アイコン キスをしたくない相手とのエッチでおすすめの体位

2017.05.17

キスをしたくない相手とのエッチでおすすめの体位

セックスは快感を得るため、性欲処理としてワンナイトをする女性も多くいます。ですが、キスだけは心から好きでないとできない・・・という話もチラホラ。エッチはしたいけど、キスはできない相手とのエッチでおすすめの体位をご紹介します。

「騎乗位」

仰向けに寝転んだ男性の上にまたがり挿入する体位。騎乗位は、主に女性が主導権をもてる体位のひとつで、女性が体勢を前に倒さない限り、なかなかキスはできません。女性は自分の気持ちいいように動けますし、男性にとっては、自分は動かずとも乱れ動く女性の姿を見て、より興奮できる人気の高い体位です。
キスすることなく、お互いに満足できるエッチをすることができるでしょう。

「敷き小股」

敷き小股とは、女性がうつぶせに寝転んだ状態で、男性がピッタリ密着するように上に重なる体位のこと。男性は、女性の太ももを挟み、女性が脚を閉じた状態で後ろから挿入します。
女性は太ももを閉じた状態で男性に挟まれるため、男性にとっては膣の締まりがよく感じられる体位なのだとか。女性の顔は近いですが、ふたりとも下を向いているため、キスするには不便。キスをしなくても楽しめる体位です。

「後背位」

続いては、男性の征服欲が満たされる体位としても人気が高い後背位(バック)。女性は四つん這いで男性は女性のお尻側にいる体勢なので、キスをするには少し無理があります。
男性的には、女性の胸をつかんだりクリトリスを触ったりと、満喫できることがたくさんあるので、あまりキスに意識が向かないよう。M気質のある女性のなかには、正常位よりイキやすいという人もいるかもしれませんね。

「屈曲位」

女性が仰向けに寝転んだ状態の正常位の体勢で、男性が挿入します。そのままピストンして男性が前に体を倒すとキスする体勢になってしまいますが、屈曲位は女性の足を男性の肩にかける形。よほど女性の体が柔らかくない限り、男性が女性の顔に近づくことはできません。
キスをしにくい体勢ですが、通常の正常位より奥まで男性器を入れられるので、お互いにより快感を得ることができます。女性にとってイキやく、キスを回避できる体位です。

キスなしで気持ちよくなって

キスしたくない相手とのセックスのときは、顔と顔が近づかない体位を選ぶことが重要。お互いが同一方向を向く体位や、顔を近づけにくい体位を選んでみてくださいね。(odango/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事