アイコン キスだけで頭がクラクラに… セックスが何倍も気持ちよくなる、エロいキスの秘訣

2019.07.08

キスだけで頭がクラクラに… セックスが何倍も気持ちよくなる、エロいキスの秘訣

セックスをする時にあなたはどれくらいキスに力を入れていますか? キスはセックスの興奮を高めるための起爆剤でもあり、口の中にある性感帯を使った愛撫でもあります。

キスのやり方を少し変えるだけで、いつもと同じセックスをしていても何倍も興奮するセックスに変化させることができるんです。

キスにあまり興味がない男性も、情熱的で気持ちいいキスを知ればあなたのキスの虜になってしまうかもしれません。今回はセックスを盛り上げるキスの方法を紹介します。

キスで感情を表す

キスは感情を伝えるのに最適です。キスをすると相手の呼吸や声の変化、体の密着度合や体への触れ方から興奮や愛情の度合いを敏感に感じとることができます。

相手が興奮していることを感じると、それに対してこちらも興奮してくるし、愛情のこもったキスをされるとこちらもまた愛情をこめたキスをしたくなるというように、お互いの感情を伝染し合う行為なんです。

でも感情を上手に伝えるキスができなければ、それはただ相手のキスを口で受け止めているだけ。

「感情が伝わるようなキス」がどういうものかイメージがつかない人もいるかもしれませんが、例えばテレビドラマや映画のワンシーンで、急速に盛り上がった2人が玄関のドアを締めた瞬間に激しくキス! という時には、お互いの体を絡ませながら顔を強く押し付け合い、唇や舌の動きも大きく激しくなっています。

一方で、ソファでお酒を飲みながらのイチャイチャからセックスへと移行するシーンでは、唇にそっと触れるようなキスを何度か繰り返しては互いの顔を見てほほ笑み、徐々に盛り上がってディープキスになっていくという感じですよね。

ポイントは、吐息や思わず漏れてしまう声を堪えずに出してしまうこと、盛り上がってきたら体をより密着させたりしがみついた手に力を加えて強弱をつけることです。

その時のムードと自分の感情にキスを合わせることを心がければ、いつの間にか頭がクラクラするような熱いキスになっているはずです。

自分からキスを求める

男性はフェラや挿入が好きでキスをあまり求めていないように感じることもあると思いますが、意外とキスが好きな人も多いです。というよりも、女性からキスを求められることに喜びを感じたり、情熱的だと感じて興奮したりするようです。

愛撫を受けている時には「もっと快感が欲しい」というむさぼるようなキス、乳首を触ったり手コキをしながらその動きに合わせた強弱のあるキス、コンドームを着けている間にも待ちきれないと期待を表すキス、挿入している間にはお互いの快感を共有するようなキス、というようにタイミングに合わせて変化をつけることができれば上級者です。

男性からのキスを待つのではなく、自分からどんどんキスを求めてより情熱的なセックスにしましょう。

キスをリードする

男性がキスをリードして女性はキスを受け入れて合わせるということが多いと思いますが、思い切ってこちらがリードすることで男性は予想を裏切られるため、ドキッとさせることができます。

首に手を回して軽く引き寄せキスするように促したり、相手の顔を両手で包むように固定してこちらからキスを始めるだけでもキスをリードできます。

舌の動きや吸引が強引すぎて気持ち良くないキスをする人には一度思い切って体を離し、太ももの上に乗るなどして顔の位置が相手よりも高くなるようにしてからキスをリードするといいですね。

ドキドキさせつつも自分好みのキスを教えることができるので、時々はキスをリードしてみるのもいいものですよ。

舌や唇を使った難しい技を持っていなくても、この3つのことを意識すれば、キスの熱量やセックス全体の興奮度は急激に増すはずです。技術よりも気持ちの問題でセックスは大きく変わるので是非試してみてください。(Betsy/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

【関連記事】

関連記事