アイコン “性に奔放”な女子が発見!クンニしてくれる男性の特徴

2018.08.26

“性に奔放”な女子が発見!クンニしてくれる男性の特徴

ひそかに「クンニされるの、恥ずかしいけど大好き…///」と思っている女性は多いでしょう。ちなみに、筆者もそうです。
でも、男性の中には、積極的にクンニをしてくれる男性と、クンニをしてくれない男性がいますよね。
クンニをされない場合、自分にも原因があるのかと不安な気持ちにもなるものですが、クンニしてくれる男性に「ある特徴」があることを発見しました!
今回は、その特徴とクンニしてほしいときの上手な誘導の仕方などについて見ていきましょう。

「こんな男」はクンニしてくれる!?

せっかくなら、ちゃんとクンニをしてくれる男性を見定めたいもの。そこで、クンニをしてくれる男性の特徴について見ていきましょう。これを知っておけば、いつか役に立つ日がくるかも?

(1)サイズの小ささを自覚している男性
男性にとっては深刻な、自分のモノの大きさ問題。サイズの小ささを自覚している男性は、テクニックで勝負する傾向があり、クンニもしっかりしてくれる人が多いです。アソコのサイズはどうしようもありませんし、「他の部分でカバーするしかない」と自覚しているのですね。
アソコで女性を満足させてあげられない可能性を考慮し、「愛撫で気持ちよくさせてやろう!」という気持ちが強いのです。しかし、アソコのサイズは洋服を着た状態では判断しにくいですよね。一般的には、鼻が大きければ大きいほどアソコも大きい、鼻が小さければ小さいほどあそこも小さい、とされているので、参考にしてみてくださいね。

(2)経験の少ない男性
経験の少ない男性もクンニをしてくれる傾向があります。経験の少ない男性は、お手本となるのがAVなので、よくあるAV通りにセックスを進めようとするのです。「手マン→クンニ→フェラ→挿入」という無難な流れで進める可能性が高いでしょう。経験の少ない分、一生懸命ご奉仕しようとする傾向もあるので、要望があれば伝えてみてくださいね。男性としても、言ってもらったほうが分かりやすくてスムーズなのです。「舐めて欲しいな///」と言ったら、一生懸命舐めてくれるでしょう。

(3)自信がない男性
ジコチューな男性は、相手の女性が気持ち良くなることよりも、自分の快感を優先してしまうので「クンニとかしなくてもいいや」と傲慢な態度を取りがちです。
しかし、自信がない男性はそんな傲慢な態度を見せません。セックスに関しても、相手の女性が気持ち良くなることを優先してくれるように思えます。女性に嫌われたくない、ということがきっかけとなって次につなげようと一生懸命になったり、「気持ちい?」と聞いてくれたり、優しさや愛を感じることもできるでしょう。

(4)食に興味がある
食とセックスは似ているともいわれるように、食に興味がある男性はセックスにも探究心があります。外食の時にいつも同じものをオーダーするような男性は、セックスに対して探求心に欠ける傾向があり、クンニをしてくれないことが多かったですね。
一方、食通で丁寧に食事をする男性は、クンニも丁寧に行ってくれる可能性が高いでしょう。セックスに対して探求心もあるので、リクエストをすると喜ばれたりもします。

(5)計算高い男性
計算高い男性も、クンニをすすんで行う傾向があります。クンニをすれば、フェラをしてもらえるだろうし、次のエッチにつながる可能性も出てきます。「女性はクンニをされると喜ぶ」ということをわかっているため、丁寧に舐めてくれるのです。
いくら流れでセックスすることになったとしても、相性がぴったりだったり、もの凄く気持ち良かったりすれば、お代わりがあるはずですよね。計算高い男性はクンニなども欠かさず、相手の女性をたくさん気持ちよくさせ、お代わりを狙っていたりします。

どんな気持ちでクンニしてるの?

