アイコン 【ひとりエッチ初心者必見】みんなはどうしてるの? 女性のオナニーのやり方いろいろ

2019.03.06

【ひとりエッチ初心者必見】みんなはどうしてるの? 女性のオナニーのやり方いろいろ


いまどき「女はオナニーをしないものだ」なんて考えている人はほとんどいないと思いますが、実際のところ、「でも私はしたことがない……」という女性は少なくないようです。

「みんなが"当たり前"というから今更言い出せない雰囲気だけど、実はしたことがない」
「やり方はなんとなくは分かるし、やってはみたけど、どうしたらイケるのかイマイチよく分からない」
「ローターとか試してみたいけど、どこで買うの?」
などなど。

「オナニーなんかしなくても別にいい」というご意見もあるかと思いますが、日本人女性はセックスでイケない、イクという感覚がそもそも分からない、という人が多いことでも有名。

そこでオナニーです。

オナニーで絶頂の感覚を覚えるとカレとのセックスでもイキやすくなるのです!

というわけで、今回はオーソドックスなものから少し特殊な手段まで、女性のオナニーの仕方を、寄せられた体験談とも合わせていろいろとご紹介してみたいと思います。

まずは興奮を高めるところから

そもそも、オナニーをしたことがない人の中には性的興奮を上手く起こすことができない人が多いようです。エッチなモノってどこで見れるのかよくわからない、何かを見て一瞬興奮してもそれを絶頂まで持続することができない、という具合です。

もちろん、今はインターネットがありますから、少し探してみればエッチな写真やビデオなどに辿り着くことはできる。でも、わざわざそれを自分で探すなんて! と罪悪感を持ってしまっていたり、エッチなサイトって不正請求がきたりするのでは!? という心配もあるのではないでしょうか。

確かに違法に画像などをアップロードしている怪しげなサイトはたくさんありますが、きちんとした信用できる企業の運営している公式サイトもありますので、まずはそちらを覗いてみて、自分の嗜好に合った「オカズ」を探してみてください。

また、AmazonのKindleを始めとした電子書店でも、大人の官能コミックや官能小説が買えますので、そちらを利用するのも安全です。

ちなみにKindleは専用機を買わなくても、Kindleアプリを入れるとスマホやipadでも読めます! 私の官能小説も買えますのでよかったらお試しください。

▼【一部上場企業運営】安心・安全なアダルト動画を見るなら・・・
女性向けアダルト動画も初月無料で見放題!
U-NEXTの31日間無料トライアルはこちら

クリトリスを刺激する

おそらく、一番多くの女性が実際に試しているのがこの「クリオナニー」ではないでしょうか? そのやり方は、指でカリカリと引っ掻く、指先を押し付けるようにして刺激する、親指と人差し指で抓んで擦るなどさまざま、十人十色。

また、人によってはローターや電マなどのセルフプレジャーグッズを使うことも。

もしオナニーをしたことがない人がいたら、最初に試して欲しいのはこちらです。

クリトリスは敏感な器官。直接触れると痛い、という人も多いので、その場合は「下着の上から、優しく擦る」という方法で試してみましょう。上記の「オカズ」を見たり、または想像の世界に浸って十分に興奮を高めてからクリトリスに触れると、少しの角度の変化や力の加減で気持ちよくなれるポイントがあることに気付くと思います。そこを見付けたらあとは集中して刺激!

どうしてもイケない、という人は、足を伸ばしてふくらはぎに力を入れるとイキやすいという説もあります。

もっとも身近で親しみのあるクリトリスでのオナニーですが、「そこにクリトリスがある」という自覚すらない子供の頃に「クッションを足の間に挟んで、太ももに力を入れるとイケる」ということに気付き、大人になってもその方法を実行している、という方もいました。

▼ぷにぷにの感触が心地よい「スカイワラビー」
突起がクリに絶秒にフィットするバイブ


■バスタイムにできるシャワーオナニー

自分の手や、ましてグッズを使うのは少し抵抗がある……という場合にオススメなのはシャワーオナニー。膣口やクリトリスにシャワーを当ててオナニーをする、というものです。実際、オナニー経験者なら誰しも一度は試したことがあるのでは!?

湯加減を調整し、勢いに注意して性器に当ててみると、まるでマッサージ器を当てたかのような刺激がクセになります。そしてシャワーオナニーのいいところは水から熱めのお湯まで、温度や強さが調整できるところ!

