アイコン 男性が「この子、体の相性良いな!」と感じたセックスエピソード

2019.02.18

男性が「この子、体の相性良いな!」と感じたセックスエピソード

体の相性という言葉があります。何をもって相性が良いと判断できるのかは、人それぞれ解釈が異なり、はっきりとした基準もありません。

そんな「体の相性」という言葉を理解すべく、今回、セックス経験豊富な男性6名に「セックスをして、体の相性が良いと感じた瞬間」を聞いてみました! その調査結果をご紹介します!

1:前戯にかけたい時間が同じだった

「前戯にどのくらい時間をかけるか。これってけっこう、相性を判断する基準になると思いますよ。少なすぎてもいけませんし、反対に、多すぎてもかえって萎える。

こっちは入れたい気持ちでいっぱいなのに、『もっとクンニして!』なんて言われたり、もっと舐めて欲しいのに、『早く入れて!』とか言われると、けっこう嫌(笑)。前戯にかける時間がお互い丁度いいっていうのは、本当に大事」(Tさん/30歳)

2:挿入中に女性がイッた

「男が気持ち良くなったときよりも、女性が感じているときに、『体の相性が良いんだな』って思いますね。
正直、男って、穴さえあれば何でもいいと思うんですよ(笑)。僕は経験人数30人くらいですが、今まで相性悪いなって感じたことはない。わりと、みんな気持ち良かったです。

だから男に関してはよくわかりませんが、女性が感じているときとか、挿入中に女性がイッてくれたときには、『あ、俺たち体の相性がすごくいいんだろうな』って感じます」(Iさん/23歳)

3:呼吸がバッチリ合う

「相性良いなって感じたのは、阿吽の呼吸でセックスができたときです。たとえば体位を変えるとき、お互い何も言わなくても、自然に次の体位に移行しようと動いている。しかも、何度も体位を変えたのに、入れたまま、一回も抜けずにフィニッシュまでいけた。

あとは、腰を振るリズムや速さが同じだったりすると、『こいつとのセックスたまらんわ~!』ってなります(笑)」(Mさん/28歳)

4:お互いに好きな匂いがする

「感覚的なものですが、匂いってすごく大切だと思う。心地良く感じる体臭、心地が悪いと感じる体臭って、たしかにありますよね。

気になったので、匂いに関して調べてみたところ、HLA遺伝子っていうのが関係しているらしいです。不快な体臭の相手って、もはや遺伝子レベルで相性が悪いみたいですよ。」(Tさん/29歳)

5:スイッチが入ったときの変貌っぷり

「僕は普段、声が小さいんですけど、セックスになるとなぜかいつもより声が大きくなって、ちょっと恥ずかしいんですが、叫び声に近いくらい大声を出すこともあります(笑)。

そんな僕が相性の良さを感じたのは、僕みたいな人とセックスしたとき。わりとおっとり系の、声が小さい女の子だったんですが、セックスが始まったら、びっくりするくらい大きな声を出してて。『ん~!その気持ち、めっちゃわかる!』って嬉しくなりました(笑)。

エロのスイッチが入ったときに、性格や言動が変わる人って意外と多いと思うんです。その変貌っぷりが似ているのも、相性って言えるんじゃないかな」(Yさん/25歳)

6:賢者タイム知らずで、すぐにまたやりたくなる

「男性は1回イッてしまうと、性欲が消えて、眠気がドッと押し寄せる。俗にこれを賢者タイムなんて言い方をします。実際に、『今日はめっちゃムラムラするな~! 何回戦でもできそうだ!』って最初は意気込んでいたものの、1回イッたら『休憩しようよ』って言って、気がついたらそのまま寝ちゃった、なんてこともいっぱいあります。

でも、昔付き合ってい彼女は、まったくそんなことがありませんでした。1回イッても、またすぐに『早くあの体を味わいたい……!』っていう気持ちになるんですよ。身体がうずうずする。その子も、もっといっぱいセックスしたいって言ってて。

単純に見た目が好みだったのか、締まりが良かったのか……。何が原因で賢者タイム知らずになれたのか、明確な理由は突き止められていないのですが、ケモノのように何度もセックスをしたあの人は、きっと体の相性が良かったんだと思います」(Mさん/27歳)

体の相性はいろいろな判断基準がある

体の相性といっても、人によっていろいろな基準があるようです。セックスは本当に奥が深いものですね。(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事