アイコン 貧乳女子に知ってほしい「貧乳好き男子」の気持ち

2018.07.20

貧乳女子に知ってほしい「貧乳好き男子」の気持ち

大好きな彼とセックスをするシチュエーションになったとき、自分の胸の大きさに自信がないことで彼に嫌われてしまったらどうしよう」と不安に思う人も多いのではないでしょうか。
特に彼の前付き合っていた恋人がグラマラスな女性だったり、まわりに巨乳の人が多かったり、好きな芸能人が巨乳だったりすると、さらに自分と比べてしまって「私なんて」と卑下してしまうことも。

女性の多くは「男性は巨乳でナイスバディの女性が好きだ」と思っているようですが、それは間違いだとここで宣言します。

本当に?と疑心暗鬼のあなたのために、貧乳好き男性の「貧乳が好きな理由」を紹介します。

貧乳が好きな男性の気持ちって?!

(1)大きさじゃない!「好きな人の胸である」ということが大事だから
「貧乳を恥ずかしがっている姿とか、本当にかわいくて愛おしい…。確かに巨乳は好きだけど、見れたら『ラッキー』くらいかな。」(26歳/広告代理店)

女性が男性と付き合うときに「ペニスが大きいからこの人と付き合う」ということがほぼ皆無なように、男性も女性と付き合うとき「この子は巨乳だから付き合う」なんて思考回路の人はいないものです。
多くの男性は「大きさがどうのこうのではなく、自分の好きな人の胸が好き」という人がほとんど。全然なんとも思っていない女性の巨乳の胸よりも、自分が好きで好きでたまらない女性の貧乳の胸の方が何万倍も愛おしいようです。

(2)大きさよりも、全身のスタイルを重要視しているから
「僕の好みは、背が高くてシュッとしてる人。別に胸があるかはそれに関係ないから、貧乳でも全然オッケー。」(24歳/商社)

モデルさんや女優さんのように、手足が長く、背が高くてスラっとしている女性が好みの男性は、貧乳どんとこい、な傾向があります。そのような男性は、自分もおしゃれなことが多いですよね。彼女と一緒にスタイリッシュにキメたい、という願望もありそうです。


(3)感度が抜群そうだから
「経験上、胸が小さい子の方が感度高い気がする(笑)」(飲食店/28歳)

男性の中には貧乳の女性はセックスの時に胸を愛撫すると、巨乳の人よりも数段敏感で、愛撫のしがいがあるという人もいます。こういった男性は女性が感じている姿を見て興奮するんでしょうね。

実際に胸の大きさと感度については科学的根拠はありません。しかし貧乳の人は、自分の胸の大きさを常に気にしているため、その「気にしている」ことがある意味快感に繋がっているのではないかという説もあります。

(4)将来垂れる心配がないから
「胸が大きい子って、結婚後におばちゃんになったとき大変そう。僕も、それを見て萎えてる彼女は見たくないし、結果的に貧乳の子の方が諸々楽そう。」(26歳/IT系)

女性ならば誰しも気にするであろう将来の乳。巨乳の人は若い頃からしっかり胸筋を鍛えておいたり、補正下着をつけないと、加齢や出産などによってどんどん重力に負けてしまいます。男性の中にはその垂れた胸も素敵だという人もいますが、多くは「おばさんっぽい」と思ってしまい、気持ちが萎えてしまう人もいるのだとか。

(5)自分の手に収まる大きさが安心するから
「巨乳をコントロールして感じさせてあげる技量が俺には備わっていない。。圧力に負けちゃうし、俺も慣れていないから貧乳のほうがいい。」(27歳/不動産)

巨乳すぎると「自分には手に負えないかも」と思ってしまう男性もいるようです。「自分もとても立派なモノを持っていなければいけないのではないか」「自分の経験値では彼女を満足させることができないのではないか」と思ってしまうみたいです。

あなたの貧乳が、彼を安心してセックスに臨ませている、ということですね。

(6)かわいいブラが似合いそうだから
「巨乳の子ってブラの選択肢少なそうじゃない?俺は彼女にかわいいブラつけてほしいからな~。」(24歳/公務員)

彼女を脱がした時に最初に見える興奮材料として、かわいらしい下着は必須です。実際はそんなこともないのですが、男性の中には「大きいサイズのブラ=かわいくない」と考えている方も多いよう。なかには買い物デートに行って、彼女に選んであげたい!という強者もいるようなので、そのときは付き合ってあげてくださいね(笑)。

(7)チャラチャラしてるように見えないから
「貧乳=純情っていうステレオタイプ…」(29歳/音楽関係)

これは完全に偏見ですが、巨乳の子はその魅力から「いろんな男にチヤホヤされているのだろう」という誤解を与えてしまうことがあるようです。科学的根拠も全くないし、実際はそんなことはないのですが、男性目線ではそう見えてしまうようです。

「貧乳」の自分を受け入れよう!

こんなにも貧乳が男性に受け入れられているとは、思いもよらなかったはず。
貧乳はウケが悪いという固定観念は、むしろ「貧乳を巨乳に盛ろうとしている魂胆」にがっかりされたことが原因かもしれませんよ。

貧乳を巨乳にすることは簡単なことではないですが、貧乳の自分を受け入れることはできるはず。自分の魅力を伸ばしてもっと美しい女性になりましょう。(斉藤潤/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事