アイコン 彼ともっとくっつきたい!密着度が高い「側位」のやり方

2017.03.25

彼ともっとくっつきたい!密着度が高い「側位」のやり方

正常位やバックのセックスに飽きてきた、あるいはいつもとは違うセックスを味わいたいと思っている人へ。今回は、密着度が高く、体位の中でもコツがいる“側位”のやり方を紹介します。彼とくっついて、ラブラブなセックスを楽しんでくださいね。

正常位から体位を変えよう

いきなり側位をしようとしても、なかなか挿入が難しいもの・・・。側位自体がペニスの挿入が浅く抜けやすい体位のため、正常位からの流れで側位に変えるのが自然でスムーズでしょう。正常位の体勢から、男性に片脚を持ってもらい、交差させるようにして男性も横になると側位の完成。
特に初めての人は、「正常位→側位」を覚えておいてくださいね。

相手と脚をからませよう

相手と密着した側位をしたいなら、交差している状態のときに思いっきり脚をからませましょう。脚をからませることで距離が近づき、ペニスも奥深く挿入され安定します。その後ペニスが抜けないように、交差させた脚をお互い真っ直ぐに伸ばすか、あるいは軽く膝を曲げて抱き合いましょう。
脚をからめ合うと少々動きにくいですが、そこはご愛嬌。彼と「やばい、動けない!」なんて会話を楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

お互い両手を使おう

側位は男女が横に寝そべっている体位のため、男性・女性ともに両手が自由に使えることが大きなメリット。手をつなぐことや抱き合うことができ、かなり密着したセックスを楽しめます。
また、女性は彼の身体を攻めたり、逆に自分の性器をいじってもらったりと、いつもとは違う攻めたセックスができるでしょう。お互いピストン運動では感じることのない、興奮を味わえますよ。

〝ゆっくり〟がポイント

側位は男性にとっても女性にとっても疲れにくく、セックスの休憩にも使われる体位。激しく動くというよりも密着した体勢を楽しみながら、お互いの性器をこすり合わせ快感を得るといいでしょう。
体力の消耗が少ない分、時間をかけて愛し合うことができますよ。激しくつかれるより、ゆっくりと攻められる側位は、女性にとっては感じやすく、その感じている表情やあえぎ声によって男性も興奮することでしょう。

違った快感を体験しよう!

激しく膣をつくセックスではなく、抱き合うことで感じられる幸福感や普段のセックスでは刺激されない部分を刺激し合うことが、側位の楽しさのひとつ。ぜひチャレンジしてくださいね。(yuka/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事