女性のアソコを舐めることに関して、20代の男性50人にアンケートを取ったろころ、クンニに対する肯定的な意見が多くありました。「匂いが強い人もいる…愛する彼女なら仕方ない…」という意見もありますが、なんだかんだクンニを楽しんでいるようです。

(1)「感じている顔が見たいし、気持ちよくて乱れてる感じがたまらない」(23歳/大学院生)

クリトリスは、比較的女性が快感を得やすいポイントです。舌でやさしく舐められるだけでイっちゃう女性も多いはず。セックスの中で1、2位を争うくらい女性が感じて乱れるクンニは、反応を楽しんでいる男性が多いようです。気持ちよくて喘ぎ声が激しくなったり、何度もイッてしまったり。男性としては、気持ちよくさせることができて嬉しい気持ちもあるのです。「女性が感じてる姿を見るのが好き!」という男性は多く、大好きな彼女ほど、たくさんクンニしてあげたくなるそう。

(2)「女性は気持ちいらしいし、こっちも興奮するからすき」(26歳/公務員)

ほとんどの男性は、「女性はクンニをされると喜ぶ」ということを知っています。愛情表現の一環としてクンニをする人もいれば、「手っ取り早く濡らすことができるから」という理由でクンニする男性もいます。また、男性からすれば、「女性のアソコを間近で見られる」というメリットもあり、貴重な瞬間に興奮するのです。中から溢れてくる愛液や、収縮する膣を見ては喜んでいるはず。「とにかくエロい」の一言に尽きるのですね。舐める度に反応する声も楽しんでいますよ。女性の反応もわかりやすいクンニは、女性だけでなく男性にとってもツボでしょう。


(4)「恥ずかしがってる姿に燃える」(25歳/会社員)

クンニを恥ずかしがる女性を見ては、興奮している男性。口では「イヤ…イヤ…」と言いながらも、止まらない喘ぎ声、どんどん濡れてくるアソコ、ビクピク動く体…。体は正直なもので、このギャップがたまらないのですね。クンニで女性のアソコはほぼあらわになりますが、その眺めもたまらないのだそう。女性からすれば、「グロくない?大丈夫…?」と思ってしまうものですが、男性は貴重な瞬間に興奮しているのです。


(5)「ニオイフェチで…。美人がけっこう匂ってたら、それはそれでいい。稀に無味無臭な女性もいるけど、無臭な人ほど、経験が豊富なんだろうな〜と思ってしまう。」(27歳/フリーランス)

女性のアソコはどうしても蒸れてしまいます。匂いは人それぞれですし、同じ人でも体調などによって日によって変わってきますよね。その違いをチェックしては楽しんでいる男性もいますよ。エロいような、クセになるような、女性特有の匂いが、男性の「見たい…舐めたい…」という気持ちを掻き立てるのです。

稀に無味無臭の女性もいるそうですが、その女性は匂いに対して敏感で、いろいろと対策をしているようです。おすすめは、持ち歩きもできるデリケートゾーン用の濡れティッシュ。予想外の展開ても、いつでも舐められていいように万全の準備がでますね。



サマーズイブ フェミニンクレンジングワイプ ノーマルスキン (16枚入) ¥ 430




ソフィ デリケートウェット 6枚×2P ¥ 368

クンニしてほしい時の上手な誘導の仕方

クンニしてくれそうにないな…という場合、どのように伝えればいいのでしょうか。クンニしてほしい時の上手な誘導の仕方についても知っておきましょう。

(1)フェラの後におねだり
簡単なのは、「ギブアンドテイク」を利用することです。彼にフェラしてあげたときは、「私も舐めて…」と言いやすいですよね。「69(シックスナイン)」に持ち込んでもいいでしょう。
「舐めて」と言うのが恥ずかしい場合は、「わたしのも…///」と言ってみましょう。フェラのお返しと聞いて、クンニを想像しない男性はまずいないはずですが、それでもとぼけてクンニしないような男性は、本当にクンニができない男性なのでしょう。

(2)「もっとヌルヌルにして…///」
これは、ストレートにお願いするのが恥ずかしいという人におすすめなセリフです。女性のアソコが濡れていないと挿入しにくいので、「もっとヌルヌルにして…///」とお願いしてみましょう。挿入しやすくするためにお願いしている、というふうを装うのです。


(3)「アソコにちゅーして」
言い回しはたくさんありますが、「アソコにちゅーして」というのも可愛いですよ。恥ずかしそうに言えば、大抵の男性はクンニしてくれるでしょう。「もっと///」とおねだりすれば、彼もどんどんその気になってくるはずです。

(4)素直に言う
結局は、素直に伝えるのが一番です。「舐めて欲しいな///」だったり、「クンニされるのが好きなの///」だったり、思っていることを伝えてみましょう。ストレートな言葉ほど、エロかったりしますよね。遠回しにお願いしてるのがバレるよりも、素直に伝えた方が相手も嬉しいでしょう。前戯が始まり、お互いに気分が高まってきたら、大胆になって伝えてみてくださいね。

(ハナ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事