アイコン 膣トレは色んな効果やメリットがある! 感度アップやダイエットにも◎

2019.08.21

膣トレは色んな効果やメリットがある! 感度アップやダイエットにも◎

どんなに好きな相手とのセックスでも、いずれはマンネリが訪れてしまうもの。たとえば「最近、彼とのセックスで感じられなくなった」「彼のペニスが小さくて満足しきれていない」など……。

その原因、実は膣トレで解決するんです。

今回は、セックスが劇的に良くなるだけでなく、さまざまなメリットを持つ膣トレの方法を紹介します。

膣トレのメリット

1.セックスの感度が上がる

膣トレで膣の筋肉を鍛えると締まりが良くなります。締まりが良くなると感度が上がり、膣トレを続けたことで中イキができるようになったという女性もいるといいます。セックスでオーガズムを感じられないという女性でも、膣トレを行うことで解消できるようになります。

2.彼がもっと気持ちよくなる

膣の締まりが良くなると、男性は挿入中の気持ちよさが倍増します。膣トレを行うことで、自在に膣を締めることができるようになるので、男性からすると「そんなに締め付けないで……」と思うようです。膣圧をコントロールして彼を虜にしちゃいましょう!

3.姿勢がよくなる

膣トレを行うことで体幹が鍛えられると、姿勢改善にもつながります。膣トレをしていると膣内の筋肉がピクッと動くのが分かります。この動きはインナーマッスルを鍛えるために行う、ドローインと呼ばれるスクワットにも似ています。膣トレを正しく行うことによって体幹トレーニングの効果もアップするので、ダイエットにも効果的なのです。

4.便秘解消&尿漏れ防止に

出産を経験した女性は、骨盤底筋の損傷が原因で尿漏れを起こしやすくなります。骨盤底とは膀胱や子宮、直腸などが下がらないように骨盤を支えている筋肉のことです。

多くの頻尿や尿漏れでは骨盤底筋の弱まりから起きているので、膣トレで骨盤底筋鍛えることで解消されるのです。また、生理中の経血がドバッと出てしまって悩んでいる人もコントロールができるようになります。(参照:骨盤底筋運動 | ハルンケア | 大鵬薬品工業株式会社

膣トレのやり方

では、実際に膣トレのやり方を紹介します。膣トレには様々な方法がありますが、まずはセルフで行う方法を紹介します。

1.お尻をキュッと引き締める

もっとも簡単にできる膣トレはお尻をキュッと引き締める方法です。背筋を伸ばし、息をゆっくり吸いながら肛門を締めましょう。このとき、膣を意識しながら吸い上げるようなイメージで行ってください。

膣が締まったことを確認したら、息を吐きながら引き上げた膣と肛門をゆっくりとゆるめていきましょう。この動きを繰り返しで5分間行います。電車の中や家でテレビを見ながらもできるので、気付いたときにやってみてくださいね。

2.インナーボール等の膣トレグッズを使う

効果的に膣筋の動きを実感したいのであれば、インナーボール等の膣トレグッズもおすすめです。LCインナーボールは、産後の膣のゆるみにも使える膣トレグッズです。ボールが2つ付いているインナーボールですが、初めは1つだけ入れてみて慣れてきたら2つ入れてみましょう。

インナーボールを膣内に入れたら肛門の入口に力を入れる、弱めるを繰り返しましょう。これを5分~10分、繰り返すだけです。家で行うときは寝そべって足をまっすぐに床から15㎝上げて、そのまま15~30秒間止めるのを5回繰り返してください。

▼彼が夢中になるラブタイムへ「膣トレはじめてセット」

公式通販サイトでみる

【膣トレ体験談】インナーボールの効果やいかに!?

膣トレグッズで締まりは良くなるのか?!


実は筆者も膣トレを行っている1人です。膣トレを始めたきっかけは、ひとりエッチのしすぎでアソコがゆるくなってしまったことでした。彼の「ゆるくない?」という一言がショックで、膣トレを始めることに。

LCインナーボール』を使い、初めは1つだけ膣内に入れて行ったのですが、膣圧が締まるのがハッキリ分かって驚きました! 姿勢はそれぞれ好みだと思いますが、私は座ってあぐらをかいた状態がやりやすかったです。

ヨガの基本の座り方のポーズなので、そのまま軽いストレッチなども挟みながら行いました。インナーボールの中にさらに小さいボールが内蔵されていて、それがコロコロと動く度に膣筋がビクッと動くのがクセになる感覚でした。

膣トレを初めて1カ月になりますが、エッチのとき、彼に「なんかキツクなった気がする」「前より濡れやすくなった」と言われるように! 彼は早漏になってしまいましたが(笑)、私もすぐにオーガズムを味わうことができるようになり、さらに以前より多く彼に求められるようになったので満足しています!

しかし、さらに驚いたのは膣トレを初めてから下腹部が引き締められるようになったのか、くびれが出てきたことです。実際に膣トレ中、鏡でお腹を見てみると特に意識しなくても腹斜筋が動いているのが分かります。膣トレを行うことにより、日常生活にも自然と腹筋に力が入るようになったからかもしれません。

オナニーのついでに膣トレを行えば一石二鳥!

セックスがよくなるだけでなくダイエットなど様々なメリットのある膣トレ。自分に合った方法で行うのが1番ですが、初めての方や効率的に行いたいという人はグッズがおすすめです。「リモコンローター」としても使える膣トレグッズも発売しているので、オナニーのついでに膣トレを行えば一石二鳥ですね!

▼膣トレも感度磨きもできるローター、さくらの恋猫 NUKUNUKU

公式通販サイトでみる


膣トレに慣れてくると、通勤時間や外出時など時間の空いたときでも自然とアソコに力が入るようになります。『ながら膣トレ』をマスターして、気持ち良いセックスと健康的な美ボディを手に入れましょう!(結城/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

【関連記事】

関連記事