しかしながら頻繁にやりすぎると水道代が恐ろしいことになってしまうので注意が必要です……。それから、冬場は風邪を引かないようにご注意くださいね。

膣を刺激する

指やモノを使って膣を刺激する、という手段で、恐らく男性を始め多くの人が想像する「女性のオナニー」というとコレなのではないかと思いますが、意外と実践している女性は少ないようです。

指を入れることには抵抗があり、化粧水のビンなど手頃なモノを入れてみた……という人も。私も中に指を入れるというのは怖くて、20代半ばになるまでしてみたことがありませんでした。

Gスポットやポルチオを上手く見つけて膣だけでイケるという人も中にはいるようですが、多くの場合、膣だけ、というよりは「膣とクリトリスを同時に刺激する」というやり方が一般的なようです。

指を使う場合にはよく手を洗って、バイブや他のモノを挿入する時には必ずコンドームを使うようにしましょう。

膣内は大変デリケート。雑菌が入ると膣炎やカンジダのもとになってしまいますので十分に注意してください。

■意外なものを膣内に入れる人も!?

ちなみに私が最近聞いたもので一番びっくりしたのはホイッパー、小さめの泡だて器を挿入するという方法です。

幾重ものワイヤーが丁度良く刺激になり、気持ちのいい場所にも当てやすいのだとか……。ちょっと怖いような気もしますが、グッズとしては部屋に置いておいてもバレないナンバーワンかもしれません!?

もちろん、コンドームを併用、使用前後に十分洗浄するのを忘れないでくださいね。

※膣内を傷つけてしまう可能性があるので、基本的には指や専用のセルフプレジャーグッズ以外は挿入しないようにしましょう。

▼中イキも外イキも自由自在な体に♪
感じる!ラブグッズデビューセット[収納ポーチ付]

公式通販サイトでみる

乳首を刺激する

性感帯としてはスタンダードな乳首ですが、やはり、クリトリスやGスポットと同時に刺激するという場合がほとんどで、乳首だけで絶頂までいくのは難しいといえるでしょう。

中にはそれだけでイケる女性もいるという噂を聞きますが、残念ながら私はまだお会いしたことがありません。我こそはという方はぜひご連絡ください。

乳首については、指で優しく擦る、引っ掻くという方から、洗濯ばさみや輪ゴムで痛いくらいに挟む……というMっ気のある方までこれも刺激方法はさまざま。

また、クリトリスも同様ですが、「オロナインや歯磨き粉、洗口液などを塗る」というちょっと強引な手段も!
こういった刺激物を塗るのは肌に付けても問題ないものに限り、終わった後はすぐに洗い流して保湿クリームなどでケアをしましょう。

膣トレをしながら!?

最後は少しイレギュラーな体験談です。

これは私の友人の話なのですが、彼女は普段から「膣トレ」、いわゆる膣トレーニングに励んでいるそうで、電車の中でも常にピシッと背筋よく立ち、骨盤底筋に力を込めていたそうです。

するとあるとき、車内でそのトレーニングをしている最中にイケるようになってしまったのだとか……!

確かに、先ほども言いましたが足を伸ばして「第二の心臓」と呼ばれるふくらはぎに力を入れるとイキやすいという説もあり、爪先立ちをしつつ膣内底筋に働きかけるというのは慣れるとそれだけでも絶頂に達する可能性があるのかもしれません。

ちなみに彼女、そのおかげでセックスでもとても中イキしやすくなったのだとか。ぜひ極めてみたいワザですね。

【関連記事】

▼深イキできるカラダへ「膣トレはじめてセット」

公式通販サイトでみる

オナニーグッズはどこで買う?

最後に「オナニーグッズはどこで買うのか?」という疑問にお答えします。

ローターや電マなどが今は簡単にAmazonなどの通販サイトで買えるのですが、保管場所に困る、それとはわからないモノで代用したい! という方もいると思います(いや、電マはそもそもマッサージに使うものなので、もちろんそのまま置いておいても問題はないはずなのですが……)。

TENGAの「iroha(いろは)シリーズ」のようにぱっと見オナニーグッズとは分からないモノも最近は多いですが、意外と使えるのが100円ショップ。

小型でブルブルと震えるマッサージ器なども売っていますし、思わぬところで使えるのが電動歯ブラシの柄です。ブラシを外して先端にゴムなどを巻いてしまえばローターとして使えるのでお得!

私は官能作家になるまでオトナのオモチャを家に置くことはできなかったので、100円ショップには随分とお世話になりました……。

とはいえ、水洗いができないので、直接粘膜に触れさせたり、膣内に挿入するなどの使い方はNGです。使用後はアルコール消毒などで清潔に保ってくださいね。本来の使い方ではないので、こちらは自己責任でお願いします!

オナニーをすると女性ホルモンが出てお肌がキレイになったり、セックスでもイキやすくなるなどお得なことがたくさん。今までは抵抗があったという方にも、ぜひお試しいただけると嬉しいです。

皆さんにステキなオナニーライフをお過ごしいただけますように!(深志美由紀/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

【関連記事】

MARY(メアリー)
関連キーワード

関連記事