アイコン 関係をマンネリ化させない適度なセックス頻度とは?

2017.12.22

関係をマンネリ化させない適度なセックス頻度とは?

付き合い始めたばかりのころは、大好きな相手と毎日でも、何回でもセックスを楽しみたくなりますよね。

しかし、時間がたつにつれて回数も減ってきて、そのままセックスレスになってしまう可能性も・・。そこで、ふたりの関係をマンネリ化させない適度なセックス頻度をいくつかご紹介します。

1週間に1回くらい

本当はもっとセックスを楽しみたいけど、仕事をしていたり、朝が早かったりすると毎日は大変かも・・・と考えているカップルも多いかもしれません。

その場合は、週に1回程度でセックスを楽しむのがオススメです。セックスは、回数をたくさん重ねるよりも、ふたりで楽しくスキンシップをとることが重要。

そのためには、ふたりが疲れすぎない適度な回数で、継続的に楽しめることがマンネリ化させないポイントでしょう。

1週間に4回くらい

大好きな相手とは、セックスの回数を多く重ねたほうが、愛が深まると考えているカップルもいます。そういうカップルは、1日に何度もセックスを楽しみたい場合もあるでしょう。しかし、回数を重ねすぎてもマンネリ化してきて飽きてしまう可能性もあります。

そこで、男女ともにセックス大好きなカップルなら、1日おきくらいに楽しめる、1週間に4回くらいの頻度がオススメです。毎日セックスするより、1日おきに相手のからだに触れ合うほうが新しい発見があるかもしれません。

1ヶ月に1回くらい

お互いが忙しいと、どうしてもすれ違いの毎日になりがちです。そうすると、セックスどころではなくなってしまいますよね。

しかし、セックスをしない関係も寂しいものです。ふたりの関係をマンネリ化させないためにも、1ヶ月に1回くらいはセックスを楽しむといいでしょう。

毎日セックスするより、月に1回しか見ることのない相手のからだにドキドキしてしまうかもしれません。下着などにもこだわって、相手を楽しませてあげるとさらに盛り上がるでしょう。

2~3ヶ月に1回くらい

男女ともに性欲があまり強くないというカップルには、2~3ヶ月に1回ほどのペースがオススメです。いくらセックスがあまり好きでないといっても、半年や1年しない期間が続くと、セックスレスどころか、ふたりの関係まであやしくなるかもしれません。

お互いの肌を触れ合わせれば、愛を再確認できて、マンネリ化もふせげるでしょう。久しぶりすぎて恥ずかしくならないよう、旅行やイベントなど、特別感があるときにするのが自然でオススメです。

ふたりのタイミングで

セックスは、自分だけの思いだけでは成立しません。自分と相手が求めるタイミングを、ふたりでじっくり話してみることが、マンネリ化をふせぐポイントかもしれませんね。(haryo/ライター)

(ハウコレ編集部)

■イマドキの恋愛、してみない?


オトナのハウコレ編集部がオススメする恋活アプリ「ハッピーメール(18禁)」。日本最大の累計登録数のなかから、あなた好みの異性をじ~っくり探せちゃう♡
老舗マッチングサービスだから安心安全、イマドキ女子のやり方で“新しい恋”、してみない?

関連記事