アイコン イキそうでイケない! そんな時に試したい、心とカラダの対処法

2018.08.28

イキそうでイケない! そんな時に試したい、心とカラダの対処法

セックス中、彼の愛撫が悪いわけじゃないけれど、イケそうでイケないとき、ありませんか?

女性の絶頂には、カラダの問題と心の問題の2つが絡まっており、イケない原因は複雑です。そもそも気持ちよくないなら、根本的な前戯の改善が必要ですが、気持ち良いんだけどイケないのなら、ちょっと自分のことを変えるだけで、イキやすくなりことがあります。

カラダが原因でイカない場合の対処法

イケない女性の嘆きとしてよく聞く話が「オナニーではイケるのに、セックスではイケない」という叫びです。やっぱり自分のカラダを自分で触るのか、他人が触るのかで違いは出てきますよね。でもそんな場合は、ちょっとだけ工夫をしてみて欲しいんです。

・足を伸ばしてみるor曲げてみる
オナニーでイケるのにセックスではイケない原因の一番は、触る人も体制も異なるからといわれています。ちなみに人間の構造上、もっともイキやすいのは内ももや下腹部にチカラが入るよう、足を閉じた状態なのだとか。

そう考えると正常時の挿入って、足をおもいっきり開いていることも多いですから、いかにイキにくい状態であるかはわかると思います。

もし彼の愛撫の最中イケないという場合は、足を普段のオナニー時と近い感じに、曲げたり伸ばしたり、閉じたり開いたりしてみましょう。それだけで刺激の種類が変化し、イキやすくなります。

・腹筋(できるだけ下腹部)に力を入れてみる
人間の構造上、下腹部と内ももが力んだ状態の方がイキやすい。つまり彼の愛撫で気持ちよさが高まったら、意識的に腹筋にチカラを入れてみるのはオススメです。

ちなみに手マンなどの最中、お腹を押さえる男性もいますが、あれはポルチオ(子宮口付近の性感帯)に刺激を与えるためです。

とはいえ、深い快感がGスポットで得られていないと、お腹を押さえてもさほど感じないのは普通のことなので、イクために必要ないようであれば、その手はどけてもらいましょう。

心の原因でイカない場合の対処法

意外と本人も気づいていないのが、イカない原因は心の問題である場合です。相手に対して緊張していたり疲れが溜まっていると、カラダは思っているよりずっと思い通りに反応してくれないものです。

疲れが溜まっているなど、今すぐ対処ができない問題は仕方ないのですが、ここではとりあえず今すぐ緊張やこわばりを取るための対処法をご紹介します。

・肩のチカラを意識的に抜く
先ほどイクためには下腹部(腹筋)にチカラを入れること、とご説明しましたが、腹筋にチカラを入れ慣れていないと、カラダ全体にチカラが入ってしまうことが多々あります。

イク際には下半身のチカラは入れた方がよいものの、肩のチカラが入っていると、逆にイキにくくなるという悪循環が発生します。そのため気持ちいいんだけどイケないなーと思ったら、肩にチカラが入っていないか、一度見直してみましょう。

・行為中あえて深呼吸する
肩にチカラが入っている、チカラが入っているかわからないけど、なんだかイケない。そんなときは、愛撫の際にあえて深呼吸をすることもオススメです。

当然ですが、愛撫で興奮すると呼吸は荒くなります。ハッハッハと浅い呼吸を繰り返すと、カラダにどんどんチカラが入ってしまうので、場合によってはイクことに逆の効果を発揮してしまうのです。

そこでチカラを抜こうと思ったら、まずは愛撫中でも深呼吸。それだけでカラダがリセットされ、より気持ちいいセックスができるかもしれません。

・お酒を飲んでみる
最後は今すぐできないかもしれませんが、お酒を飲むことで緊張を解きほぐす、というのも1つの対処法です。お酒を飲むと男性の場合感度が鈍くなりますが、女性の場合は羞恥心がほぐれ、よりセックスを楽しめる人も多いんです。

とはいえ、泥酔するとセックスどころではありませんので、ご自身の許容量を踏まえた上で、ほろ酔いくらいにとどめてください。

今回5つの対処法をご紹介しましたが、実際この中の「深呼吸」を試した女性は、愛撫の最中初めて潮を吹けたそうです。知らないところでカラダって緊張して快感を抑えてしまっているんですね。

みなさんもぜひ、あと一歩でイケそうというときには、試してみてください。(しま子/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

【関連記事】

▼もっと気持ちよくなりたい人には「ラブコスメ リュイール ホット
じんじんじわじわ…と潤いと感度が増すラブコスメ

公式通販サイトでみる

関連記事