アイコン 彼との初セックスが不安・・・ 女性がしておくべき準備と必要な心構え

2018.08.13

彼との初セックスが不安・・・ 女性がしておくべき準備と必要な心構え

彼との初めてのセックス。今までに経験があるとはいえ、今回の彼がどのようなプレイを望み、またどんな癖があるのかは実際に始まってみないと分かりません。

緊張もするし、正直不安な気持ちもあるでしょう。今、不安だからこそ心の状態を安定に。今回は、彼との初めてのセックスに備えて必要な心構えをご紹介します。

不安な気持ちは事前に伝えておく

セックスに対する不安な気持ちがあると、いざ始まっても思うように振る舞えず、彼がというよりも自分が落ち込む可能性もあります。具体的に何が不安か分からなくても、とにかく不安になっていることを事前に彼に伝えておきましょう。

友人のAさんは、今まで恋愛経験はしてきたけれどセックスの経験がありませんでした。そのことを彼には伝えていなかったので当然、彼は経験者として彼女を見ていました。ところが何度もセックスへ持ち込もうとしてもAさんは拒んでしまいます。

Aさんは彼に嫌われる前に伝えなければいけないと思い「初めて」であることを伝えます。彼に伝えてからはセックスに対するメンタルのブロックも解除できて、セックス初心者から卒業できたそうです。

セックスに対する恐怖は、たとえ経験者であってもあります。相手とのセックスが初めての場合はなおさらです。不安な気持ちを1人で抱え込まず、彼とのシェアを。

基本的な流れをイメージする(イメトレ!)

過去にすでに何度か経験していれば、大体の流れは掴んでいるでしょう。しかし相手が変われば、どんなハプニングが起きるか分かりません。どうしても不安な場合は事前にイメージトレーニングを。

イチャイチャタイムが始まり本番までの流れをイメトレしておくのです。いきなりその場で対応するよりもイメージトレーニングをしておくことで本番も盛り上がります。あとは実際に彼と交わる中で、彼のご要望に合わせて動いていくだけで基本的にOK。

友人のOさんは、いつも歴代の彼氏とセックスをする前にイメトレをします。それは相手に対しても失礼のないように、頭の中で練習しておくのです。いやらしいと思われても、頭の中でイメージしたまま挑むのとそうではないのとでは本番の質が変わることを彼女は知っているため、想像の範囲で練習をします。

とくに久しぶりのセックスの場合、記憶の中のセックスが薄れていて、そのままセックスライフを再開させるのは危険。基本的な流れをおさらいしておくのは大事なのです。

初回でうまくいかなくても気にしない

セックスは、初回で大成功というわけにもいきません。必ずしも「幸せだね」と言いながら眠りにつけるとは限らないのです。とくにお互いにあまり経験を積んでいない場合、どうしても気を遣いすぎて「今日はこのへんまでにしておこうか」と遠慮しがちに。

たとえ初回で成功しなくても気にしないこと。また次回に向けて準備を進めればいいのです。もちろん、彼を責める必要もなく、彼に技術がないわけでもありません。あくまでも今回は、お互いのタイミングが合わなかっただけ。

友人のEさんは3人目の彼氏が初めての相手。初回はお互いに緊張していて、思うようにできずそのまま裸のままハグをしながら眠りについたそうです。夜が明けカーテンからほのかに光が差し、朝が来たとき彼から再びお誘いが。

すでに裸のまま寝ていたせいか、今度は緊張せず、そのままフィニッシュまで辿り着けたそう。彼も彼女を愛おしく思い、最終的に2人は夫婦となりました。

たとえ初回がうまくいかなくても、まだまだチャンスはあります。あまりお互いを責めずベストなタイミングを待つのみ。

必ず避妊をする

相手のタイプによっては避妊対策をせず、そのまま挿入する人もいます。しかしこれは女性の身体を考えていない証拠。自分さえよければ女性がどうなろうと関係ないと思っています。どんなに普段の彼が優しくてもセックスのリスクを考えないまま、身勝手な行為に及ぶ人は基本的にNG。

たとえ避妊しにくい期間にセックスをしたとしても、いつ何が起きるか分かりません。何も対策をしないまま「絶対に妊娠はしない」とは思えないのです。ひとりよがりのセックスを強要されているなら、そもそも付き合う相手は彼ではないのかも。

真剣な交際を求めている場合、彼は女性の身体を傷つけないよう細心の注意を払います。セックス中も痛くないかを常に気にします。また、コンドームが外れていないかをさりげなくチェックしてくれます。思いやりのあるセックスだからこそ、ある程度安心して彼と深く繋がれるのです。

彼とのセックスが不安なら必ずその気持ちを彼に伝えること。きっと優しい彼のことですから、温かく包んでくれます。

彼とのセックスが初めてだからこそ不安がつきまとうのは仕方のないこと。心も身体もその日に備えて準備をし、あとは彼にすべてお任せしましょう♡(山口恵理香/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事