アイコン 運命の恋だと思ったのに……!ワンナイトになりやすいシチュエーション

2017.04.17

運命の恋だと思ったのに……!ワンナイトになりやすいシチュエーション

「ワンナイトはもうしない!本気の恋愛をする!」と意気込んでいたのに、またやってしまった…。そう、後悔をすることもあるのではないでしょうか。決意が揺らいでしまうのは、シチュエーションが問題なのかも?そこで今回は、「ワンナイトになりやすいシチュエーション」をご紹介します。こんな展開になったら、気をつけて!

合コンでお酒を飲み過ぎてしまった

合コンで初めて会った男性と意気投合してしまったら危険信号点滅です。お酒も入っているので気分がよくなり、「運命の出会い」と思うこともあるでしょう。「このあとホテルに行かない?」なんて展開も多いですが、翌朝「あれっ?なんでこんな人とエッチしちゃったんだろう」と後悔する結果になってしまうかも。合コンでのお酒の飲み過ぎは、ワンナイトセックスにつながりやすいので、ほどほどにしておきましょう。

ひさびさに憧れの先輩と再会した

学生のとき憧れていた先輩と、ひさびさに再会しご飯を食べに行くのは要注意。昔の淡い恋心は、なかなか忘れることができないものです。思い出話に花を咲かせていたら、お互いにちょっとずつ心がゆるんでいくかもしれません。でも、もし先輩に彼女がいたらワンナイトセックスで終わってしまいます。ひさびさに会って「ご飯食べに行こう!」と誘われても、そこは大人の対応を心がけましょう。

落ち込んでいるときにナンパされた

仕事で失敗したり、友達とケンカしたり…。落ち込んでいるときに優しくされたら、やっぱり嬉しいですよね。そんなときにナンパされて「かわいいね。」や「一緒に遊ばない?」と誘われたら、ワンナイトセックスはもうすぐそこです。男性がナンパする目的のほとんどは、セックスでしょう。ふだんははっきり断っているようなナンパ男が相手でも、落ち込んでいるときはガードがゆるんでしまいがち。強引なお誘いにも、NOと言えない可能性が高いですよ。

男友達と自宅でお酒を飲んだ

どんなに仲のいい男友達でも、異性であることには変わりはありません。友情と愛情って、けっこう曖昧なものですよね。ふたりきりでお酒を飲んでいたら、いつの間にかセックスの雰囲気になってしまうこともあるでしょう。セックスして男女の仲になってしまった以上、今までの友人関係は崩れてしまいます。男友達と飲むときは、ふたりきりでの宅飲みは避けたほうがいいかもしれません。

ワンナイトはもう卒業!

ワンナイトセックスは恋愛ではありません。もちろん、お互いに納得した上での関係なら問題ないのですが、後悔したくないのなら、真剣な恋を探してみるのもいいのではないでしょうか。(sayacocco/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事