれの特徴や向いているプレイなどを見て、自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

1.シリコンベース
乾きにくく、ヌルヌルとした持続力が長く続くシリコンベースのローション。長時間の挿入やマットプレイに適しているので風俗店などでも多く使われています。

あの有名な『ペペローション』もシリコンベースのものが多いですね。自然な愛液のような質感はありませんが、ヌルヌルとした質感がいかにもローションプレイをしているという興奮度を高めてくれます。

難点を上げるのであれば、滑りやすいので初心者には扱いが少し難しいということ。また、原液が硬めのものが多いのでシャワーで洗っても落としにくいという特徴があります。

風俗のお姉さんはシリコンベースのローションをお風呂場でお湯と薄めて使うことで、シャワーで落としやすくしているといいます。しかし、ヌルヌル感は抜群なので男性人気は高いといえるでしょう。

▼RENDS ブランシークレット リッチシリコン 80ml

2.ウォーターベース(水溶性
主成分にグリセリンを使用しているウォーターベース (水溶性) のローションは、肌に馴染みやすいので初めて使う人でも使いやすいと思います。口に入っても安心・安全なのが特徴で、自然な愛液の粘度に近いので挿入にもおすすめです。しかし、乾きやすいので長時間のプレイには不向きかもしれません。

▼ペペローション 435ml

Amazonで見る

3.オイルベース
植物オイルが主成分のオイルベースローションは、伸びがよく長時間の使用が可能なので性感エステなどでよく使われています。お肌にも優しいものが多いので女性には嬉しいのですが、口に入れるのには抵抗がある人も多いと思います。

また、滑りやすいでコンドームとの相性はイマイチ。ゴムの分子を油分が分けてしまうので、コンドームが破れやすくなってしまうデメリットもあります。プレイに使うときはマッサージで使用するのがいいでしょう。

▼LUVEB ローション


食べれるローションも⁉ 味がするものもあるので好みで選ぼう!

ローションを選ぶときは購入前には必ず成分表のチェックをするようにしましょう。自然、天然系、無添加と書かれている商品は肌や身体に優しいので安心して使うことができます。

成分表がないものや添加物が多く含まれている商品はなるべく避けるたほうがいいかもしれません。最近は味がするローションや、食品原料でできているので食べてもOKなローションも販売されています。

フェラやクンニをするとき、ローションの味が苦手……という人も安心してローションプレイを楽しむことができそうですね。

▼ローションフェラに使える、食べられるローション『ラブシロップ
とろとろ塗り合って、そのまま舐めたり食べたり…!

ラブシロップの詳細はこちら
ヌルヌルしていて扱いづらいローションを使うローションプレイ。プレイを始めたらローションがついた手では何も触れなくなってしまうので、プレイ前にはしっかりと準備をしてから初めましょう。

場所やシチュエーションを考える

ヌルヌルしていて、1度衣類などについてしまったら洗濯しないとなかなか落ちないローション。プレイを行うときは場所やシチュエーションをしっかりと選ぶようにしましょう。

ローションを大量に使わなければ自宅のベッドでのプレイもできますが、そのときは大きめのバスタオルを敷くようにしましょう。また、手の届く場所に拭き取り用のタオルを用意しておくと便利です。

拭き取り用のタオルは、濡らしたものと乾いているものを2枚以上用意しておくのがおすすめです。また、ローションプレイをするときは髪の長い人は結んでおくと髪の毛につかないので安心です。

事後のことを考えて利用する

ローションプレイを行った後は、なるべく早めにシャワーを浴びるようにしてください。プレイ後、足の裏にローションが付いたままの状態で歩くと転んでケガをしてしまう恐れがあります。

シャワーに向かう前は足の裏のローションをしっかり拭き取る、または部屋で使えるビーチサンダルをベッドの横に置いておき、終わったら履いてシャワーに向かうといいでしょう。

自宅よりラブホなどがおすすめ

洗濯やベッドが汚れる手間を考えると、ローションプレイは自宅でやるよりもラブホテルで行うのがおすすめです。ラブホなら、ローションをお湯に溶かしたローション風呂も楽しめます。

また、ホテルによってはローションプレイ専用のマットが置いてある部屋も。あらかじめ、ラブホテルに問い合わせをしてローションプレイができるかどうか聞いておくのも
いいかもしれません。

