アイコン 私は彼女になれる? セフレ止まり? 彼のセックスで判別する方法

2018.09.07

私は彼女になれる? セフレ止まり? 彼のセックスで判別する方法

まだ付き合っていない相手とセックスした。そしてセックスが終わった後にも「付き合って」と告白されず。「いったいこれってどういう関係なの?」って思いますよね。

この状況、男性は何を思っているのでしょうか。正解は2パターンあります。ひとつは「この子いいかも。好きかもしれない。でもまだ決定打にかけるな……体の相性も試しておきたいな」という人です。付き合うことに前向きだけど、あと一歩決めきれずに悩んでいます。

もうひとつはただの体目当てというパターンです。付き合う気は一切なく、とりあえずヤレたらOKという人です。「セックスしたけど告白しないってことは、言われなくても分かるよね? セフレになって欲しいってことだよ?」と思っているでしょう。

どちらのパターンに該当するのか。それはセックス中の言動で判別することができます。判断基準になるポイントをご紹介します。

幸せな前戯をしてくれるか

念入りに時間と愛情をたっぷりかけて行われる前戯の有無は、本命彼女かセフレ止まりかの判断基準になります。とくに男性の多くはクンニに苦手意識を持っていることが多いので、クンニをしてくれるかどうかは重要なポイントです。

もしあなたが彼にクンニをして欲しいとお願いしたにもかかわらずやってくれない、そんな彼は体目的かもしれません。お願いしたのにやってくれない=あなたが気持ちよくなることより自分の気持ち優先、ということに他なりません。付き合うことができてもあまり大切にしてもらえないかもしれませんよ。

十分に濡れたことを確認してから挿入しているか

ほんの一瞬の動作ですが、彼女として大切にしてもらえるのか、あるいはセフレ止まりかどうかの重要な判断基準です。膣が十分に濡れていないのに挿入すれば女性の負担はとても大きくなります。

その負担がかからないよう濡れ具合を確認する、これはまさに大切にしたい女性に向けた行動です。挿入の直前、パートナーが膣の入り口と中を少し触って確かめていれば合格です。あなたは大切にされています。

一方、性欲処理用のセフレに対して男性は「入れたいけどそんなに濡れてないかも……まぁでも、別にいいか!」と濡れ具合なんて気にしません。女性の負担よりも自分が気持ち良くなることを優先します。

あなたの弱点を攻めてくれる時間はどのくらいか

膣の中でどのあたりが気持ちいいのかは人それぞれです。そしてあなたが気持ちいいと感じる部分を、男性も同じように気持ちいいと感じるわけではありません。むしろあなたが「気持ちいい!」と感じて思わず喘いでしまうポイントは、男性には全然気持ち良くないなんてこともあり得ます。

自分は大して気持ち良くないけど、それでもあなたの弱点を念入りに攻めてくれるかどうか。あなたへ尽くしてくれる人なのかが分かります。

ふとした瞬間に頭を撫でる

セックスは始まりから終わりまで白熱し続けるわけではありませんよね。ゆっくり腰を振ったり、あるいは体位を変えるときには腰の動きが止めたり。白熱が一時停止したその間で頭を撫でるというのは、大切な人に対して行われるものです。男性は愛おしい気持ちがあふれるとつい相手の頭を撫でる傾向があります。

キツめの下ネタやアブノーマルな体位を求める

キツめの下ネタを言う、もしくはアブノーマルな体位を求める男性は黄色信号です。体目的かもしれません。

多くの男性は、本命の女性を前にすると紳士に振る舞う生き物です。意識せずとも「本命の前ではかっこつけたい!ディープな下ネタは封印せねば!」「アブノーマルな体位をやりたいって言って引かれたくない……」と考えるのが普通の男性です。

もちろん中にはそう思わない例外もいますが、基本的に本命女性には引かれないよう慎重になります。ガンガン下ネタを言う男性やいろんな体位を試したがる男性、これはあなたをセフレ扱いしている可能性濃厚です。

賢者タイムで愛のある行動

イク直前まで性欲が爆発していた男性でも、イッたあとには途端に冷静になります。それに加えて、激しいセックスの疲労感と射精の脱力感が一気に押し寄せて眠くなります。これを俗に賢者タイムなんて言い方をします。

ついさっきまで激しく腰を振っていたとしても、賢者タイムになると横になってゆっくり休みたいと思うのが男性の本音です。そんな眠たい状態でもあなたを心地よくさせようと腕枕や頭を撫でるなどの行動をするのは、あなたを大切にしたいという気持ちの表れです。

自分本位かあなた本位か

セフレ止まりか彼女になれるか。その判断基準は、“自分本位かあなた本位か”です。彼のセックスが「あぁ、気持ちよかった~!」と自分の快感だけで終わるのがセフレ候補、「気持ちよかった?」と、あなたがセックスを楽しめたかどうかを考えてくれるのが彼女候補です。次回セックスをするときにぜひじっくり観察してみてください。(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事