女性が使いやすいものを探しておくのもおすすめ

ローションプレイをするときに女性が1番気になってしまうのは、お肌への影響ですよね。なるべくお肌に優しいものを使いたい……という女性におすすめなのが保湿成分やコラーゲン配合のローションです。

また、化粧品などで肌荒れを起こしたことがある人はローションに含まれている防腐剤にも注意が必要です。肌がデリケートな人は、刺激の少ない植物性のものや防腐剤無添加タイプのものを選ぶといいでしょう。

防腐剤が一切入っていないローションは劣化が早いので、使い切りタイプのものを選ぶか保管に注意してなるべく早く使い切るようにしてください。
いざ、ローションプレイ!……を始める前に、まだまだ注意点はたくさん! スムーズ&安全にローションプレイを行うためのポイントをご紹介します。

布団やシーツが汚れると後片付けが大変

ローションが布団やシーツについてしまうと、とにかく後片付けが大変です。自宅でローションプレイを行う場合は、掛け布団は外してシーツの上に大判のバスタオルやレジャーシートを敷くようにしましょう。

また、布団を一切汚したくない! という人はシーツなどをすべて外し、マットレスの上にビニール製のものやバスタオルを何枚も敷き詰めるのがおすすめです。また、枕は使わずお風呂で使えるビニール製の枕などを使うようにしましょう。

思っているより滑りやすい

ローションを床にこぼしてしまったり、足の裏についてしまうと想像以上に滑ります! プレイ中はなるべくベッドから動かず、必要なものはすべて近くに置いてからプレイするようにしましょう。

また、挿入中に彼にしがみついていたはずが手が滑ってしまい抜けてしまうというトラブルも多いです。挿入前に手を拭く、バスタオルを彼の肩にかけて掴むなど、なるべく手にローションがついた状態では挿入しないようにしましょう。

あまりにも汚すとホテルから請求されることも?

ローションプレイをOKにしてあるラブホテルがほとんどですが、あまりにも汚してしまうとホテルから弁償代を請求されてしまうことがあります。

シーツはOKだけれどマットレスを汚す、お風呂にローションを入れて排水溝を詰まらせてしまうのも請求の対象になります。お風呂にローションを入れるときはバス専用のローションを使う、または少量のみを入れましょう。

コンドームと相性の悪いローションもある

男性のペニスにローションがついたままコンドームを装着すると、滑ってコンドームが外れてしまう恐れがあります。また、女性の膣内にローションを塗っていても質感が柔らかなローションでは同じく抜けてしまうことも。

とくに、滑りやすいオイル成分のローションには注意が必要です。コンドームを装着してローションをつけるときは、男性のペニスに一切ローションを塗らないようにすると外れにくくなります。
準備をしっかりしたら、あとはローションプレを楽しむだけ! 男性はどんなローションプレイに興奮するの? おすすめローションプレイをまとめてみました。

マッサージで利用する

「いきなりローションプレイをするのはハードルが高い……」というカップルは、まずはマッサージを用いたプレイから入るのがおすすめです。

マッサージにはオイルタイプのローションを使用し、好みによってアロマオイルを一滴混ぜてみるといい香りがします。

まずはローションをパール一粒分を手にとって、うつ伏せになっている彼の背中に広げていきます。早い段階でローションを塗り広げてしまうと、ローションが冷たくなってきて身体が冷えてしまうことがあります。

最初は少量を部分的に塗って、乾いてきたら徐々に足していくのがいいでしょう。疲れた彼を癒す、簡単なマッサージ方法をご紹介します。

1.背中のマッサージ
手のひらと親指を使い、下から上へ肩甲骨に沿ってさすっていきます。手の平で圧を押し当てるようにゆっくりと体重をかけながら押していくのがポイントです。最後は手の平全体を使って優しく背骨に沿って筋肉をもみほぐしたら、再び首元まで流していきます。

2.首と肩のマッサージ
片方の肩に手の平全体を使って圧をかけるように押していきます。首は指先で掴むように揉んでもOKです。最後は手を首の付け根の方までさすり、凝りを流していきます。反対の肩も行って数回繰り返します。

3.股関節のマッサージ
勃起を促すための過関節のマッサージは、太ももの付け根にあるポコッと出た鼠径部を中心にマッサージしていきます。マッサージというよりも、股間に向けて血液を流すイメージでローションをつけながらさすっていきます。徐々に股間に血流が流れてきたのを感じたら股間をさすっていき、勃起したらフェラなど次のプレイに移りましょう♡

イチャイチャしながら使う

マッサージで彼を癒やしてあげたら、今度は自分の体にもローションを塗って体を密着させたりしながらヌルヌル感を楽しみましょう。

このとき、自分の胸やアソコを使って股間をしごくパイズリや素股をしてあげるとさらに興奮度アップ!

力加減や方法が分からない場合は彼に教えてもらうといいでしょう。女性が仰向けになって、彼に上に乗ってもらい胸の間で挟むパイズリができるのはローションプレイならでは♡ ヌルヌル感といつもと違うプレイに、きっとお互い盛り上がるはずですよ!

濡れてもいい服で着衣しながら使う

ローションプレイは基本全裸で行うのですが、着衣でローションプレイをするとまた違った興奮感を楽しめます。

とくにおすすめなのは白シャツなどの透ける素材の服。ノーブラでシャツを来てローションを垂らしていくとだんだん乳首が透けていく……なんていう非日常感がたまらないですよね♡ ローションがついてしまった洋服は洗濯しないと落ちないので、ローションプレイ用に持って来るか着替えを用意しておくといいでしょう。

挿入時に使用することでスムーズに

ローションを使うのはヌルヌルプレイのときだけではありません! もちろん、本来の目的である挿入の摩擦を軽減させるために使うのもOKです。

挿入するときに使うローションは膣内に入るものなので、身体につけるものよりもさらに注意して選びたいですよね。国産のものやゼリータイプ、安全なオーガニックタイプのものを選ぶといいでしょう。
ローションプレイをした後、気になるのは「身体についたローションをどう洗うか?」ですよね。ローションを身体につけたまま放置すると、お肌の乾燥の原因になります。乾燥肌を回避するためにも、ローションの成分によって洗い方を使い分けましょう。

シリコンベース

ハードタイプなものが多く、なかなか落ちないシリコンベースのローションは、シャワーで洗い流すと全体にヌルヌル感が広がってしまいます。

シャワーで落とすときは少し熱めの温度に設定し、肌を軽く叩くとうに洗うと落ちやすくなります。また、家でローションを洗い流すときは塩を使うのも効果的です。

シリコンベースのポリアクリル酸ナトリウムは塩分を含むとさらさらとして落ちやすくなります。ラブホで使うときは、塩が配合されたボディーソープやスクラブを持っていくのもいいでしょう。

もし時間があるのであれば、バスタブにお湯をためてしばらく浸かると落ちやすくなります。

湯船に使ってしばらくするとローションが徐々に浮いてくるので、あとはシャワーで流してたっぷりと泡立てたボディーソープをつけて擦らずに洗いましょう。また、ラブホによく置いてある泡風呂の入浴剤を入れたお風呂にも落としやすくなる効果があります。

ウォーターベース

ウォーターベースのローションはボディーソープを使うと乾燥の原因になるのでお湯のみで落とすようにしましょう。

また、膣内に残っているローションは自浄作用で排出されるのでそこまでゴシゴシ洗わなくても問題ありません。ベタつきが気になる人は泡立てたボディーソープで包み込むように洗うようにしましょう。

オイルベース

植物オイルなど肌に優しい成分が配合されているオイルの場合、多少肌に残っていても問題ありません。しかし、ローションを使った後は肌がとくに乾燥しやすくなるので保湿を忘れないようにしましょう。

また、「ウォーターレスローション」という水で洗い流す必要のないローションも販売されています。プレイ後はティッシュで拭きとるだけなので、とっても手軽ですよね。肌に優しいローションを使って彼との関係はもちろん、自分のお肌にもうるおいをプラスしてみてはいかがでしょうか。
性交痛を和らげたり、フェラの不快感をなくしたり、マットプレイでぬるぬるの感触をふたりで感じ合ったり…。ローションを使うだけでセックスの質は上がり、楽しみの幅も一気に広がります。

いつもと違う密着感やヌルヌル感が楽しめるローションプレイは、男性にとって憧れのプレイでもあります。しかし、ローションは扱いづらくもあるのでくれぐれも使うときはケガや汚れに注意が必要です。

でも、それらを気を付けて彼とローションプレイに挑戦してみたら、きっといつもと違う興奮が待っているはず。普通にローションプレイを行うのもよいのですが、マットプレイやソープものAVでローションプレイのテクニックを研究したら彼はもっとメロメロになるはず♡

これまで味わったことのない興奮を知って、2人の関係をさらによりよいものにしてみてくださいね!

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事